たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

<   2016年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

8月の料理「アーユーOK?」

d0177560_21215065.jpg

鮎の春巻きです。予告通りのパクリでございます。。。
生の胡瓜を一緒に巻いています。
春巻きの皮でなくて、パータブリックとかを使おうか?と画策しましたが、
ただの「パクリ疑惑逃れ」になりそうなので、潔く(?)そのまんまです。

キュウリと赤いソースが、せめてもの、オリジナル。
ポルトガル産マサ(赤ピーマン発酵調味料)
自家製の赤紫蘇酢(酢に赤紫蘇を漬け込んだだけですが)で作ってます。

鮎はコンフィーにしました。低温のオリーブオイルで長時間煮るのです。
これは、西条のイタリア料理店「アリエッタ」さんの料理からのパクリです。

パクリを重層的に巻いた春巻き(012.gif040.gif
サクサクと、お召し上がりください。
[PR]
by espana-miro | 2016-07-31 21:43 | 料理 | Trackback | Comments(4)

8月の料理出来ました「夏野菜」

d0177560_23221547.jpg

夏野菜が出揃うと、うれしくなりますねー
野菜料理に、地元産の魚介類を合わせました。
「メーゼ」風と名付けましたけど。そんなイメージです。

スッキー二のパイ
カラーピーマンのエスカリバダ(焼き野菜サラダ)
ナスのエスカリバダ
かぼちゃ・レーズン・ナッツ
人参・オレンジ・レンズ豆
胡瓜・赤タマネギ・トマト・ヨーグルト
クスクス・えのき・枝豆
とうもろこし・キヌア・マト・朝倉の青大豆
アボカド・ガスパチョソース・バジル
甘長唐辛子のフライ
ブロッコリーのフライ
エジプト豆のコロッケ

地魚のエスカベッチェ
ノークリ(サメ)のフライ
より海老蒸し
イカソテー
[PR]
by espana-miro | 2016-07-26 23:36 | 料理 | Trackback | Comments(2)

先読み映画情報「西川美和監督作」


「ゆれる」「ディアドクター」で監督にノックアウトされた私です。
いつまでも、あなたに付いていきます。048.gif

前作「夢売るふたり」よりも、いいんじゃないでしょうか?
予告編から、分厚く湿気を帯びた圧力を感じます。

元木雅弘の久々の主演作。
「おくりびと」が何故に?高く評価されてるのかは謎ですが、
「もっくん」の代表作になりそうな気配を感じます。

10月14日ですか。待ち遠しいです。今治の劇場で公開してくださいねー
[PR]
by espana-miro | 2016-07-21 22:06 | 映画 | Trackback | Comments(0)

先読み映画情報「イーストウッド監督作」


ブログで悪口を封印したら書く事がないんです。003.gif
なので、以前やってた
「先読み映画情報」を復活させてみますね。

大好きな監督の最新作。日本では9月24日公開だそうです。
私てっきり「アメリカン・スナイパー」が遺作になると思ってたので(すんまへん。クリントさん!)
映画史上に残る素晴らしい名作を残されたなー。と感激しておりました。

そして新作。どうよ?  ああ。オヤジは上手く表現できないです。
若い子に言わせたら「微妙」と答えるのでしょうか?

わたくし。はやくも、この作品の「次回作」に期待をしております。040.gif
まだまだ「遺作」には早すぎます。是非にもう一本!。
[PR]
by espana-miro | 2016-07-20 19:09 | 映画 | Trackback | Comments(0)

7月の料理 「キュウリのガスパチョ」

d0177560_21295571.jpg

毎日、スズキや鯛のアラが出るので、だし汁を摂ります。
そのだし汁に、エソのすり身・エルブドプロバンス(ドライハーブ)を加え
煮ます。
ミキサーにかけて漉して、冷やしたら固まります。
「地魚の煮こごり」です。

キュウリのガスパチョを添えました。
胡瓜・マヨネーズ・塩・レモン汁・ホエイ(カッテージチーズの残り汁)を
ミキサーにかけて漉します。
何年も前から作ってますが、発想の源は、冷蔵庫に残ったサラダの
「下に溜まった汁」です。

香里(家内)が朝食で作ってくれたサラダ。レタス・胡瓜・トマト等をマヨネーズで和えて、
タッパーに保存。
晩御飯で食べる時に、下に美味しい液体が溜まっている。。。。
これ美味しいんです!ずずっと飲みたいぐらい!

