人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

5月の料理「鶏と穴子」

d0177560_20582692.jpg

国産の鶏のもも肉をソテーして、自家製のケイジャンスパイスを振りかけ、
最近気に入ってる「マルタ共和国」のドライトマトペーストで作ったソースを添えています。
ケイジャンスパイスは、モロッコのミックススパイスに似た味なので、
モロッコスパイスと呼ぶ事もあります。(あくまでも「私は」です)
スペイン・アンダルシアの名物料理にも、モロッコ風スパイスが使われたピンチョスが存在します。

新じゃがを使いたくて、ボイルしたのを下に敷いてます。
季節感を出すには、やっぱ野菜ですね。
春キャベツ・玉川の原木椎茸・朝倉産(母が採ってくる)ワラビ、新ごぼう等を、
ヨーグルトソースでサラダにしています。

穴子の、パルメザンチーズフライも添えます。
卵白・小麦粉・チーズ・水で、テンプラ系の衣を作ります。

定番になった「泡」は、胡麻の風味です。
「トマト・ヨーグルト・胡麻」の組み合わせは、モロッコでの食体験から。

「鶏と海老」の組み合わせは、フランス・スペインに昔から存在しますが、
「鶏と穴子」の組み合わせは、自分ではオリジナルだと思っています。

More
by espana-miro | 2014-05-19 21:44 | 料理 | Trackback | Comments(0)

素敵な相棒


B級映画っぽい、パッケージだったので、軽く笑えるかな?と思い
借りてみました。
ところが、とんでもない!スーザン・サランドンを始めとして
名優ぞろいで。
この映画大好きです。老いや認知症を扱い、エンターテイメント作品に仕上げる。
自分たちが「どんな映画を撮りたいか」が明確です。

監督も、脚本家も今作が初作品だそうですが、
映画が大好きな青年達が、情熱を持って挑んだ作品だと思いました。

ロボットの描写に若い才能を発揮しています。
名優達に、深い演技を要求するシーンも用意すれば、
更に、素敵な映画になっていたはずです。
次回作に期待したいです。
by espana-miro | 2014-05-19 20:38 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ジンジャーの朝  さよなら、わたしが愛した世界


大人へと成長するティーンエイジャーと、若い時に挫折したまま成長しない親父。
主演女優が、エル・ファニングじゃなかったら、とんでもなく嫌な後味の映画になっていたかも。
ソフィア・コッポラ監督の「サムウエア」も、なんでもないストーリーが彼女の瑞々しい魅力で
奥行きのある映画になりました。

他の俳優さん達も、さすがに良いです。最後のクレジットを観て、
アネット・ベニングが出てたの?と気付く。

久々に、しっかりと骨のある映画でした。
by espana-miro | 2014-05-18 20:00 | 映画 | Trackback | Comments(0)

5月16日 晴れ

d0177560_152117.jpg

d0177560_15211022.jpg

d0177560_15212798.jpg

d0177560_1521421.jpg

d0177560_1522981.jpg

d0177560_15222139.jpg

d0177560_1523141.jpg

d0177560_15232152.jpg

d0177560_15233879.jpg

d0177560_1523558.jpg

d0177560_1526255.jpg

d0177560_1524689.jpg

by espana-miro | 2014-05-16 15:26 | 草花 | Trackback | Comments(1)

5月の休業日のお知らせ

d0177560_1151835.jpg

不定休で営業しています。以前の定休日が火曜日だったので、
火曜日に休む事が多いのですが、早めにご予約を頂ければ、
どの曜日でも、営業致します。よろしくお願いします。

More
by espana-miro | 2014-05-15 14:17 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

サイトシアーズ


一応カテゴリーは、コメディーです。
抱腹絶倒では決してありません。予告編作りも苦労したでしょうね。
美しい英国の風景と、下品で低俗な台詞。
中年男女の満たされない心情が、エグく描かれています。
制作が「宇宙人ポール」の人で、作風に、一種の照れを感じます。
真面目に映画で人生を語るなんて、ダサいぜ。みたいな。

ラストシーンが大好きです。最後に喜劇になりましたけど、
家内(香里)は、全然面白くない。そうです。

なので「皆様」には、おすすめ出来ない作品です。
自称「性格の歪んだ」方々ならば楽しめる映画かも。
by espana-miro | 2014-05-13 10:30 | 映画 | Trackback | Comments(0)

今月のBGM「英国ジャズ」


Norma Winstoneさん。知らなかったけど、英国ジャズ界の重鎮的存在だそうです。
うちのBGMは、基本ブラジルで、あとはジャズヴォーカル・ワールド系ですかね。
24年前の開店当初は、ジプシーキングスや、
スペインのポップグループ「メカーノ」もかけてましたけどね。

なんでスペイン料理店なのにブラジル音楽?とか、
エラフィッツジェラルド?スペイン料理店で?とか。
もう、全然言われないのですね。(声なき声は聞こえまへんから)

この英国ジャズ。重鎮的と評される位の人ですから、ジャズよね?
ジャズ界って、フランス料理界と似てませんか?

