たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

<   2013年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

シークレット オブ マイ マザー


サルマ・ハエックや、チャップリンの娘さんや、
マストロヤンニの娘さん(カトリーヌ・ドヌーブの娘さん)が出演してるのに
日本未公開で、しかもレンタルは「TSUTAYAだけ」だそうです。
2011年制作。この映画素晴らしいですよ。

フランス・アメリカ・メキシコと舞台が変わるので、退屈しませんし、
主演・初監督が、フランスの有名監督の息子さんだそうで、
映画のツボを押さえています。

母親に愛されずに育ったと思い込んでいた主人公が、実はそうじゃなかったんだ、と。

邦題は、いただけませんねー
原題の「アメリカーノ(西語)」のままの方が良いですよね。

ストーリーを書くのがめんどくさいのでこちらでどうぞ。
日本語字幕付きの予告編もあります。
[PR]
by espana-miro | 2013-07-31 06:56 | 映画 | Trackback | Comments(0)

7月の料理「夏野菜と瀬戸内の魚介」

d0177560_159372.jpg

来月の料理を考えていたので、頭がグチャグチャで、
ブログをアップ出来ませんでした。
少し整理が出来つつあるので、今月の料理のご紹介を。

7月の料理も、今日が最終日です。

 ◎トマト・塩・オリーブオイルをミキサーにかけて漉したものに、スイカの角切り。
 ◎焼き茄子・焼きカラーピーマン(エスカリバダ)に、アンチョビー風味のイカ。
 ◎枝豆のオムレツに、より海老と、サルサ・ロサ(マヨネーズ系ソース)

そして、私にとって一番インパクトがあったのが、
 ◎鯖と大葉のトースト

もう何度も作ってるタパスですけど「この味初めて」とお客様が。。。
?そんなはずは、ないでしょう?
もう何年も毎月通ってくださってるお客様です。
d0177560_1537545.jpg


まあ良いか。店主が記憶を無くし、同時にお客様も記憶を無くす。

店主もボケて、お客さんもボケて、そうなりゃレストランはワンダーランド!
パラダイス!なのさ!

レシピです。

フランスパンを1センチにスライスし、ケチャップを塗る。
大葉を1枚敷き、薄切りの鯖を乗せます。
   (鯖のスライスは直前に酢にくぐらせます)
塩・黒胡椒・ニンニクみじん切り+オリーブオイルを乗せて、オーブンで5分30秒焼きます。

以上、終わり。

数年前の開発当初(?)は、生トマトを煮詰めてソースを作りました。
少しケチャップ(以下Kと省略)を加えたら、いい感じで。
また少し、Kを増やし。。。そして遂に。

禁断の、K100%!

調理師は、Kなんて使わないんだよ!と厳しく教わった修業時代。

その私が事も有ろうにKに手を染める。。。

ごめんなさい。当時から先輩の意見なんて、ちっとも聞かない見習いコックでした。
こういう結末は予測出来ていたかも?
[PR]
by espana-miro | 2013-07-30 15:49 | 料理 | Trackback | Comments(0)

エンド・オブ・ザ・ワールド


SFで、ラブロマンスで、ちょっとコメディー。
もやもやと、不完全燃焼気味だった画面が、
マーティン・シーンの登場で、ぐっと引き締まります。さすが。

ナタリーポートマンと、国生さゆり に似た女優さん。
知らなかったけど、キャリアの有る有名な人だったのですね。
後半から、とても魅力的でした。

LPレコードを愛する28歳の美人。♡♡
もう、これだけで充分です!オヤジのハートを独り占め!

サントラ出てるかな?中年男にとっての♡「ハーレクイン・ロマンス」







[PR]
by espana-miro | 2013-07-22 06:04 | 映画 | Trackback | Comments(0)

サンキライって?

d0177560_2140241.jpg

「さんきらい」を埋けたから写真撮って、と家内(香里)

「さんきらい」って何?

柏餅の葉っぱよ。クリスマスには赤くなった実を飾ろ?

不思議な話です。柏餅の葉っぱの実が赤くなって、クリスマスの飾りになるの?

wikipediaで調べました。

四国地方では、柏の葉が自生していないので、この「サンキライ」の葉を代用する。

えっ!なぬ?子供の頃から、柏の葉やと思いよった葉っぱは代用品?!
母ちゃんが作りよった柏餅は、四国独自のイミテーション!偽物?

「本土」に渡って、死ぬまでに一度「本物の柏餅」を食べたいですわ。
[PR]
by espana-miro | 2013-07-21 21:55 | 草花 | Trackback | Comments(4)

ポン デ ケージョ

d0177560_2224196.jpg

ブラジルのマンジョカ粉を使いました。
「ひよこ」の形にしてと、香里(家内)にリクエスト。

無理!それは絶対に。だって。

来月のコースで使いたいです。
[PR]
by espana-miro | 2013-07-19 21:49 | 料理 | Trackback | Comments(0)

7月の料理「瀬戸内の魚介のサルピコン」

d0177560_1619174.jpg

クスクスを寿司味にした物。
キヌア(アンデス原産の穀物)のボイル。
マッシュポテト(わさびマヨネーズ)
豆乳のイギス豆腐(今治名物か?)