煮こごり・胡瓜のスライス・ボイルしたタコで、(スペイン?)レストランっぽい料理に
しました。
[PR]
by espana-miro | 2016-07-19 21:50 | 料理 | Trackback | Comments(0)

ジャニス・ウォンさんのデザートバー



シンガポールのパティシエールのデザートバーです。
味噌のアイスクリームを使ったお皿に、合わせたのがアルザスの白ワイン、ゲベルツトラミネール
d0177560_22440243.jpeg
味醂!と、コニャックのカクテル
香里(家内)が、生涯最高の味だと申しております。
ああ、ドルチェ・ビータ。贅沢な気分。
d0177560_22455412.jpeg
d0177560_22463200.jpeg
チョコレートの皿。凝ってます。しかも
美味しいんです!

もしも「✖︎」でも勉強になるからと行ってみましたが、とんでもない!予想以上にハイレベルで丁寧な仕事をされています。
大人の為に、甘い生活(人生)を。
そんなコンセプトも素晴らしいです。(私の勝手な想像ですけど。。)

競争が激しく、新陳代謝の早い東京の飲食業界。
今!行くべきだとも思います。。。。^_^



[PR]
by espana-miro | 2016-07-15 16:42 | 食べある紀 | Trackback | Comments(0)

喜臨軒さんでディナー

d0177560_07535295.jpeg
ピータン豆腐。もう (^O^) 最初っからきました❣️
d0177560_07543124.jpeg
鮎の燻製の春巻き
(来月の料理でパクりたい)(≧∇≦)
d0177560_07545426.jpeg
川蟹のカニ玉(旨味大島産⁉︎)
d0177560_07552900.jpeg
d0177560_07554411.jpeg
d0177560_07560385.jpeg
d0177560_07563729.jpeg
クリスピーチキン!(^O^)
d0177560_07570374.jpeg
柔かい部分は、こうなります。
d0177560_07572002.jpeg
d0177560_07574436.jpeg
殻付きの海老はナイフ&フォークでバリバリ頂きます。
d0177560_07581683.jpeg
d0177560_07583754.jpeg
ほんの少し甘味を感じる、安心感のある優しい味。
d0177560_07590536.jpeg
d0177560_07592012.jpeg
池尻大橋の香港系のお店です。
旬の食材が使われた活き活きとした料理。
餡かけ炒飯も頂きました。
お腹いっぱい!幸せです^ - ^
また行きたいです(^o^)

[PR]
by espana-miro | 2016-07-14 07:52 | 食べある紀 | Trackback | Comments(0)

7月の休業日のお知らせ

d0177560_1530432.jpg

今月も連休をさせて頂きます。ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。
[PR]
by espana-miro | 2016-07-12 16:51 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

7月の料理「イギス」

d0177560_1938376.jpg

今月の料理の3皿目。

d0177560_19383585.jpg

このうちの一品が、「イギス豆腐」
もう何年も作り続けてる今治の夏の味覚です。
実は子供の頃は、
「美味しいと思わなかった郷土料理」

乾燥させた海藻(イギス)を水で戻して、大豆粉と共に煮て冷やし固めた
「豆腐」
遠くからのお客様は『?』ですよね。
「イギリスの料理ですか?」って質問されました。
決してヨーロッパの料理ではないですよ「イギス」は。

大豆粉の代わりに豆乳を使います。
だし汁は使わずに、子供の頃に不味いと感じた「味気なさ」を目指して作ります。

アボカドと、「サルサ・チミチュリ」を乗せました。
東京・新橋のペルー料理店「荒井商店」さんの料理本で知ったサルサです。
タマネギ・パセリ・酢等で作る、アルゼンチンのサルサ。
イギリス人が、焼いた肉に添えるソースとして、アルゼンチンに伝えたのだそうです。

イギリスから、アルゼンチンまで。地球をグルッと廻り、
更に廻って、日本の今治へ。

「イギリス豆腐」が誕生しました。040.gif006.gif
[PR]
by espana-miro | 2016-07-05 16:29 | 料理 | Trackback | Comments(2)