人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

カテゴリ:ヨモダ( 56 )

ポンピドーセンター  →→   ピカソ美術館

d0177560_22273487.jpg

こちらの美術館は初めてです。
念願が叶いました。
現代美術なので、アンディー・ウォーホルも、モンドリアンもあるけど。
一番見たかったのが、

d0177560_22315147.jpg

ここからの、パリの眺め。
そして、
d0177560_2234848.jpg


d0177560_22343295.jpg

1960年作。ちょっと訳してみますね。

とりあえず、キャンパスを青に塗りよったら、画商が来て、
「さすが先生!」「ミニマムの極み」
「この色の奥に物語が見えます!」
まあね、ぼちぼち、やりよろわい。。。
「これ、まだ発表されないのですか?」
へ?下書きやけど?時期尚早かな?
「いえ!先生、今こそ発表すべきです」「誰も成し遂げられなかった世界に」
「先生は到達したのですよ」

その後「黄色」「赤」「ピンク」も発表したけど、今は残っていない。「無かったこと」と業界が総力を費やして、消し去った。

「一発ギャグ」を失敗した芸人が「青くなる」の語源は、この作品でございます。

d0177560_23142311.jpg

ピカソ美術館も初めてです。
生家が美術館になったスペインの「マラガ」
幼少期を過ごしたスペインの「バルセロナ」の美術館。
南仏にもあるんですよね。もう一個。そこには行ってないけど。

美術館の建物が立派です、全体に昔のレリーフとかあって。貴族のお屋敷?

スペインの美術館の作品よりも、より「ピカソ度」が高く、みんなが知ってるピカソ作品が揃っています。
やっぱ、スペインのピカソと違うな、と思ったのは、
私の勘違いかもしれないけど、
「銭の匂いがする」by(花登筐作品、より)

スペインでピュアな彼(ピカソ君)を知ってる私は、少し違和感を感じたのでした。
本当に世に出たピカソ作品は、ここ、パリにあるのにね。
d0177560_23291424.jpg

美術館のカフェでランチどす。
パルマンティエ(ポテトのマッシュ)に、白身の魚・ペストジェノベーゼ入り。

美味しいやんか!悔しい!
by espana-miro | 2016-02-10 23:35 | ヨモダ | Comments(0)

デジャブ?

d0177560_06161487.jpeg
今回、HISでホテルを予約したのですが、
知らない名前のホテルです。
30年前・20年前に泊まったホテルも便利な、この辺り(rue de bac)にありました。

廊下が微妙にアップ ダウン。うん?もしかして?

近辺を散策。
裏道に高級パティスリー「ダロワイヨ」が!
位置を考えると?ここは?もしかして?

尋ねたら、全て改装され。経営者もホテルの名前も何度も変わったけど、ここは100年以上続いてるとか。
❗️前に泊まったホテルと同じだったのです。
30年前の時点でかなり古かったので、200年以上か?
今回で3度目の宿泊です。パリの常宿って処でしょうか。





by espana-miro | 2016-02-05 06:08 | ヨモダ | Comments(0)

パリの景観

d0177560_03480324.jpeg
街の、あちらこちらに警官が。
長い銃を持ったポリスも立っています。
私達の安全を守ってくれているのですね。
置引き屋さんや、掻っ払い屋さんも
仕事やりにくいだろねー

by espana-miro | 2016-02-05 03:45 | ヨモダ | Comments(0)

ウエスティンホテル東京

d0177560_15100272.jpeg
このホテルは初めてです。
正面玄関から入ります。
ベルボーイの笑顔に会釈で答えます。
なんせ初めてですので、場所が分かりにくかったけど、
清潔なトイレでした。ありがとう。


by espana-miro | 2015-10-17 15:09 | ヨモダ | Comments(0)

モロッコのタイル

d0177560_20335056.jpg

もう何年も前の事ですけど、モロッコのタンジェ旅行体験は鮮烈な印象です。

泊まったホテルが「ホテル・コンチネンタル」
大昔は、最高級ホテルだったらしいです。
ベルトリッチ監督の「シェルタリング・スカイ」で、数秒使われています。

スペイン側から船で上陸。
ホテルは港からは近かったですけど、丘の上で。スーツケースを伴っての移動が
けっこう困難だったので、前の晩に
帰りは「タクシーを」と、ホテルの人に頼みました。

More
by espana-miro | 2015-01-19 21:44 | ヨモダ | Comments(0)

憧れの写真家

d0177560_16323093.jpg
展示が、スペインの内戦から始まってたので、普段、展覧会で説明を読まない私も
一つ一つの注釈に夢中になってしまいました。
「写真」が、連動してまるで「映画」のようです。

人物を撮るときに大切なのは、
「その人を好きになること」そして「それを相手に伝えること」だと
彼が語ったとか。

若い頃に定宿にしてた、バルセロナのオスタル(安ホテル/トイレ・シャワー共同)の
ご主人に「ここはいつも満室ですね、どうして、いっぱいお客さんが来るのですか?」と尋ねたら、
「お客さんを好きになるんだよ」
「そしたら、お客さんもここを(私を)好きになってくれる」

座右の銘です。

感激した私は被写体を目指し、玉川(愛媛県今治市)から、朝倉(同)へ抜ける道に車を走らせるのでした。
  ↓
憧れの写真家デビュー


More
by espana-miro | 2014-11-18 17:03 | ヨモダ | Comments(2)

今治港にて


先月の末に連休したので、予約を頂いただけ受けてたら
先週は休みがなくなって。

久々の休日、海を見に行きました。

来月の料理を考え中です。
ここ今治で、どんな料理を作りましょうか。
by espana-miro | 2014-10-21 23:18 | ヨモダ | Comments(0)

6月のヨモダ「ブラジル便乗商法・その3」


スペインも楽しい国ですが、ブラジルの楽しさは桁違いです!
by espana-miro | 2014-06-10 12:13 | ヨモダ | Comments(0)

家ごはん

d0177560_21433247.jpg

最近、気に入ってるマルタ島(イタリアの南のマルタ共和国)の調味料を使って、昨日の休日御飯。

バジリコペーストを、茹でたパスタに混ぜただけ。
黒オリーブペーストを、茹でたパスタに混ぜただけ。
焼いただけの豚や鶏に、アーティーチョークパテを添える。
焼いただけのカマスに、ドライトマトと、ハーブ塩(パン粉入り)を添える。
鯖の刺身に、オリーブペーストや、マルタ島の塩を添える。

超簡単で、贅沢な気分の晩ご飯でした。
by espana-miro | 2014-05-08 21:52 | ヨモダ | Comments(0)

銀座(東京の)で買い物

d0177560_2343691.jpg

三越で、ベルギーの板チョコ。
鰹のふりかけ。
GAPで、最終バーゲンのマフラー。
4900円が、990円。003.gif
2枚も買ってリッチな気分。
さすが銀座やな。
by espana-miro | 2014-02-18 23:35 | ヨモダ | Comments(0)