たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

<   2010年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

新年は2日より営業します

新年は、2日より営業します。
来年もよろしくお願いします。
d0177560_13314456.jpg
大晦日は、ダラダラ過ごしています。
映画「ノルウェイの森」を先ほど
観てきました。

この監督の「青いパパイヤの香り」は、
二回観たけど、二回とも眠ってしまい、
キムタク・イビョンホンの
「アイカム〜〜(ナントカ)」は
見事に、つまらない映画でした。

過度の期待をせず、覚悟して観ましたが、
世界中の人が読んでいるという
この小説を読んでない私。
映画を観て、ストーリーを知る事が出来て良かった。
[PR]
by espana-miro | 2010-12-31 13:46 | Trackback | Comments(0)

今年一年ありがとうございました

30日、元旦はお休みさせて頂きます。
新年は、2日より営業します。来年もよろしくお願いします。
10日まで、お休み無しです。

珍しく、よく働きますねー
でも、11日、12日は連休させて頂きます。
(ほら、やっぱり)

明日、元旦は仕込みをするのですが、今日はオフ。
香里(家内)が、色んな料理を作ってくれるようです。
楽しみ。
「そしたら僕なんしょうか」と言ったら、
「ダラダラしとったら」だって!ありがたや。

More
[PR]
by espana-miro | 2010-12-31 07:57 | Trackback | Comments(3)

1月の料理出来ました「チーズのモホ」

d0177560_22482268.jpg






















ネットで調べてるんですけど、緑のは、コリアンダー・パセリの「モホ」
赤いのは、唐辛子・赤ピーマンの「モホ」
これは既に先月12月の料理で使いました。
そして、今月は第三弾の「モホ」チーズ入りのです。
でも、調べてもよく解らない。

この「モホ」スペイン領、カナリア諸島の料理(調味料)ですけど、
キューバやメキシコにもあるようです。
SALSA(サルサ)は、ソースと訳しますが、
MOJO(モホ)は、どう訳しましょうか?
日本の「タレ」と「つゆ」の違いみたいな感じでしょうか。
スペイン料理人生を永くやってて、深い所に踏み込んでしまいました。

深い所は好きでないので、オリジナルで軽くやっちゃいました。
「緑モホ」が、緑ピーマン。「赤モホ」が、赤ピーマン。
ならば「チーズモホ」は、黄色ピーマン?
パルメザンチーズ・ニンニク・オリーブオイル・ビネガー・クミンを加え、すりスリしました。

どんな感じかな?味見して、モほっ!旨い!
本場の味では無いかも知れません(かなりの確率で)
でも美味しいから、オリジナルとして、良いねと。

メニューに「チーズのモホソース」と書くと、違う!と意見されるかと思い、
別名を考えました。
チーズのカナリア風「模倣ソース」
d0177560_23263450.jpg

おすすめコースでは、仔羊に、イカの「模倣ソース」ソテーを。
うほっ!(いや違う)「モホっ!」旨い!
白菜のクリーム煮を添えました。
カタルーニャのピカーダも添えます。


d0177560_23291071.jpg

ミロコースでは、魚料理に。
穴子をフライにして「チーズの模倣ソース」を和える。
スズキのソテーと、白菜のガーリックパン粉焼きを添え、
アンチョビー・ドライハーブ・ニンニク・生クリームのソースを。
密かに、
イタリアの「バーニャカウダ」と
アメリカの「シーザーサラダ」を意識しています。
[PR]
by espana-miro | 2010-12-28 23:44 | Trackback | Comments(0)

来年の「アイシネマ情報」

来年の事を言うと鬼が笑う、、、
でも、今年の映画って良いのありました?
あまり、劇場で観てないけど、魅力的な映画が少なかった気がします。

来年の「アイ・シネマ」さん。
年始から飛ばしてくれますよ。

スウェーデンの映画です。
なんか、ヒリヒリしてますねー。気持ちいいです。
1月8日より、アイシネマ今治にて。


監督は、愛媛出身なのだそうです。
大好きな、本谷有希子さん原作なので、
よほどヘタな事をしない限り、面白くなりますよねー。

永遠の愛は疑ってしまけど、
永遠の憎しみなら信じられる。 、てか

私のハートをグッサリ、やっちゃって下さい。
2月5日より、アイシネマ今治にて。
[PR]
by espana-miro | 2010-12-28 00:07 | Trackback | Comments(0)

12月のデザート(でした)

