人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

あの頃。

この作品は「アイドルオタク」の物語ではなくて、
何かに熱中していた皆んなの「あの頃。」を描いた作品です。

私にとっての「あの頃。」は、フランスの調理師学校での日々。
ほんの短い期間だったっけど、楽しさも苦しさも濃い思い出。
同じ目標を持った仲間がいた日々。

もう何年も(何十年も)会ってないけど、フェイスブックやインスタグラムでチェックしている。昔の仲間達。

「あの頃は良かったな」ではなくて「あの頃は一生懸命だったな」
あの頃があるから、今が楽しいと思える。
そんな映画です。

主演は松坂桃李だけど、主役は仲野太賀でした。
「推し」の俳優がたっぷり観られて満足でした。

# by espana-miro | 2021-02-26 00:38 | 映画 | Comments(4)

3月の休業日のお知らせです

3月の休業日のお知らせです_d0177560_14584705.jpg
不定休での営業です。
ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。


# by espana-miro | 2021-02-19 15:03 | お知らせ | Comments(2)

すばらしき世界


オリンピックよりも待ち遠しかった、西川美和監督の最新作。
先日、テーマが似てる作品「ヤクザと家族」を観て、
ますます期待が高まっていました。さあ、どう出る?

172.png 完璧な出来栄えの傑作映画です!
時間をかけて練り上げたであろう、細部までのこだわりも見事です。

「ヤクザと家族」で、組員を演じた俳優さんが、今作では福祉課の職員。
役者さんって凄いですね。
まるで二つの作品がタッグを組んで、日本映画界を牽引してるような印象です。

若手の時から注目し続けてる俳優「太賀」さん。
やっと代表作が出来ました。彼の個性・魅力を最大限に活かした作品です。
これも嬉しかったです。

今までの作品以上に、映像・音楽へのこだわりも感じました。
映画的緊張感が漂う中に、とろんとした美しさを与えます。

観終わって、温かな気分になる。そういう作品はよくありますが、
この奥行き深み。苦くてほんのり甘く、そしてピリッと辛い、そんな優しさに満ちています。

松山のシネマサンシャイン・新居浜TOHOシネマズで上映中です。
新居浜からの帰り道の景色が、いつになく輝いて見える。そんな映画です。
皆さんに是非に観ていただきたいです。



# by espana-miro | 2021-02-17 12:59 | 映画 | Comments(2)

2月の料理「鴨・豚ヒレ・チョコレート」

2月の料理「鴨・豚ヒレ・チョコレート」_d0177560_21260409.jpeg
バレンタインデイ!狙いました。110.png
鴨と豚の組み合わせは、あまり目撃した事が無いけど、
やってみて違和感を感じなかったので、okにしました。

チョコレートを使ったソースは、フランスやスペインにもありますが、イメージしたのは、メキシコです。
複雑な唐辛子の組み合わせのソースを簡素に?

ああどうしよう。レシピ書いて良いですか?
最初に謝っておきます。すんまへん。
大昔に、フランスの調理師学校で鴨の骨や香味野菜をオーブンで焼いて作るソースも教わっているのに。

赤ワイン・味醂を煮詰めます。そこにチョコレートを溶かし込みます。塩を加えます。少し酢も入れて。完成。

チョコレートって言っても甘くないのでしょう?
いいえ。甘い普通のチョコレートです。
ヨーロッパのジビエ料理に使われるテイストではありません。
日本的な肉と甘味の関係でしょうか?すき焼きとか?

メキシコの唐辛子の代わりに、京都産の七味を振ってます。
七つの風味を持ってるので、メキシコの複雑な辛味・風味に負けてないです。
スペイン産のスモークパプリカも振ってます。

牛蒡のソテーに胡麻の付け合わせ。
牛蒡って、ココアっぽい香りがありますよね。
私だけが感じるのでしょうか?まあええわい。
白胡麻も加えています。
メキシコのチョコレートソースに、胡麻が使われるからです。

フランス料理の皆様、日本料理の皆様、メキシコ料理の皆様。
アイデアを頂きました。こんな私で、すんまへん。123.png


# by espana-miro | 2021-02-15 21:24 | 料理 | Comments(0)

2月の料理「冬野菜と春野菜と瀬戸内の魚介」

2月の料理「冬野菜と春野菜と瀬戸内の魚介」_d0177560_21331755.jpg
「冷製の野菜」
春菊・蕪・赤キャベツ・人参・赤玉ねぎ・わさび菜・トレビスなど、、

「温製の野菜」
白菜・春キャベツ・ほうれん草・原木椎茸・蕪のソテー・ブロッコリーのフライ・
冬キャベツの春巻き

「ドレッシング・ソース」
穀物酢・塩・砂糖・オリーブオイルのドレッシング。
今治産のレッドビーツをペーストにして、ヨーグルトと合わせたソース。
青ネギと醤油と水をミキサーにかけて、マヨネーズと合わせたソース。

冬野菜に春野菜、「さいさいきて屋」さんで、今、いっぱい売ってますね。
地物のレッドビーツまで手に入って、嬉しくなって考えた料理です。

試作の写真の段階では、ここまでだったのですが、
香里(家内)が、「お客さん、魚や肉も食べたいんじゃない?」と一言。
そういえば、ここまでのオードブル二皿とも、ほぼ野菜です。

地物の小海老「より海老」「いか」「地魚のフライ」も乗っけることにしました。

ここ数年は、ベジタリアンのお客様に対応できるように、
季節の野菜料理を、まず考えて、それに魚介や肉を合わせるようにしています。



# by espana-miro | 2021-02-11 22:06 | 料理 | Comments(0)