たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

<   2011年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

まほろ駅前多田便利軒

めったに小説を読まない私。
先日、直木賞の発表をテレビを観てて
「読むんがメンドクサイけん、映画になったら観よ」
読書好きの娘が、
「ゼンゼン違うやろ!意味解らん」

そんな私でも、雑誌のチェックの為に頻繁に近くの本屋さんへ。
「まほろ駅前・多田便利軒」映画化決定!文庫本コーナーで見つけた。
出演は、
瑛太さんと、松田優作さんの息子さん(オヤジはこんな表現になります)


More
[PR]
by espana-miro | 2011-01-31 23:27 | Trackback | Comments(3)

2月の料理「ソパ デ アホ」

寒い日が続きますねー。
今月は、熱々のスープが美味しいかなと思い、
スペインの国民的料理。
日本のスペイン料理店でもお馴染みの、ニンニクのスープを。

以前、スペイン旅行されたお客様が、
スペインの名物料理の「ニンニクのスープ」現地で頂いたんですけど
あれは味が無かったです。まるでお湯に塩をした感じでした。

うーん。実はその通りらしいんですよ。
聞いた話では、
一般的に、家庭では、このスープに限っては、出し汁を使わないで、
水で作るのだそうです。
d0177560_22535551.jpg

スライスしたニンニクを、オリーブオイルで炒めます。
ごく弱火で時間をかけて、オイルに香りを移します。
うすく色付けば、カリカリにトーストしておいたフランスパンを加え、
パプリカを加え、肉のブイヨン(鶏や仔牛で摂った)を加える。
塩で味を整えて、
煮立ったスープの中に、卵を割り入れて、パセリをパラパラ、
半熟でいただきまーす。

この基本を踏まえて、、、

More
[PR]
by espana-miro | 2011-01-30 23:58 | Trackback | Comments(0)

2月の料理「タパス的パスタ」

d0177560_21381660.jpg

おすすめディナーコースの、前菜の内の一品です。
いつも、このコースを御注文されるお客様も、
ミロコースの肉料理「バニラ風味の鶏と海老」に
興味を持たれるのではないかな?と、
リングイネに仕立てました。

ほんの少量です。指の太い方ならば、フォーク一巻きで
召し上がられる分量です。
タパスの一品と思って頂きたいです。

More
[PR]
by espana-miro | 2011-01-28 21:59 | Trackback | Comments(0)

加瀬亮さん世界デビュー!


この予告編では、ほんの少しの出演ですけど、
英語の発音上手いですよね!
才能のある役者さん。広い世界に羽ばたいて欲しいです。

明日から、アメリカで公開だそうです。
[PR]
by espana-miro | 2011-01-27 23:01 | Trackback | Comments(0)

2月の料理「ピンチョス」

d0177560_23473831.jpgスペイン料理も
近年メジャーになってきました。
タパスが、おつまみ、或は、酒のあて。
今やパスタと間違える人はもう居ない。
ピンチョスは?
パンの上に、色んな具材を乗せたオープンサンド?
それは正しいです。
でも元々は、ピン(串)に刺したタパス。
それをスペイン北部バスク地方の人達が、
パンの上に乗せて提供し始めた。
タパスとパンを両方注文するのが普通ですから
この方が合理的って事ですかねー。

More
[PR]
by espana-miro | 2011-01-27 00:19 | Trackback | Comments(0)

2月の料理出来ました「桜井の小海老」

d0177560_23432340.jpg

ミロコースの肉料理です。
奥伊予地鶏の胸肉は、塩・胡椒をしてしばらく置き
鶏の出し汁少々と、バニラのサヤ(ビーンズ)と共に、
ジプロックフリーザーバックに入れて、
70度のお湯で、17分加熱しました。
メニュー名は「軽い煮込み」と書いています。
この煮込みの皮面をソテーして、小エビで摂ったソースで和えています。
下に、カリフラワーのピューレを忍ばせて。

ボイルしたカリフラワーに、スペインのマンチェゴチーズ、イベリコ豚のラルド
小エビに、マスタードグリーン・トレビス・からし菜・エンダイブ(最上・西条野菜)
柚子のビナグレッタで和えてます。

