人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

<   2013年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ラスト・ショット


劇場未公開作品なので、日本語の予告編がないんですよ。
レンタルです。

親子がオーストラリアの荒野を旅してます。

実の親よりも、親切に育ててくれた叔父さんを、お父さんが殺した?!
それを知った時から、少年が、大人(自我を持った)に、なっていく。

歩けたり、車が走ったり出来る「湖」がオーストラリアに有るんですねー
一番ビックリした場面です。

More
by espana-miro | 2013-10-10 23:08 | 映画 | Comments(0)

塀の中のジュリアス・シーザー


私の脳味噌では無理な?映画が多い
ベルリン国際映画祭金熊賞ですが、コレは面白かったです。

普通、映画なら、何故この刑務所で囚人達による演劇が行われているのか?って
その答えを冒頭に持って来るものだけど、
いきなり物語りが動き始めます。それも始まってすぐに、100%全開!で。

More
by espana-miro | 2013-10-09 22:10 | 映画 | Comments(0)

ル・コルビュジエの家


ブエノスアイレスに、コルビュジエ設計の家があるんですねー
知りませんでした。

いつもは、ハリウッド映画の結末を、甘すぎると不満な私ですが、
このアルゼンチン映画の結末は辛口です。超ドライ!

主役のインテリ・エリート夫婦が、いやな奴らで、
隣人の方に親しみを覚えます。私だけでしょうか?

そして迎えたラストシーンが。。
濃くて苦いエスプレッソ。砂糖をスプーンに半分でも入れてくれたら。。
ブランデーを垂らすのでもいいよ。。
by espana-miro | 2013-10-08 13:48 | 映画 | Comments(0)

10月7日(月曜日)

d0177560_14495052.jpg

d0177560_1450484.jpg

d0177560_14503093.jpg

  家の庭に、ニョッキリと咲いていた。
  父は「蘭」と言うけど。。。
  葉っぱが、尖っとる、蘭?
d0177560_14503556.jpg

  イガ栗の向こうの階段に注目。
  
  美術の大学に通ってる娘が言うんだけど、
  「手すりが途中で切れている」
  「機能優先ならば、当然手すりは、もっと長い方がいい」
   でも。
  「右のコンクリート壁と、左の漆喰壁を分ける、ギザギザ模様を優先」
  「デザイン重視で、手すりを短くしてる」
   (あー、そうやなー確かに)
  「見た目優先の建物って、ある意味、贅沢!」
   (なのだそうです)
  
by espana-miro | 2013-10-07 15:05 | 草花 | Comments(0)

10月の料理「地魚のフライ」

d0177560_22165326.jpg

左は、水の代わりに、イリコ出し&塩を使ったクスクス。
いつもは、クスクスを、すし酢味で仕上げますけど、
今月は、子供の頃から親しんだイリコで出しを摂った「お五目御飯味」です。
スペイン産のカラスミを添えました。

写真の魚のフライは、きん河豚(かなと河豚)今治港産です。
いつもは、もう少し高級な、なごや(河豚)を使う事が多いのですが、
唐揚げなら、こちらも本領発揮です。

下に、煮詰めたトマトを敷き、アボカドを添え
ゆで卵・酢・塩・胡椒・オリーブオイル・ケーパー・ピクルスの
スペイン風な「ゆで卵入りビナグレッタ」を乗っけてます。
フランス料理の、ラビゴットソースのイメージも拝借してます。

More
by espana-miro | 2013-10-05 22:53 | 料理 | Comments(0)

10月のデザート その1「カボチャじゃないよ、さつま芋」

d0177560_22524796.jpg

メニューに、間違って書いてしまった。
「カボチャの、クレマカタラナ仕立て(ブリュレ)」
正しくは、
「さつま芋の、クレマカタラナ仕立て(ブリュレ)」です。

「さつま芋と、ラムレーズンのアイスクリーム。合うと思うんやけど」
香里(家内・デザート担当シュフ)に、そう言われて
「うん。絶対に合うよ!」と答え、試食も舌、私なのに。
by espana-miro | 2013-10-02 23:05 | デザート | Comments(0)

10月の料理 出来ました「中山栗」

d0177560_322954.jpg

伊予元気鶏という、ブランドの胸肉を使っています。
ムースにして、中に丸く剥いたビー玉位の大根を入れて、ソーメンを刺して揚げます。
揚げた後に、丸い大根を取り出して、水煮にした栗を唐揚げにして添えます。

d0177560_36464.jpg

朝倉のお母さんが取って来てくれた栗の葉をプレゼンテーションに使用。

一人分に取り分けてから、シェリー酒酢・蜂蜜で作った、ガストリックを添えます。

栗に見えますか?
何年も前ですけど、松山の懐石・緒方さんで、えび真薯の、いが栗スタイルを頂いて感激!
私もパクります!と宣言したけど、
あまりにも、手がかかり過ぎるので、その時は断念。

で。どうして。今回は作る気になったん?と香里(家内)

料理人生が終わる時に「なんでアノ時に作らんかったんやろか」と思うなんて、嫌やけん。

ほんと。栗の料理を、この先に何回作れるだろうか。。。

出来らいねー 忙しい時は、ちくちく刺すのが少ないかも知れんけど、
私も手伝うけん。と香里(家内)

  うー


  ありがとう
by espana-miro | 2013-10-01 03:34 | 料理 | Comments(2)