たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

<   2015年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

3月の料理できました「トマトの季節?」

d0177560_2025536.jpg

九州の新門農園さんのトマトです。

左には、サヨリのセビーチェ(昆布塩マリネ)に、ケーパー・マスタードシード
セビーチェに、なくてはならない玉ねぎは、今!の新玉ねぎです。レモン汁で味付けしてます。

右は、マト(カタルーニャ風の凝固ミルク)独活(ウド)
クスクスは寿司味仕立てで、ゴマ風味です。

トマト・独活に、マルタ島のレモン塩・ローズマリー塩、ギリシャのオリーブオイルを
お好みで振りかけてください。

車で買い出しに行く。まだまだ寒いですよね。コートを着て乗り込みます。
ここんとこ、天気が良いので、すぐに暑なってしもて。

あつ〜とか言いもて、さいさい(来て屋)さんの駐車場。
ドアを開けたら、寒ぶ〜!春はまだかいな。。

九州の温室で育てられてるトマト。
昼間は太陽を燦々と浴びて。夜はぐっと冷え込む。
これが、トマトの故郷、アンデス山脈の気候に似てるのだとか。
これからの、春先。夏を迎える前のトマトが、日本では一番美味しい季節なのだそうです。
[PR]
by espana-miro | 2015-02-27 20:48 | 料理 | Trackback | Comments(0)

いただきました「開店記念日」

d0177560_11133093.jpg

お祝い。って?

あっ!そうです。昨日は開店記念日だったのです。
お客様から素敵な花束を頂きました。ありがとうございます。

開店25周年です。
お客様、皆様のおかげで、続けることが出来ています。
まだまだ頑張りますよ。今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by espana-miro | 2015-02-25 11:22 | 草花 | Trackback | Comments(0)

いただきました「アメリカ土産」

d0177560_19493318.jpg

アメリカに行かれてた、お客様からの頂き物です。
ハートの形のキャンディーチョコレート、美味しいです。
日本やヨーロッパの味とは、微妙にニュアンスが違いますね。
d0177560_10533253.jpg

スナック菓子?味付け海苔です。
テリヤキ&ワサビ風味。「山本山」監修なので、ちゃんとした味です。
うーん。クリスピー!
d0177560_1057174.jpg

そして、問題の?タイヌードル。
頂いた方からメールが来て、味見せずに買ったのだけど、実際に食べてみたら
「とんでもなく不味いので、食べないでください」!!!?

娘が帰ってきてるので、親子3名で実食です。

ずいぶん、パッケージの写真と違いますね。
麺が、ちぎれちぎれで、ショートパスタ?
ハーブは効いてます。塩味が弱いですね。酸味が微妙に控えめで。

「うーん。これは、味ポン入れたらええわい」と、言いだしたのは私の娘。
さすが!試作料理の味見役に育てただけあります。
的確なサポートでした。。。。。

日本の食べ物は何を食べても「それなりに美味しい」ですよね。
たまには、こういう不味い物を食べるのも刺激になりますね。
(ごめんなさい)

「いや最近、あんたのレストランで食べたよ」というコメントは受け付けませんので。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by espana-miro | 2015-02-25 11:13 | お土産 | Trackback | Comments(0)

いただきました「フランス土産」

d0177560_19412137.jpg

フランスに行かれるお客様に、
「料理雑誌を買ってきてください」とリクエスト。
(厚かましいお願いでした)
さらに、
「写真が多くて、フランス語が少ないもの」を指定。
(ますます厚かましいです)

来月の料理を考え中です。
知らなかった料理は、もちろん刺激になりますし、
知ってる料理も、景色が変わると見え方が違いますね。

ありがとうございました。

うー。もっと頑張らないかんね。
[PR]
by espana-miro | 2015-02-24 19:48 | お土産 | Trackback | Comments(0)

いただきました「水彩画」

d0177560_19352991.jpg

去年お客様が、当店を描いてくださり、河野美術館の今治市展覧会に出品。
その水彩画を頂きました。ありがとうございます。
うちの店を愛してくださってるのですね。感激です。
[PR]
by espana-miro | 2015-02-24 19:40 | お土産 | Trackback | Comments(0)

2月の料理「牡蠣と白菜」

d0177560_22103433.jpg

白菜はソテーしてから、ガーリック風味のパン粉・パルメザンチーズパウダー・パセリを乗せ、
オーブンで焼きます。
牡蠣は、ソテーしてから酢・オリーブオイルでマリネします。エスカベッチェ、冷製です。
真冬の白菜、甘くて美味しいですねー
[PR]
by espana-miro | 2015-02-16 22:16 | 料理 | Trackback | Comments(0)

ワレサ 連帯の男


88歳の監督が、これを撮らな死ねんわい!と。
(本人が言ったわけじゃないですが)
監督も同じ時代に、祖国から迫害され。
私も同じ時代に、チャラチャラとした青春時代を過ごしました。

「ポーランドのワレサ」の事は、みな知ってるよね?という視点で描かれてるので、
無知無教養な私は、ストーリーを追うので、イッパイいっぱいに。
そんな時に当時のポーランド・ポップスが流れます。当然字幕が出ますよ。
民衆の感情が表現されたその歌が、映像に新鮮な空気と深み・余韻を与えます。

老監督なんて言っては失礼かも。真っ直ぐ攻めながら適度に焦らしたり。。
老いて益々テクニシャンですね。

すみません。老いて益々チャラチャラ人間です、私。

[PR]
by espana-miro | 2015-02-16 21:04 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ほとりの朔子


じつは、タイトルの「朔子」が読めなかったんです。
今出てる柑橘「八朔」の朔だから「朔子」って読むんですね。

フランス語のタイトルも付いてます。
「さよなら夏」ですか?

昔のフランス映画みたいなイメージの作品。(を、目指してる)
「演技してないように見える、演技」(を、目指してる)
若手俳優がいいですね!
特に高校生男子が、グイグイくるあたりから、面白くなってきました。

大学受験を失敗した女子。その年の9月の上旬。
「夏が終わった感」と、「でも、まだまだ夏だぞ、感」

大人への扉みたいな?今までに何度も映画になったテーマですが、
永遠に、こんな映画を作り続けて欲しい。「思い出の夏」みたいな。

大人チームの演技陣にもっと魅力があったなら、オシャレで素敵な映画になったのに。
ごめんなさい。ミスキャスト?なんで鶴田真由さん、なのだろう。

 
d0177560_23295017.jpg

[PR]
by espana-miro | 2015-02-14 23:20 | 映画 | Trackback | Comments(0)

遂にすっぴん!

d0177560_22414466.jpg

25年前に開店した時は「テーブルクロス」にこだわってました。
当時の今治は、喫茶店とレストランが同義語で。

近年は、真ん中に細い布(センタークロス)を敷いてましたけど。

「テーブルに、少し植物を飾ろうかな?」と、
香里(デザート・フラワーアレンジメント担当)シュフ。

もうスッキリです。いい気分です。001.gifどうですか?
[PR]
by espana-miro | 2015-02-14 22:55 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

2月の休業日のお知らせ

d0177560_21142592.jpg

遅くなりましたが、今月の休業日が決まりました。
27日のディナータイムから、3月の料理になります。

「どうしても、今月は27日以降じゃないと行けんのやけど」
「28日に、2月の料理を作って!」というリクエストも承りました。
毎月来て頂いてるのに「一回飛ばし」は残念ですもんね。006.gif

そんな御予約もお待ちしております。040.gif
[PR]
by espana-miro | 2015-02-13 21:24 | お知らせ | Trackback | Comments(0)