たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

カテゴリ:料理( 545 )

6月の料理「モッツアレラチーズ」

d0177560_15353843.jpg
朝倉の母が作った、青大豆です。乾燥させて持って来てくれます。
水で戻して、塩だけで煮ます。
乳製品のような良い香りが漂って。。

イタリア産のモッツアレラチーズを合わせてみました。

「しの田」さんに教えてもらった「彩り胡麻」をトッピング。
関西の有名レストランで合わせていたそうです。
写真は乗っけすぎですが。太白ごま油も、たらり。
新茶を、ぱらり。


[PR]
by espana-miro | 2018-06-15 15:55 | 料理 | Trackback | Comments(0)

6月の料理「ガスパチョ」

d0177560_16232743.jpg
自家製のカッテージチーズに、キュウリ・ピーマン・玉ねぎ・セロリを加えます。
キヌアをトッピング。
スイカをグラニテ(シャーベット)にして、乗っけます。
d0177560_16233601.jpg
トマト・フランスパン・オリーブオイル・バルサミコ酢を
ミキサーにかけた「ガスパチョ」を注ぎます。

本来は、玉ねぎ・キュウリ・ピーマンなども
一緒にミキサーにかけますが、
野菜の食感も楽しめるので、別々にしました。

スイカとトマトの組み合わせは近頃よく見かけますが、
私が初めて見たのは、フェラン・アドリアさんの料理本でした。

[PR]
by espana-miro | 2018-06-11 16:32 | 料理 | Trackback | Comments(2)

6月の料理「イカ下足ソース」

d0177560_21313737.jpg
豚ヒレ肉のピカタに、イカの下足を白ワイン・トマトなどで煮たソースを。
グリンピースのピューレ・インゲン・ヨーグルト

スペイン料理のグリンピースとイカの煮込み。
トルコ料理の、トマトソースとヨーグルトの組み合わせ。
そして、豚とイカの組み合わせは、
開店以来の私の「問題作」(大げさです)
豚・イカ・卵。お好み焼き屋さんとも共通の問題ですが、
近頃は豚肉とイカの組み合わせは、若い料理人には
普通な感じですね。
d0177560_21304669.jpg
おすすめコースの魚料理。

むく鯛(タモリ・モリ・モミダネ)が叫んでます!
肉料理とおんなじ組み合わせかい!
よーに考えたんかー?
わしに、ヨーグルトが、かかっとるがー

イカゲソのソースは、ホエイ(カッテージチーズの残り汁)で
ソフトな味に仕上げています。

地元感が出る高級魚で、しかもリーズナブルだと思ってるので
この魚が私、大好きなのですが、
先日、「むく鯛は食べ飽きてる」と言うお客様が、
美味しかった、ヨーグルトが合うんですね。と。

ありがとうございます。頑張ってまた、変な料理を考えます。145.png

[PR]
by espana-miro | 2018-06-07 22:05 | 料理 | Trackback | Comments(0)

6月の料理「カカオニブ」

d0177560_23014596.jpg
カカオニブは、チョコレートの材料のカカオを、発酵させたものを、
フレーク状にしたものです。

いや、びっくりしたんですけど。
先日、火曜日に「さいさい来てや」さんで、久々に会った
西条のイタリア料理店の店主さんが、
ご自身のブログで、
フェアトレードのカカオ豆を、某所で買ったとの事。
肉料理に使ったら美味しいって!!

信じていただけないかも知れませんが、
本当に偶然です。
同じ日に、同じな料理を考えていたのですね。

上の写真は、ミロコースの魚料理。
地魚(スズキなど)のソテーに、
赤ワイン・味醂・伊予の麦味噌・生クリームで作ったソース。
カカオニブを加えています。
d0177560_23015599.jpg
おすすめディナーコースでは、
ニュージーランド産の仔羊に。

夏野菜の煮込み(サンファイナ・ラタトゥイユ)は温かく。
同じ食材で構成された夏野菜のサラダは、メキシコのトルティーヤに包んで。
スペインでは、トルティーヤは丸く焼いたオムレツの意味になりますので、
「メキシカン・トルティーヤ」とメニューに書いています。

同じ野菜料理、付け合せで。
一方が魚料理になり、もう一方では肉料理に。

それが私の凄い!いい加減な。
良いところでしょうか。
124.png





[PR]
by espana-miro | 2018-05-31 21:43 | 料理 | Trackback | Comments(0)

6月の料理ができました

d0177560_13484989.jpg

d0177560_10114843.jpg



d0177560_20281109.jpg



[PR]
by espana-miro | 2018-05-29 20:29 | 料理 | Trackback | Comments(0)

5月の料理「マスカルポーネ・醤油・わさび」

d0177560_16435661.jpg
ハンガリー産の鴨胸肉と、
カナダ産のリー・ド・ヴォーのソテーです。

わさび醤油。私、刺身に限らず何にでも付けて食べます。
が。それじゃーなんだかなー。。。
と。
冷蔵庫を探ってたら、そこにマスカルポーネチーズが。
先月のデザートがティラミスだったので、あったわけです。

混ぜました。なかなか良い感じ。

ただ一つの難点は、お皿を温めると、ペーストが溶けてしまう事。
なので、
温かい料理なのに、皿は常温です。

西条産の青海苔をパラパラと散らしました。
これが、何故だかわからないけど合うんです!

