人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

<   2018年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

5月の料理「ハマグリと豚肉」

d0177560_22484053.jpg
ポルトガル料理からの発想です。
あさりと豚肉を合わせた料理は、今の季節、
毎年作ってますが、
今年は、「ハマグリ」です。

先日「しの田」さんで頂いた料理からの発想でもあります。
「ハマグリは冷凍すると出汁がよく出るんです」
さすが⭐️!

「ホエイ」を使って、ハマグリと豚ヒレを煮ています。
「ホエイ」は、先月の料理で使ってた、自家製カッテージチーズの
残り物。

ミルクを沸かして、塩・酢を加え、分離させて凝固した部分が
「カッテージチーズ」
残った、半透明な汁が「ホエイ」です。

クラムチャウダー的な?英語圏料理の影響?かな。

煮詰めたトマトも加えました。

本来のポルトガル料理でも。ジャガイモが入るので、
ジャガイモと春キャベツのマッシュを添えました。
スペイン・カタルーニャ料理の
「トリンチャット」からです。

日本料理とスペイン料理から影響を受けたと、
ポルトガル人に言ったら、
(日本料理はともかく)絶対に嫌がると思う。

とりあえず、謝っておきます。124.pngスンマヘン。

by espana-miro | 2018-05-12 23:23 | 料理 | Trackback | Comments(0)

チリワイン

d0177560_22031677.jpg
スペイン料理店の看板は下ろしましたけれども、
ワインは今も、全てスペイン産。

他の国のワインにも、オススメがあります。
これから、少しづつレパートリーを広げようかな?と。
第一弾が、
「パロ・アルト・レゼルヴァ・シャルドネ2015」
南米・チリワインです。

シャルドネらしい、フルーティーでしっかりとした、
飲みごたえ感があり。
濃いのに軽い。。。。
(スンマヘン。この表現ではソムリエさんには成れませんね)

とてもバランスが良くて、
以前に飲んだフランスの高級ワインの風情も感じました。
(スンマヘン。あくまでも私の舌です)

ただ一つの欠点が、このワインが「スクリューキャップ」である事。

濃くて飲みごたえのある白を、お好きな方は是非にご注文ください。
おすすめです。
税込・3200円。

by espana-miro | 2018-05-10 22:32 | ワイン | Trackback | Comments(0)

笑う故郷

コメディーかな?と借りみた。
面白いけど、笑いは、ほんの少しくすぐる程度です。

ル・コルビジェの家」の監督の作品だったのですね。
次第に面白くなっていく物語の展開が流石に上手です。

苦味の利かせ方が、スペイン・ラテンアメリカ映画特有の
「ゆるい感じ」
辛口で渋くて苦くて、でもその後に爽やかさが残る、
奥深い味わいの作品です。







by espana-miro | 2018-05-10 14:33 | 映画 | Trackback | Comments(0)

5月の料理「新玉ねぎの冷製スープ」

d0177560_21320109.jpg
新玉ねぎが出ると、嬉しくなりますねー。春っ!
新玉・塩・水・ミルクで煮てミキサーに。

キャラメルのアイスクリームを添えました。
甘さは控えめ、半分ぐらい。
アイスクリームと言ってますが、当店のはすべて、
卵を使用しない「ミルク味のシャーベット」です。

揚げたシュー生地も添えてます。

先月の「あなごのフライ」で使った
パルメザンチーズ入りの生地が好評でしたので、
それを揚げてみました。

そして、黒胡椒をパラパラと。

124.pngみなさま、ありがとうございます。

by espana-miro | 2018-05-06 21:46 | 料理 | Trackback | Comments(0)

婚約者の友人

大好きな、フランソワ・オゾン監督ですが、
期待して観ると。。。あれ?って裏切られたりする事が、何度もありで。

今回は、傑作!です。素晴らしいです。

ストーリー的には、予想通りな展開ですが、
原作には無いであろう、解釈・演出に魅了されました。
戦争・ナショナリズムに対する批判以上に、
「愛」をググッと描いた作品です。

久々に、心の奥の裏側を、コリコリと、いじられたような、
濃密で美しい映画です。




by espana-miro | 2018-05-02 17:41 | 映画 | Trackback | Comments(0)