More
by espana-miro | 2014-05-09 23:10 | BGM | Trackback | Comments(0)

家ごはん

d0177560_21433247.jpg

最近、気に入ってるマルタ島(イタリアの南のマルタ共和国)の調味料を使って、昨日の休日御飯。

バジリコペーストを、茹でたパスタに混ぜただけ。
黒オリーブペーストを、茹でたパスタに混ぜただけ。
焼いただけの豚や鶏に、アーティーチョークパテを添える。
焼いただけのカマスに、ドライトマトと、ハーブ塩(パン粉入り)を添える。
鯖の刺身に、オリーブペーストや、マルタ島の塩を添える。

超簡単で、贅沢な気分の晩ご飯でした。
by espana-miro | 2014-05-08 21:52 | ヨモダ | Trackback | Comments(0)

5月の料理「フュメ・ド・ポアソン」

d0177560_22493289.jpg

鯛・スズキ・ちぬ(黒鯛)等の白身魚をよく使ってるのですけど、
そのアラ(残った骨・頭)は、賄いのあら炊きとか、汁とかにしていました。
でも、ほぼ毎日アラがあるので、飽きるんです。。。。
アラを、冷蔵庫に入れて置いて、もう古いから捨てるとか。。。してました。

NHKの朝ドラ「ごちそうさん」で、食材は無駄無く使い切りまひょ。始末の料理でっせ!と。
杏さんが(渡辺謙さんの娘・もうこれはいらんか)鯛のアラで出し汁を摂っていました。
その時の台詞が「ポアソン」フュメと言ったかは確かではないですが、
魚の出し汁のフランス料理の呼び名でした。
戦前の日本で、フランス料理の「フュメ・ド・ポアソン」が存在していたのですね。
日本の首都東京と田舎(例えば今治とか)の食文化の違いにびっくり!
そういえば、
昭和を描いた向田邦子ドラマで、戦前の東京の中流家庭のクリスマスに
「ローストチキン」を作る。の場面がありました。

今治出身のあなた。戦前に家でローストチキン作ってました?そもそもオーブンあった?

アラは、お湯を通してから、水・日本酒を加えて出し汁を摂ります。
地物の小海老は、オーブンで香ばしく焼いてから、出し汁を摂ります。
魚のだしは、フランスで習った方法からは、簡素化してますが、
(食材の個性が違う為に)
小海老に関しては、ほぼ習った通りにしてまっせ! 研修先の仏シェフ今も、お元気ですか?

魚の出し汁・小海老の出し汁、このあたりは、南仏風・
タマネギ・トマト・赤ピーマン・パプリカで作ったペーストも加えます。
スペイン・ガリシア地方で出会った味の再現です。

レンズ豆を加えたのは何故でしょうか?
私の中では、レンズ豆って、とても西洋的な食材だからでしょうか。
初めてフランスで知ったからですね。


スピンオフドラマが、4月にあったん?
見逃したがね。

映画「共喰い」で、主演した俳優さんが良いです、みなさん注目を。
by espana-miro | 2014-05-06 23:45 | 料理 | Trackback | Comments(0)

そして父になる


ドキュメンタリーのように芝居を撮る監督。
特に子供の場面に特別な才能を発揮します。
GyaOで映画を丸々一本無料で観られるんですね。
この監督の「歩いても歩いても」を見始めたら面白くて
最後まで見てしまいました。
スマホの画面ですから、目がしょぼしょぼ。
何も事件が起こらない物語を、グイグイ見せる手腕は、
小津安二郎タッチ?海外で支持されるのはこの辺りでしょう。

今作では、大事件がテーマです。
「作った物語?感」満載の危険性を緻密な演出で回避。
監督の力量を発揮しています。
子供役者さんの演技に誘発された、芸達者な大人役者さん達が
深みのある場面を展開。

結果的に、主演俳優さんを持ち上げ輝かせる事ができ。
一番得をしたのは福山雅治さん。という次第でございました。
by espana-miro | 2014-05-04 01:30 | 映画 | Trackback | Comments(0)