人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

ペイン・アンド・グローリー


そもそも年取るのは嫌な気分です。しかも体の調子が悪いと、なおさらです。

アルモドバル監督!もう、兄貴と呼ばせて下さい。
ペネロペと、バンデラスが、スペイン映画だけに出演していた頃から大好きです。
室内の壁の色、その手前のソファーの色、座る男のシャツの色、
隣の女のジャケットの色。。。。

でも、今回は、ずいぶん、おとなしい印象です。
若い頃は、ぐいぐい自己アピールでした。
スペイン映画界に俺が居るよ!的な。

「枯れてきた」は誉め言葉。

歳とって体力が落ちると、気力も萎える。
もう若い頃のように、アイデアがどんどん湧いて「俺って凄いかも!」は無いですね。

歳を取ると幸いな事に過去の記憶が沢山たまる。
昔は良かったなあ。そんな事ばっか言ってると、後ろ向きって。
後ろを向いても、そこから新しいものが生み出せる。

ああ。私も頑張ります。兄貴!



# by espana-miro | 2021-03-12 21:19 | 映画 | Comments(0)

3月の料理「あさり・豚肉・ポテトスープ」

3月の料理「あさり・豚肉・ポテトスープ」_d0177560_17590518.jpg
高校生の頃。母が定期購読してた、婦人画報で、
「豚肉とアサリのポルトガル風煮込み」という記事を見て、
世界には、こんな珍しい料理があるんやなあ、と。
そのページを切り取っていた記憶があります。
東京の、管工事業の専門学校に進学が決まっていたので、
将来自分が料理人になるなんて、全く想像もしていなかった頃です。

店を開店する前に、3週間ほど、ぐるっとスペインを旅しました。
あ!あの料理を食べたい!と、
スペインから、ポルトガルまで足を伸ばしました。

リスボンで頂いた名物料理を思い出しながら、
今月の料理ではスープ仕立てにしました。

新玉ねぎ・セロリを炒めて、昆布出汁・じゃがいもを煮ます。
ミキサーにかけます。これ置いときます。

アサリを日本酒と水で煮て、口を開かせて、煮汁を
「これ置いときます」に加えます。
低温調理した、豚肉を温めてトッピング、オリーブオイルをタラり。
白胡椒をガリガり。パセリをぱらり。

若い頃は、スペインの方が、活気があって好きでしたね。
私=外国人にも、ぐいぐい、突っ込んでくる。
カタコトで、話してても、とても楽しかった。

ポルトガル人は、大人しい。そんな印象を持っています。
あ!今、漢字変換して思った。
「おとなしい」って、大人らしいってこと?
そうか、大人の国がポルトガル。か。

ぐいぐい、自己主張は素晴らしい。楽しいです。
スペイン大好き!

ところで、感染率ですけど。
隣の国でも、ずいぶん違う。。。


# by espana-miro | 2021-03-10 18:57 | 料理 | Comments(0)

あのこは貴族

ユナイテッド・シネマ今治で上映中です。

水原希子が、田舎出身で苦労する役?
あれだけ、綺麗な女の子なら何の苦労も無いんじゃないの?
ところが、そんな違和感は最初の15秒だけ、ピッタリ役にハマってるのです。
凄い!

帰ってから、香里(家内)に話したら、
水原希子が貴族じゃないの?門脇麦の方が貴族?そうなん。
「ところで、どっちが勝ったの?」
そういう、物語ではありません。

どうやら、私たち夫婦は、骨の髄まで既成概念が、刷り込まれているようです。
女の子は綺麗なら苦労しない。
同じ男と付き合う女同士は、争いあう。 ああ、昭和枯れすすき

婚期が迫る良家の子女の物語「細雪」とかあったなあ。
でも、全然違う作品です。
今まで観てきた日本の「女性映画」ってなんだったんだろう。
それらに刷り込まれてしまった、私の脳みそ。
まさに、ちゃぶ台返し的な破壊力を持った傑作映画です。
172.png満点!
田舎の裕福でない家庭の描写、タッパーに入れた漬物を直接箸でつまむ。
田舎のホテルの同級会の様子。結婚式披露宴で馬鹿騒ぎ。
あるある満載で、細かなエピソードがリアルで、丁寧です。