なんでこの料理を思い付いたのか?
先月のデザートがティラミスだった事と、
コープ喜田村店で、西条の青海苔を売っていたから。

妄想日本料理。

器は、栃木県益子、伊藤丈浩さん作の
スリップウェアです。


[PR]
by espana-miro | 2018-05-22 16:07 | 料理 | Trackback | Comments(0)

5月の料理「仔羊フィロ包み焼き」

d0177560_12522196.jpg
仔羊モモ肉を白ワイン煮にしました。
モロッコのイメージで、スパイスを効かせます。
(クミン・コリアンダー・ナツメグ・カルダモン)

パート・フィロは、ギリシャ発祥のパイ生地だそうです。
私はてっきりトルコだと思ってました。
今回は、春風にグリンピースのピューレと
モッツアレラチーズ(国産)を包みました。

新じゃがを添えたい。
ごま風味にしたい。
それなら、ナムル?
ニラと新じゃがを、さっと湯がいて、
ごま油・塩でサラダに。

赤ピーマン・黄ピーマンでドレッシングを作ります。
メニューには「モホソース」と書きましたが、
もっとシンプルな、塩・酢・オイルのドレッシングです。

妄想モロッコ/妄想カナリア諸島料理です。

d0177560_12525618.jpg
おすすめコースでは、半分の量で。
ソースがダボダボですが、本番では修正しています。

器は、福島県大沼郡の五十嵐窯のものです。
歪んで写ってますが。



[PR]
by espana-miro | 2018-05-21 22:28 | 料理 | Trackback | Comments(0)

5月の料理「ハマグリと豚肉」

d0177560_22484053.jpg
ポルトガル料理からの発想です。
あさりと豚肉を合わせた料理は、今の季節、
毎年作ってますが、
今年は、「ハマグリ」です。

先日「しの田」さんで頂いた料理からの発想でもあります。
「ハマグリは冷凍すると出汁がよく出るんです」
さすが⭐️!

「ホエイ」を使って、ハマグリと豚ヒレを煮ています。
「ホエイ」は、先月の料理で使ってた、自家製カッテージチーズの
残り物。

ミルクを沸かして、塩・酢を加え、分離させて凝固した部分が
「カッテージチーズ」
残った、半透明な汁が「ホエイ」です。

クラムチャウダー的な?英語圏料理の影響?かな。

煮詰めたトマトも加えました。

本来のポルトガル料理でも。ジャガイモが入るので、
ジャガイモと春キャベツのマッシュを添えました。
スペイン・カタルーニャ料理の
「トリンチャット」からです。

日本料理とスペイン料理から影響を受けたと、
ポルトガル人に言ったら、
(日本料理はともかく)絶対に嫌がると思う。

とりあえず、謝っておきます。124.pngスンマヘン。

[PR]
by espana-miro | 2018-05-12 23:23 | 料理 | Trackback | Comments(0)

5月の料理「新玉ねぎの冷製スープ」

d0177560_21320109.jpg
新玉ねぎが出ると、嬉しくなりますねー。春っ!
新玉・塩・水・ミルクで煮てミキサーに。

キャラメルのアイスクリームを添えました。
甘さは控えめ、半分ぐらい。
アイスクリームと言ってますが、当店のはすべて、
卵を使用しない「ミルク味のシャーベット」です。

揚げたシュー生地も添えてます。

先月の「あなごのフライ」で使った
パルメザンチーズ入りの生地が好評でしたので、
それを揚げてみました。

そして、黒胡椒をパラパラと。

124.pngみなさま、ありがとうございます。

[PR]
by espana-miro | 2018-05-06 21:46 | 料理 | Trackback | Comments(0)

5月の料理「ベジタリアンプレート」

d0177560_14565466.jpg
ベジタリアン料理のご予約が、近頃多いので、
一般のお客様にも解禁(?)です。
卵・乳製品はOKな、ソフトビーガン料理です。
d0177560_14570091.jpg
ゆでたクルミ・ヨモギ・白味噌・生クリームのペーストで和えた、
パスタ(リングイネ)

フムス(エジプト豆のペースト)の上に、
新牛蒡のマヨネーズ・白胡麻ペースト和えを。
フムスに、白胡麻ペーストを加えるレシピもあるので。
では、何故に牛蒡?
スーパーの新牛蒡売り場の横に
「ゆでて、マヨネーズで和えて」と、料理指南のポップがあったので。
素直に従いました。

先日、従兄弟が「里芋いる?」と持ってきてくれて。
里芋は秋だと思ってたのですが、ピカピカ綺麗な姿で。
塩・砂糖・昆布出汁で煮ます。
それに、アーモンドスライスをつけて揚げます。
ワインや味醂・酒などのアルコールは、
使わないようにしています。

ファラフェルは、水で戻したエジプト豆を生のまま
スピードカッターにかけて揚げたものです。
本来は、ニンニク・玉ねぎ・パセリ・クミン等を加えるのですが、
ニンニク・ネギ系食材がNGなベジタリアンさんも、
いらっしゃるので、
茗荷・生姜・カイワレで作りました。
一般のお客様には、青ネギ・ニンニクも使用しています。
なんだか、新しい味で、気に入っています。
生トマトを煮詰めたソースと、ヨーグルトソースを添えます。
これは、アラブ料理の定番の組み合わせです。


[PR]
by espana-miro | 2018-04-28 15:38 | 料理 | Trackback | Comments(2)