たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

9月の料理出来ました「小池屋」

高校を出て、東京の専門学校へ。(調理師学校ではない)
いつも昼休みに、学校の近くに住んでる友達のアパートへ向っていた。
ポテトチップス&コカコーラを持って。

先日、御予約頂いたお客様の中に、小麦アレルギーの方がいらっしゃって。
食事のお供に出してる「ラスク」(フランスパンをカリカリに焼いたもの)は
どうしようか?うーーん
じゃー、、、ぽてち?

ポテトチップス。久々に作りました&久々に食べました。
懐かしかった&美味しかった!

今治で高校生だった私は「カルビー」しか知らず。
花の東京で「コイケヤのポテトチップス」の存在を知る。

当時は「小池屋」と、硬派な漢字社名?だったと記憶してるけど、
カルビーになかった「ガーリック味」にハマりました。
ドライパセリが「アメリカ風?」で、さすが東京!と感激。

d0177560_20555116.jpg



イカ&より海老を(地物の、しらさ海老の中で大きいのを、選んだ=よった→海老)
スペインの調理テクニック、アヒージョ(ガーリックソテー)で、
シンプルな「薄切りポテトのフライ」へ、乗っけました。

「アヒージョ」は、赤ピーマン&唐辛子系の、パプリカを加える事が多いので
カラーピーマンを使ったモホ(ソース)を二種類乗っけます。

黄ピーマンを使ったモホには、チーズが入ってるので、
チーズ味チップス、
赤ピーマンを使ったモホには、タイム・カイエンヌペッパーが入ってるので
ハーブ&チリ味チップス。という楽しみ方も出来ますね。
[PR]
by espana-miro | 2011-08-31 21:22 | 料理 | Trackback | Comments(0)

9月の料理出来ました「玉川だけ」

d0177560_2235756.jpg

玉川産のマコモタケ・原木椎茸を、野菜の出し汁で煮ました。
 ↑
(愛媛県・今治市・鈍川温泉の近く)

まず、
タマネギ・人参・セロリ・パセリ・粒胡椒・水で「野菜の出し」を取ります。
小さく切った、椎茸・マコモタケを、その出し汁で煮ます。
塩をし、冷まします。

キノコからは、良い出しが出るので、野菜だけの味で仕上げました。
カボチャをミルクで煮て、一味唐辛子を加え、ピューレにして、
アイスクリームにしたのも忍ばせています。

胡椒以外は、玉川産ですべて賄えますよね。
d0177560_2403279.jpg
今日、買ったマコモタケ。
すんごい立派でしたよ。

生産者さんの腕が上がり、
今治の気候が「原産地」に近くなったのかな?
[PR]
by espana-miro | 2011-08-31 02:45 | 料理 | Trackback | Comments(0)

8月の料理「トルティージャのブリック包み?」

d0177560_21404010.jpg


すずきのソテーに、ガスパチョソース。
ガスパチョに使う、野菜・調味料をミキサーにはかけずに
サラダ=ソースにしたものを添えています。
「ガスパチョソース」という名前は、私の造語です。

スペイン風オムレツは、ポテトのソテー&タマネギソテーを
卵に加え丸く焼いたもの。(トルティージャ・エスパニョーラ)

その中身(ポテト&タマネギ)を、
パータブリック(アラブの春巻き系生地)で包んで焼いたものも添えてます。

トルティージャは、スペインではオムレツですけど、
メキシコでは、トウモロコシの粉で作ったクレープ状の生地。
なので、トルティージャのブリック包みは「?」みたいな?

バジリコを、すり鉢でペーストにしたものを、刷毛で皿に付けてます。
本業(水墨画作家)のテクニックか?
[PR]
by espana-miro | 2011-08-28 22:26 | 料理 | Trackback | Comments(0)

8月の料理「オレンジ+海老ソース」

d0177560_159536.jpg

映画の話ばかりで、今月の料理の紹介がまだでした。
おすすめコースの魚料理。
すずきのソテーの下には、ガルバンソー豆のペースト。
地物の小エビで採った出し汁を煮詰めて
エシャロット・オレンジジュースを煮詰めたものを加え、
仕上げに、バターを少量入れています。
モロッコの料理をイメージして、ミックススパイスも加えます。
d0177560_1519846.jpg
モロッコ気分なので、
クスクスのサラダも添えます。
ゴーヤ・枝豆・コーン・オクラ・
タマネギ入り。

ノークリをソテーして、
クリームチーズを乗せて
オーブンで焼いたものも乗せます。

ノークリは地元で取れるサメ。
子供の頃から、
ゆでた物に酢みそを付けて
夏によく食べてました。

マイ・ソウルフード&モロッコ料理。
海老のソースにオレンジを加えるのは、
実は「トロワグロ」(元祖ヌーベルキュイジーヌ・フランセーズ)の
「今の料理」からアイデアを頂きました。
[PR]
by espana-miro | 2011-08-27 15:32 | 料理 | Trackback | Comments(0)

9月は、アイ・シネマ!


この監督、大好きなんです。
「選挙」「精神」と来て、「ピース」
ドキュメンタリーでは無くて、観察映画だそうです。
9月3日より


「ブルーバレンタイン」
9月10日より
アメリカ版の予告編を前から家内と見てて、ロマンチックな気分に。
(すんまへん♡な)

日本版予告編は、ドロドロの愛憎劇で。意外でした。
どちらが、ほんとか?