田舎の描写が的確ならば「貴族」側の描写も的確なのでは?
と思う、田舎在住男(60代)
着てる洋服の生地の高級感、アクセサリー、ホテルのアフタヌーンティーの様子。
そして、門脇麦も見事です。素晴らしいです。
昭和の映画で、高級フランス料理店のテーブルの上に、タバスコが置かれていたり、
良家の子女が、やたらと最新モード服だったり。
そう言う間違いはないように思います。

女性の問題=男性の問題
男側の問題を一人で背負う、高良健吾も見事です。
また「貴族」のもう一つ上の階級があるんですね。同じじゃないんですね。
その描き分けが、上手に出来ています。素晴らしいです。
「あの人たちが日本を動かしてる」と語られます。
単に、ジェンダー問題だけでなくて、
日本の病の源にまで迫ります。

皆さんにお勧めしたい、素晴らしい作品です。
今年は、172.pngの日本映画を早くも2本観ました。

「女性料理人らしい繊細な料理」と言う表現には疑問を持っています。
「男性料理人らしい粗雑な料理」が存在しないからです。
ですが、女性監督らしい視点というのは、あると思います。
今まで、世界中で作られてきた映画の100%近くは、男性監督らしい視点ですね。
女性が社会で活躍すると、文化は豊かになります。
今年、日本映画界がそれを証明しました。

頑張ろうと希望をもらえる映画です。
とりわけ、東京で一人頑張ってる同い年の私の娘に観てもらいたい。






大昔に渋谷の奥の方の(表か?)松濤にある一軒家のフランス料理店に行った時、
この辺りのお屋敷には、どんな人達が住んでるのだろう?と思ったものです。
今回、その人達の生活が垣間見れてとても興味深かったです。

東京では「貴族」と「田舎出身者」が棲み分けられているので、
お互いに、出会う機会が無い。
そうなんだ、確かに今治の高校を出て東京の水道屋の専門学校に行った時、
金持ちの子供はいたけど、貴族はいなかった。
同じく、東京での調理場生活に入ってからも、周りに貴族は一人も居なかった。

大阪弁での、スピード感のあるコミカルな名シーンがあるのですが、
大阪の飲食店でアルバイト生活をしてた時の事を思い出した。
牛乳屋さんの息子という、常連の大学生。
両親が、イタリア旅行のお土産に、グッチの皮コートを買ってきてくれた。
それ、なんぼするん?
50万。
50万!?
日本で買うたら、80万やで。
そうなんやー。。。。
漫才みたいに会話してたのに止まった。何も返せなかった。
想像上の牛乳屋さんは木造の引き戸をガラガラっと開ける建物だったけど、
一瞬で、鉄筋コンクリートのビルに建て替わった。
大阪は、ヤクザと大学教授が同じ場所で暮らしてると言うけど、
あの時、田舎の水道屋の息子と都会の牛乳屋の息子は、確かに同じ空間にいた。

この作品には、名台詞が満載されていますが、
とりわけ感じ入ったのは、
ずっと田舎から出ないで結婚する人たちと「貴族」たちはよく似ている。
「どちらも親の人生をトレースするだけ」

ああ、私、頑張ります!


# by espana-miro | 2021-03-08 17:04 | 映画 | Comments(2)

3月の料理「春トマト・新玉ねぎ・苺」

3月の料理「春トマト・新玉ねぎ・苺」_d0177560_14174686.jpg
高知県土佐市、池一采果園の春トマト。
昼間は暑くて、夜は冷え込む、ハウスの中の環境が、
トマトの原産地、アンデスの気候に似てるから、
トマトの旬は今なのだそうです。

牛乳を酢で分離させて作った、自家製カッテージチーズを添えました。
オリーブオイル・青ネギ・パセリを加え、
フランス・リヨン料理「セルヴェル・ド・カニュ」に雰囲気だけ寄せました。

宇和海産、鰤を昆布塩でマリネ。
苺・オリーブオイル・生姜・醤油・酢・砂糖・塩でソースに。
80年代の新フランス料理。
新劇が、古臭い演劇に経年変化。
料理はどうでしょうか?

新玉ねぎを牛乳で煮てミキサーにかけ、ミルクシャーベットに。
二つの料理、どちらにも合う友達です。

それでは、本職の、映画ブログに戻ります。


# by espana-miro | 2021-03-08 14:36 | 料理 | Comments(0)

2021年3月の料理です

2021年3月の料理です_d0177560_22262818.jpg
2021年3月の料理です_d0177560_22275360.jpg
2021年3月の料理です_d0177560_22281005.jpg



# by espana-miro | 2021-03-01 22:28 | 料理 | Comments(0)