たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

<   2011年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

4月の料理「ラフレシア?」

d0177560_2217331.jpg

パータフィロでキッシュを作りました。
世界最大の花「ラフレシア」仕立て、、?

苺のコンフィチュール(ジャム)をメインに考えた皿です。
煮詰めた苺に蜂蜜と一味唐辛子と木いちごビネガーで作ってます。
これにピッタリなのは発酵食品!
先月はチーズを合わせましたが、今月はそれは禁じ手。

白みそと生クリームでソースを作り、奥伊予地鶏の胸肉のコンフィー(低温煮込み)を
添えます。

キッシュの中の発酵食品はチーズでは無くて、納豆。
香りまで、ラフレシア!、、、、
香里(家内)は納豆を受け付けないので、ラフレシア説に納得です。

苺ジャムと発酵食品とのアンサンブル。
一度お召し上がり頂ければ、納豆食う。?、、、いや、
納得の味だと思います。
[PR]
by espana-miro | 2011-03-31 22:47 | 料理 | Trackback | Comments(2)

水墨画展 好評開催中

d0177560_523237.jpg伊予銀行
今治支店(旧大丸の前)で
恒例の、愛媛新聞カルチャースクール
水墨画展を開催。
4月8日(金)まで。

今回の私の作品を一挙大公開!

まずは
「前世がラッコだった父」
水墨画らしく墨だけで描いた所に
作者の成長が見える。

More
[PR]
by espana-miro | 2011-03-31 16:03 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

4月の料理出来ました「ブラッドオレンジ」

d0177560_4184136.jpg西条のイタリア料理店
「アリエッタ」の山本さんの
叔父さんが、
宇和島で作ってる
ブラッドオレンジです。

30年前にフランスのレストランで
研修してた時に使ってた、
イタリア産の物は、色は赤いけど
味が薄いものでした。

こちらの宇和島産の方が
甘み・酸味がはっきりしてて
本国イタリアの物より美味しいと
思います。

More
[PR]
by espana-miro | 2011-03-30 04:49 | 料理 | Trackback | Comments(1)

ザ・オトコマエ(アイシネマ情報)


日本の男前。
私以外では、若かりし頃の「高橋英樹さん」
そして、三浦友和さんだと思います。

日本にオトコマエは、現在3人だけしかいません。
その貴重なお一人の
今度の役の設定は、奥さんが11歳年下。
私に近づいて来てくれた。

アイシネマ今治で、5月14日より。

昔、18歳の時、新宿コマの「百恵ちゃん祭り」で
三階から紙テープ投げました。

届かんかった、、、
[PR]
by espana-miro | 2011-03-28 22:27 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ディアガールサンダー

d0177560_2119186.jpg私のを夜中に食べたん誰!

誰?と言いながら私を見る。

はいはい、買うてきたらええんやろ。
ファミマまで走る。

1個30円?
初の大人買い。「箱で買おやないか!」
言いたかったけど、10個だけ買った。

買い占めはだめよ。
[PR]
by espana-miro | 2011-03-28 21:27 | ヨモダ | Trackback | Comments(1)

3月の料理「いちご鴨」

30日(水曜日)のディナータイムは貸し切りになりました。
この日から、4月の料理になるのですが、
新メニューお披露目は、木曜日からになります。
d0177560_20563156.jpg

おすすめコースの肉料理でした。
「でした」って?明日もやってるのに。
残すところあと一日ですが、これは自信作!

More
[PR]
by espana-miro | 2011-03-27 21:26 | 料理 | Trackback | Comments(0)

B面の二曲目

先週の休日。松山の高島屋から、堀之内方面に歩いてて、、、
「中古レコード・CD」の看板を見っけ!
おお!ここじゃ。音楽に詳しい、鍼灸師の友人から聞いていたのですが、、
二階に上がります。

More
[PR]
by espana-miro | 2011-03-24 23:21 | 閉店後のBGM | Trackback | Comments(1)

3月のデザート その1

d0177560_1819642.jpg

人参をミルクで煮てシャーベットに。
それに柑橘をあわせる。これは私のアイデアです。

後のアレンジは、香里(家内・デザートシュフ)
柑橘は「はるか」を使いました。さっぱりとした甘さの
愛媛の柑橘です。生の実の他は、ゼリーにした物、
皮を入れたソースもあわせました。

ヨーロッパの定番のお惣菜「人参とオレンジのサラダ」からの
発想ですが、ちゃんと美味しく出来たのは、デザートシェフの力量ですねー
[PR]
by espana-miro | 2011-03-24 22:15 | 料理 | Trackback | Comments(0)

3月の料理「牡蠣のエスカベッチェ」

d0177560_15482010.jpg
エスカベッチェは、
日本の南蛮漬けのルーツだと思います。
「酢油漬け」とも訳される程に、
スペインではオイルをたっぷり使いますが、
オリーブオイルは最後の仕上げに少量ふり、
砂糖・醤油も加えて、南蛮漬けに近づけました。

にんにく・エシャロットを炒め、パプリカ・一味唐辛子を加える
白ワイン・米酢・シェリー酒酢を加え煮立てる。
砂糖・醤油・塩も入れます。
牡蠣を加えて煮る。煮すぎると硬くなる牡蠣ですが、
この料理は、よく火を通しても美味しく出来ます。

そのまま冷まします。
牡蠣から水分が出て煮汁が薄くなってますから、
牡蠣は取り出して、煮汁だけを煮詰めて、
味を整え、牡蠣を漬け込みます。

自家製黒オリーブパン(香里作)に乗せて、楊子を刺す。
パセリをふり、香りの良いオリーブオイルをかけます。
ほんの一口サイズですが、バスク風のピンチョスタイルです。

先日、年輩の料理好きな、男性のお客様に
作り方を訊かれたので、詳しく書きました。
「これは、ワインのツマミにぴったり」とのご感想。
私も同感です。
[PR]
by espana-miro | 2011-03-22 17:32 | 料理 | Trackback | Comments(0)

海外旅行


20歳代の時、スペインを、ぐるっと巡る旅をした。
安宿ばかりに泊るのだけど、
どのホテル(オスタル)も、日本人大歓迎。

日本人は部屋を綺麗に使ってくれる。
日本人は約束を守る、嘘をつかない。

パスポートを出したら、表だけを見て、すぐに返してくれた。
「日本人なら番号なんて控えなくていいよ、
 俺は日本人を信用してるから」

アジア各国を旅する、私の友人も同じ経験をしている。
日本の良い先輩のおかげで、私達は、世界を旅する事ができる。
[PR]
by espana-miro | 2011-03-20 15:58 | Trackback | Comments(0)