またまた、くだらない事ばっかブログに書いてたら、大事な事を書いてない。

年末は、30日まで、
年始は、2日より営業します。よろしくお願いします。

12月のデザートも紹介してなかったです。
今日まででした。

d0177560_21324593.jpg






















下に、グレナデンシロップ入りの白ワインのゼリーを置き、
生クリームをかける。
みかんのシャーベットを乗せる。

30年近く前、調理師学校に通ってた時に、
大阪のフランス料理店で出逢ったデザートが
「マンダリンオレンジのグレナデン風味コンポート」
オシャレな名前で期待したら、皮を剥いた、ミカンが丸ごと
赤っぽいシロップ煮になっていた、、、、、
「ミカンがオシャレに変身」と思いたい、、だけど
「丸ごとミカン」のビジュアルにチープさを感じてしまう。、、うーん、、
そんな事を思い出しながら、香里(家内)と共作です。

d0177560_21564744.jpg






















シブーストのアレンジです(タルトの上にリンゴを乗せ、バニラのムースを乗せ
              焼き色を付けたケーキ)
紅茶風味のムースに焼き色を付けます。
リンゴをキャラメル風味に焼き、温かい状態で。
タルト生地の代わりに、チュイルを乗せます。
黒蜜で作ったアイスクリームを添えました。
全部混ぜながら、食べてください。
!!!!むふーーー。
今年最後の、香里(デザートシェフ)の傑作オリジナルでした。
[PR]
by espana-miro | 2010-12-27 22:16 | Trackback | Comments(2)

クリスマス2日目

こんな、夜中まで、仕込みがあって幸せ。(?!)
今日はイブですね。←おい!もう25日じゃがね。

素敵なクリスマスをお迎えですか。
今年は、26日にも『クリスマスディナー』の御予約を頂いていて、
店の、クリスマスヴァージョンの飾り付けは、
27日まで続行する事に、社内会議で決めました。
スペインでは、1月を過ぎてもクリスマス週間だそうです。
         ↑言い訳やね
今まではクリスマス(25日)が終わったら、パキッと新年ヴァージョンへ。
それがオシャレだと思ってました。

でも、クリスマスソング、良いのが多いですからね。
長く味わいたいです。

[PR]
by espana-miro | 2010-12-25 01:49 | Trackback | Comments(0)

クリスマス初日

いやー、いきなりですけど「すんまへん」

「時間かかりすぎよ!」香里(家内)に怒られました。

でも、二階の客席に上がって行って、
お客さんに「遅くなってしまって」と謝ってたら、
案外、皆さんゆったりされてて。

自分の店なのに「この店、雰囲気良いな」と思いました。
「店のイメージはお客様で決まる」何かで読みました。
ほんとだな、と思います。

d0177560_094855.jpg






















眉毛が、ブロッコリースプラウト。
目が、イカのモホソース和え。
口が、蝦夷鹿。
髭が、椎茸・ほうれん草。
赤いのはルージュ?、赤ピーマンのモホソース。

イケメンシェフのモンタージュ。二日酔いの朝の下膨れ顔。
つーか、これ、クリスマスディナーの一品です。
[PR]
by espana-miro | 2010-12-24 00:30 | Trackback | Comments(0)

ハッピー バースデー

昨日、火曜日はクリスマスディナーの試作をしました。
頭の中と、紙の上での格闘のおかげで、
案外スムースにいきました。

晴れやかな気分になり、前から行きたかった、
今治の中国料理のお店「手しごと遊菜 922 」さんへ。

カリフォルニアの白ワインを頂きながら、
「ヌーベル・シノワ」の料理を堪能しました。

かなり前に、お客様から良い評判を聞いていたのですが、
想像以上に素晴らしい料理の数々。
お品書きからも、料理人の熱意が伝わってきます。
おかげさまで、とても幸せな誕生日になりました。


[PR]
by espana-miro | 2010-12-22 02:14 | Trackback | Comments(2)

ハッピー メリークリスマス

先月、友人の若手フランス料理人(今治の)と話したとき、
クリスマスは、普段使えない高級食材を使えるので、
 「今から楽しみ」
彼は、そう言いました。
でも、私はその時に、
「プレッシャーなんよー。毎年」って言ったんですよ。
毎年ハードルが高くなる。そう感じています。
去年よりも、良い料理を作りたい。

明日は店は休みますが、クリスマスディナーの試作をします。
色々と準備が整った今は「今から楽しみ」な心境です。

[PR]
by espana-miro | 2010-12-20 23:54 | Trackback | Comments(0)

蒼色の金(きん)

d0177560_21584159.jpg二階の右奥に
掛けてるミロのアートポスター。
確か「青色の金」とのタイトルです。

何年も前に、
風水の先生が、週刊女性に
(エッセかも)
「西に黄色の絵を置くと
 金(かね)が貯まる」
それを読んで、飾ったのです。
私がです。いそいそと。
d0177560_22111591.jpg



コチラは
金色の皿(トレー)に
クリスマスディナーでの
器のコーディネートをしてるところ。
タイトルは
「金色と、緑・赤」

「◯○の値段が今年高いけん、
 ××に変えよかー」と。
香里(家内)に相談する。
経理関係はすべて香里(家内)に
任せてるので。



毎年「翌月の支払いがたいへん」と、ぼやく妻。
「あんたが、美味しいと思う方にしーやー」
「年に一度よ、後悔が無いようにね」

似た者夫婦。

毎年来てくれるお客様に「今年も来て良かった」
そう思われたら、私達も嬉しいです。

西に黄色の絵を飾ってるから、なんとか、つぶれんのよね。うちの店。
ふふ、良かった。
[PR]
by espana-miro | 2010-12-20 22:43 | Trackback | Comments(0)