バニラの香りを強調する為に、オリーブオイルにバニラビーンズを浸して摂った
バニラオイルも流しています。
この料理が、今月の難関!だったのですが『紙の上』での試作で難航したからか、
案外、サクサクと完成しました。

More
[PR]
by espana-miro | 2011-01-26 00:35 | Trackback | Comments(2)

新入荷ワイン(田崎真也さん)

d0177560_23284100.jpg

今や「スーパー・スパニッシュ・ワイン」の産地と言えば、
リオハ地方ではなくて、このワインの産地、
リベラ・デル・デュエロ地方なのでしょうか。
ソムリエの田崎真也さんが、
ワインガイド誌で(2010年・11月号)最高点を
三本のワインに与えた。その内の1本です。

では、試飲しましょう。今日もワインを飲む私。
これも、お仕事。なのよね。ふふ

最初にコルクを抜いた時点では、
この価格のワインに感じる(当店での提供価格は「5500円」)
「凝縮感」は感じません。
その代わりに、新鮮な葡萄の果実味を感じました。
スムースな口当たりです。のど越しも艶やかです。
綺麗なバイオレットカラー。後ろのクッションの影響ではないですよ。

More
[PR]
by espana-miro | 2011-01-25 00:34 | Trackback | Comments(0)

矢野さんの、縁だーいぶ

d0177560_22443576.jpg
西条で最上な西洋野菜を作ってる
矢野さんの作品です。
フランス・リヨン地方で
最初の料理修行をした私にとっては
これは「チコリ」と呼びたいけど。
「アンディーブ」が、白菜の芯のような野菜、
わたし的には。ね。

そんな話を矢野さんとしながら、
寒い頃に、丹原の畑で、、、10年以上前の話ですけど、、
「この野菜、こんな感じで出来てますが、どうですか?」
私は、
「この野菜は、白か黄緑の部分だけ食べます。
 緑の部分は食べません、そこは、うさぎの餌にすると、
 フランスで習いました」
すんまへん。矢野さん。私、若かった。矢野さんの、がっかり顔を
覚えています。
今の私は、同じ意見も、もっと気を使って、優しく言えますが。
d0177560_2311394.jpg

これよ!これー!どうだー!みたいな。
最上の、西条野菜!
誰も文句の言えない、作品です。
「苦み野菜」と思ってましたが、苦みの奥の「甘み」に
気付きました。
フランスでも、習わなかった事です。

矢野さんの事を仲間と言わせてもらって良いですか?
矢野さんも毎年、グレードを上げている。
なので、来月の料理は「野菜」で、と思っています。

切磋琢磨なのですね。

More
[PR]
by espana-miro | 2011-01-23 23:27 | Trackback | Comments(0)

あったかい?ボサノバ


ボサノバは、冬に聞くと寒い気がする。と。
あなたが言うから、ここでご紹介。
ブラジルのホーザ・パッソさんと、ヨー・ヨー・マさんのジョイント。
台北でのライブです。

坂本龍一さんの、ブラジルがテーマのアルバム「カーザ」にも参加されてます。
秀才音楽家から愛されるミューズなのかも。

当店のメインシンガーは、ここ数年この方です。
あたたまろー
[PR]
by espana-miro | 2011-01-23 22:20 | Trackback | Comments(0)

たこ焼き

d0177560_16133273.jpg
うちは毎朝レトルト。
では、ありません。
ちゃんと手作りの朝食を摂っています。
1500円で買った、電気たこ焼き器を
コタツに乗っけて、
朝から、たこ焼きパーティーです。

キムチ・チーズ入りが、只今のお気に入り。
ソースは何故か、焼きそばソースです。
香里(家内)に、どして?と尋ねると
「焼きそばの時にも使えるでしょ」
「あ、そうか、あったまいい!」
(じゃー、お好み焼きの時はどうすんだ!)
外がカリッ。中がトロっ。を目指してるけど、なかなか難しいです。
調理師学校に、たこ焼きの授業無かったもんなー。

More
[PR]
by espana-miro | 2011-01-21 16:38 | Trackback | Comments(2)