コノシロ(コハダ)の酢漬け
穴子のフライに、煮詰めたバルサミコを和えたもの
ちぬ(黒鯛)のエスカベッチェ(揚げ魚の酢オイル漬け)
タコのボイル、カラーピーマンのビナグレッタ和え
平らぎ貝の、カラーピーマンのビナグレッタ和え
黒オリーブ
ケーパー

「サルピコン」とは、魚介の小さな角切りの意味です。
フランス料理でも、スペイン語のこの名前が、小さな角切りの意味で使われます。
d0177560_16364584.jpg
スペインのバールの定番タパスです。
私、これ大好きでいつも注文します。



そしてもう一つのイメージが。。。
d0177560_16383521.jpg








すごい、てんこ盛りですね!
東京の高級立ち飲みの店「かねます」さんの、箱寿司。
この下に、すし飯が敷かれています。





この2つの料理の融合と言うか、フュージョンと言うか。。。
また、パクリか?えー、そうですよ!ぱくりですよー
[PR]
by espana-miro | 2013-07-17 16:46 | 料理 | Trackback | Comments(2)

こんなに暑かったら、花が、もたんのよ

d0177560_21272216.jpg

    こういう、草花系が埋けられるのは、もう当分無いかも。
        by 香里(家内)




とか言いつつ、いつも頑張ってます。毎日入れ替えるので、
私は見てるだけですけど、大変そうです。
お客さんから「いつも綺麗に埋けられてますね」と言われるので、


     頑張らないかんかろ。
       by 香里(家内)
[PR]
by espana-miro | 2013-07-16 21:38 | 草花 | Trackback | Comments(0)

今月のBGM「久保田利伸」

d0177560_16151760.jpg

なんと!ボサノバアルバムを!
もちろん、ブラジル人歌手とはニュアンスが違いますが、
ボサノバが好き!という思いが伝わってきます。

[PR]
by espana-miro | 2013-07-12 16:00 | BGM | Trackback | Comments(0)

7月の料理「焼きトウモロコシの冷製スープ」

d0177560_2239373.jpg

トウモロコシの表面を直火で焼いて焦がします。
そのトウモロコシを、水と少しの塩で煮て、ミキサーにかけて漉します。

何年も前ですけど「コーンスープ」を普通に作ってお客様に出したら、
開店当初からのお客様から厳しい意見が。

「大衆受けを狙って料理するようになると、この店に来る意味が無くなる」
もう少し柔らかい関西弁でしたけど、意味は同じです。

キャラメルのアイスクリームを添えました。
甘みは、デザート用のアイスクリームの半分にしました。
トウモロコシのスープの方が、アイスクリームよりも甘いです。

「トウモロコシのスープ&アイスクリーム」のアイデアは、大阪の有名なイタリア料理店
「ポンテ・ベッキオ」のシェフの料理からのパクリです。
彼は、バニラのアイスクリームを添えてました。ビックリしました。
しかも「絶対に美味しい」と思いました。

そのまんまの「バニラアイス」やと、パクリがバレるけんね。
カモフラージュが必要。それでキャラメルにしました。

そしてもうひとつ。
何年も前ですけど、蓼科の「忘我亭さん」で、トウモロコシのスープを頂いた時に
キャラメルの風味を感じ、
いつかこのアイデアを「パクりたい」との想いを募らせていて。。。

結局は、パクリ×2=私の料理。ツー事か。
[PR]
by espana-miro | 2013-07-10 23:21 | 料理 | Trackback | Comments(0)

7月の料理「マジョルカ島の黒豚に真珠?」

d0177560_2325089.jpg

地中海に浮かぶ島、マジョルカ島産の黒豚です。
島の名物ソーセージ「ソプラサーダ」に使う豚なのでしょうか?

ソテーして、ミガス(パンをニンニク・パプリカで炒めたもの)
デラウエアを添えました。
マジョルカの隣の島、イビザ産のハーブリキュールと
赤ワインを煮詰めたソースを流します。

アーモンドの白いガスパチョを添えました。
アーモンド・水・ニンニク・酢・オリーブオイルで作る、南スペインの料理です。
葡萄と共に食べるのが定番です。

マジョルカ島で放牧された黒豚が、これまた島の名物の
アーモンドを食べて育ってると聞いたからです。

More
[PR]
by espana-miro | 2013-07-08 00:07 | 料理 | Trackback | Comments(0)