たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

<   2012年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

11月の料理「大三島の猪&ちりめんじゃこ」

d0177560_2013014.jpg

大三島産の猪の白ワイン煮込み、里芋・大根・人参のムセリナ焼き、鳥生の蓮根のチップス
ロメスコ、瀬戸内の釜上げちりめん添え。

More
[PR]
by espana-miro | 2012-10-31 21:46 | 料理 | Trackback | Comments(0)

11月の料理出来ました「オンゴ」

d0177560_76320.jpg

ガリシア地方産のオンゴ(ポルチーニ茸)をスープにしました。
スペイン北西部の豊かな森を持つこの地方は、
同じく豊かな海の幸の産地でもあります。
巡礼の道の最終目的地、サンチアゴ・デ・コンポステーラもここにあります。

オンゴ・ニンニク・白ネギ・オリーブオイル・昆布出し
そして、地元の鱧(はも)を使っています。

小さな器で、一皿目としてお出しします。

下の皿は倉庫で見付けました。お宝発見!?
昔、コンランショップで買った、コーヒーカップ&ソーサーです。
カップは割れてしまいましたが、皿は沢山残ってました。
写真のカップは、近くのワンハンドレッド・ショップで買った物です。

混乱コーディネイト。
[PR]
by espana-miro | 2012-10-31 08:13 | 料理 | Trackback | Comments(0)

星の旅人たち


マーティン・シーンの息子、エミリオ・エステベスの監督作品。
スペイン北部の風景も楽しめる、退屈しない映画です。

劇中で、小皿料理「タパス」と「ピンチョス」の違いが話題に。
「首都マドリッドや南部では、タパスと呼ぶ」とのスペイン語の台詞が、
DVDでの訳で、
「マドリッドや、南イタリア(!)」と書かれててびっくり!
残念です。

More
[PR]
by espana-miro | 2012-10-28 15:56 | 映画 | Trackback | Comments(3)

10月の料理「豚の顔と、イカ」

d0177560_2022589.jpg

昔、六本木にあったフランス料理店で頂いた、
モアル(牛の骨髄)と、ポロネギの冷製。

その料理のイメージで、
白ネギを水煮にして冷ました物に、
鹿児島の黒豚の顔肉の煮込みを合わせました。ゼラチン質でぷるんぷるんです。
ネギは冷たくて、煮込みは温かいです。
マスタードシードを添えました。

里芋のマッシュにイカのソテーを乗せて、西条産の青海苔をトッピング。
豚とイカの組み合わせは、お好み焼き屋さんと、当店では定番ですけど、
近頃、スペインの若い料理人が、この組み合わせで料理してるのを見て
嬉しくなりました。

グリーンオリーブのペーストを添えたら、グリーン・コーディネートの完成。

青海苔って、緑ですよね。昔の人はグリーンの事を青と呼ぶ。
それは、重々承知しております。けど、、、

More
[PR]
by espana-miro | 2012-10-26 20:52 | 料理 | Trackback | Comments(0)

そんな事言うんは、ダリア

d0177560_16114182.jpg
私、この花みたいな女になりたいわ。
          by香里(家内)
d0177560_1613519.jpg

d0177560_16125984.jpg

[PR]
by espana-miro | 2012-10-25 16:15 | 草花 | Trackback | Comments(0)

ニコール・キッドマンの「ラビット・ホール」


香里(家内)から、凄い良い映画と聞いてましたけど
やっと、wowowで観ました。
ニコール・キッドマンを初めて良いと思いました。
心に染みる、味わい深い映画です。この映画以上の、
彼女の代表作は、今後生まれるでしょうか。


悲しみは消える?

いいえ。私は消えない、この11年ずっと。
でも変化はする。

どう?

重さが変わるの。耐えやすくなる。
のしかかっていた重い石が、ポケットの中の小石に変わるの。
ふとポケットに手を入れると、やっぱりある。
それって、辛いけど、息子の遺したものでしょ。
だったら、持ち続けられるわ。
どうせ消えないんだし。
それは。   いいのよ。  それで。
[PR]
by espana-miro | 2012-10-23 21:58 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ヨモギアイス

d0177560_17244254.jpg

デパ地下にて。けんぽなしの蜂蜜をタラーリと。
[PR]
by espana-miro | 2012-10-23 17:21 | 食べある紀 | Trackback | Comments(0)

おとなのけんか


有名シェフが、最高の食材を使って作り上げる豪華ランチ。
フォアグラ・トリュフ・大間のまぐろ、そして
キャビア。

コンセプトが「最高のランチを作る」なので(だと思う)
引き算も駆使した、最高のレシピ。あー美味しすぎる!

ただ意外性って言うのが無いかなー。
「へー、ジャガイモがこんな料理に!」とか。
普通っぽく見えるけど、やっぱ違うよねーって、
熟練シェフの技は、そんな時に感じるのだけれど。
[PR]
by espana-miro | 2012-10-22 21:24 | 映画 | Trackback | Comments(0)

10月の料理「H アンブルゲッサ」

d0177560_14474489.jpg

鶏のミンチで肉団子を作りました。

アルボンディガス(ミートボール)は
スペインのバール料理の定番ですけど、
アンブルゲッサ(ハンバーグ)は新顔でしょうか。
創作系のレストランで、鴨を使ってレアに仕上げたりと、只今、流行中みたいです。

d0177560_14534222.jpg
写真ではチーズを乗せて焼いてますけど、
本番では、焼きピーマンのサラダに
乗せました。
「ケソ・デ・ラ・セレナ」という
羊のチーズです。

チーズバーガー。。。てか

里芋のマッシュ、玉川産原木椎茸のペーストを敷いています。
ゴボウ・蓮根・さつまいもを、
シェリー酒酢・バルサミコ酢を使った
ビナグレッタでサラダに仕立てました。

ハンブルゲッサじゃなくて、アンブルゲッサ。
スペイン語の最初の「H」は発音しないのは解りきってるのに
メニュー名に「ハンブル、、、」って書いてしまった。

スペインで、あまり聞かない単語ですもんね。
マクドナルドでも、「フィレオー」って注文するし。
[PR]
by espana-miro | 2012-10-22 15:08 | 料理 | Trackback | Comments(0)

10 月のBGMも「メロディー・ガルドー」

5月に発売された彼女の3rdアルバム。
ずっとかけてます。
聞けば聞く程に良くなってきます。


メロディー・ガルドー/アブセンス

この人は、アメリカ人ですけど、
ブラジル語の「サウダージ」がアルバムのテーマだそうです。
ブラジルに移民した私の叔父さんが言ってましたけど、
ブラジル人独特の感情表現で、哀愁・郷愁などと訳されますが
言葉で表現すると、すべて違ってしまうのだそうです。

言葉では表せない感情を、音楽で表現。
真のクリエーターであり、芸術家。

この人、27歳なんだって!005.gif


[PR]
by espana-miro | 2012-10-19 16:39 | BGM | Trackback | Comments(0)