ホラー映画って、ほぼ観ないのに。
満島ひかり&香川照之!
これって、「なんかあるでしょ」!
9月17日より





ハリウッド映画の、良い所が出てると思います。
(観てないけど)
軽くコメディーに仕立てる。えーよねー。
9月17日より
[PR]
by espana-miro | 2011-08-25 22:07 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ヴィニシウス・愛とボサノヴァの日々


まだ首が痛かったので、鍼灸師のHさんに電話したら
「ぎっくり腰」になったので、さっき治療から帰ったばっかり。
 なので今日は出来ません。
針治療に行ったのでしょうか。
じゃーそこを教えて、と言いたかったけど、、

ならばと、私にとっての究極の癒し。ボサノヴァのドキュメンタリーを
観る事に。
ヴィニシウスさんて、有名な作詞家だとは知ってたけど、
ボサノヴァ自体を作った人だったんですね。

ブラジル政府の外交官をしてて、文壇で賞を取るような詩人で、
赴任作をロサンゼルスに指定して!ハリウッドに知人を作り、
バカにしてた、大衆音楽に傾倒し、ボサノヴァを作っちゃった。

9回結婚して、次々に子供を作り、
インタビューに答えるときは、いつもウイスキーを飲んでいる。

残した言葉が
「芸術は人生を肯定する為に有る」
恐れ入りました。

More
[PR]
by espana-miro | 2011-08-24 21:48 | 映画 | Trackback | Comments(0)

サラエボの花

d0177560_161040.jpg「白いリボン」というドイツ映画。
2009年カンヌ映画祭大賞受賞作。
月曜日の夜に観た。
何度も眠ってしまい、何度も巻き戻して。(DVDやけど)
結局観終わったのは、朝の7時。
ソファーで変な体勢で寝てたので、首が痛くなった。
知性・教養という物が、私には足らないと思い知った。


ウッディーアレンの軽い映画でも借りよーっと。
いや、しかし。「カンヌ」にバカにされたままで良いのか?
ここはリベンジ!
2006年ベルリン映画祭大賞受賞作。
「サラエボの花」
さすがに感動作!終わり方も爽やかでした。
こちらは、あっという間に観終わりましたよ。

借りたディスクが、えらい傷ついてて、飛んで飛んで、、
2/3位の時間で観終わった。
[PR]
by espana-miro | 2011-08-24 16:18 | 映画 | Trackback | Comments(0)

彼女の消えた浜辺


またまたイランの映画をレンタルで観ました。
女優さんが綺麗なのですよねー
皆さんスカーフを巻いてるので、
冒頭では、誰がダレ?状態ですが、
ゆっくりとした展開の中で、徐々に「目が慣れて」きます。
日本の「着物コスチューム映画」を観る外国人と同じ感覚なのかも。
で。
結局。
隠し事って、この程度の事?って言うのが「現代日本人」の感想。
やっぱ、イスラムの人達って厳格なんですねー
婚約者がいる女性に、男を紹介する。
これが「大問題」らしいのです。!?へーそうなんダー!
なんでも有りの「現代日本人」の感想ですが。

注目は、失踪した主人公が持ってるヴィトンのバック、、、

More
[PR]
by espana-miro | 2011-08-22 23:52 | 映画 | Trackback | Comments(0)

昨日は、貸し切りライブでした

d0177560_1554514.jpg昨日の夜は、ライブで貸し切りでした。
ウチが主催ではないので、
皆さんにお知らせはしませんでしたが、
楽しいジョイント・ライブでした。

元・鼓童のメンバーで、
篠笛の阿部一成さん。
新居浜にお住まいなのですよね。
主に海外で活動されてるので、
日本の中なら、どこに住んでも
同じって事なんでしょうね。
先日も、ベルギー人の有名な監督の
バルセロナでの舞台に出演されたそうです。

以前にも当店でライブをしてもらったし、
フラメンコのライブにも、お客さんとして来ていただいたり、
「凄い人」なのに、とても気さくで
優しい印象のアーティストです。



1分2秒のところで、阿部さん映ってます。




「ノレンニゥー・デ・オッシー」さん
(NolenNiu・ de・Ossi )
懐かしいようで、ファンタスティックで、
メルヘンチックで、
それでいて、強いメッセージを持った音楽家達です。
ノスタルジーでは無く、未来を見つめているような
印象です。

この二組のジョイントライブでした。
今ここで、
新しいものが生まれていると感じました。

とても良い刺激を頂きました。
ありがとうございます。
[PR]
by espana-miro | 2011-08-22 15:55 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

「懐石 緒方」さん

d0177560_15234443.jpg火曜日に
「懐石 緒方」さんへ。

来月の料理で、
鱧やイチヂクを使いたいと思い、
勉強させて頂こうと出かけました。

期待どうりに、鱧の料理やイチヂクの料理を
出して頂き、色々と新しい発見がありました。

残念ながら、料理の写真を撮り忘れたのですが、
「平らぎ貝・キュウリ・トマト・葡萄」の
酢の物を頂いた時に、カタルーニャのシェフ
故サンティー・サンタマリアさんの
「イカ・カタツムリ・トマト・バジル」の
料理を思い出しました。

簡素な素材の組み合わせで、素晴らしい料理を
作る、、、

世界中の料理人が目指しているトコロは
同じなのかも知れません。
[PR]
by espana-miro | 2011-08-18 15:47 | 食べある紀 | Trackback | Comments(0)