たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

カテゴリ:お土産( 16 )

沖縄のお土産をいただきました

d0177560_18564988.jpg

沖縄本島の北西に浮かぶ島「伊江島」のラムです。
伊江島産の、さとうきびだけで作られてますが、泡盛の風味を感じるのは?
風土と、Foodが同じ発音なのは偶然なのでしょうか。

d0177560_18565954.jpg

同じく、伊江島産の清涼飲料水です。
ラムの方の、格調高いデザインに対して、こちらは庶民派レトロ。
ピンクのドラゴンフルーツソーダは、果汁1パーセントです。
100分の1だけ、果汁を加えるなんて。ギャグのセンスがオシャレ!
レトロ・キッチュな感覚ですね。
d0177560_1857881.jpg

ブラックコーラ。
「ペプシ・コカ」と同じ味なら作る意味が無いじゃないか!との生産者の熱意を感じます。
さっそく、ラム&コーラの、キューバ・リブレで頂きました。

キューバ・リバーと英語読みされる事もありますが、
「リブレ」はスペイン語で「自由」の意味です。

オキナワン・リブレ。応援します。

お酒が入ると、皆んなと語り合いたくなりますね。
[PR]
by espana-miro | 2015-09-24 19:31 | お土産 | Trackback | Comments(0)

いただきました「アメリカ土産」

d0177560_19493318.jpg

アメリカに行かれてた、お客様からの頂き物です。
ハートの形のキャンディーチョコレート、美味しいです。
日本やヨーロッパの味とは、微妙にニュアンスが違いますね。
d0177560_10533253.jpg

スナック菓子?味付け海苔です。
テリヤキ&ワサビ風味。「山本山」監修なので、ちゃんとした味です。
うーん。クリスピー!
d0177560_1057174.jpg

そして、問題の?タイヌードル。
頂いた方からメールが来て、味見せずに買ったのだけど、実際に食べてみたら
「とんでもなく不味いので、食べないでください」!!!?

娘が帰ってきてるので、親子3名で実食です。

ずいぶん、パッケージの写真と違いますね。
麺が、ちぎれちぎれで、ショートパスタ?
ハーブは効いてます。塩味が弱いですね。酸味が微妙に控えめで。

「うーん。これは、味ポン入れたらええわい」と、言いだしたのは私の娘。
さすが!試作料理の味見役に育てただけあります。
的確なサポートでした。。。。。

日本の食べ物は何を食べても「それなりに美味しい」ですよね。
たまには、こういう不味い物を食べるのも刺激になりますね。
(ごめんなさい)

「いや最近、あんたのレストランで食べたよ」というコメントは受け付けませんので。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by espana-miro | 2015-02-25 11:13 | お土産 | Trackback | Comments(0)

いただきました「フランス土産」

d0177560_19412137.jpg

フランスに行かれるお客様に、
「料理雑誌を買ってきてください」とリクエスト。
(厚かましいお願いでした)
さらに、
「写真が多くて、フランス語が少ないもの」を指定。
(ますます厚かましいです)

来月の料理を考え中です。
知らなかった料理は、もちろん刺激になりますし、
知ってる料理も、景色が変わると見え方が違いますね。

ありがとうございました。

うー。もっと頑張らないかんね。
[PR]
by espana-miro | 2015-02-24 19:48 | お土産 | Trackback | Comments(0)

いただきました「水彩画」

d0177560_19352991.jpg

去年お客様が、当店を描いてくださり、河野美術館の今治市展覧会に出品。
その水彩画を頂きました。ありがとうございます。
うちの店を愛してくださってるのですね。感激です。
[PR]
by espana-miro | 2015-02-24 19:40 | お土産 | Trackback | Comments(0)

お土産を頂きました

d0177560_23165462.jpg

お客様から、お土産をいただきました。
松山の「ル・コアン・デザミ」さんの、マカロンです。
(決して、皆様にお土産を催促してる訳ではありません029.gif
休業日が重なる時が多いので、なかなか行けないのですが。
スーパー・グルメ・パティシエ。三宅さんのお店です。
[PR]
by espana-miro | 2014-11-08 23:23 | お土産 | Trackback | Comments(0)

琉球土産

d0177560_22455916.jpg

お客様から頂く、お土産を、御紹介する度に思うんです。
「これって、催促してないか?」011.gif

すんまへん。沖縄のお土産を頂きました。ありがとうございます016.gif

吟味された泡盛をフランス製の樫樽にて熟成。
コニャックのナポレオン風なグリーンボトルです。

山羊肉=ヒー。ヒージャーキーの、おつまみ付きです。
有名ホテル製の「チンスコウ」は、手が届かない場所に移動させます。
酔っぱらったら、すべて食べきってしまいますから。香里が「カッコ、おっかない」状態に!
d0177560_230176.jpg

泡盛美味しい!鼻に抜ける香りが、ほのかに、フランスのブランデーのようです。
薄く色が付いてるので、ブランデーグラスを燻らせるのが気分ですね。

ヒージャーキー、美味しいです!全然大丈夫です。
沖縄では山羊を汁物や刺身で食すとか。
次回は「刺身」をお土産に頂きたい!?032.gif

ふと裏を見たら、
「開封後は当日中にお召し上がりください」
当日中!?
10時半から頂いたので、「あと90分」です!

御心配なく。久々の夫婦の共同作業。15分で完食でした。
[PR]
by espana-miro | 2014-09-27 23:19 | お土産 | Trackback | Comments(0)

酒!

d0177560_2232813.jpg

お客様からの頂き物です。
沖縄・南大東島のサトウキビ製のラム酒です016.gif
このお酒「コルコル」を使った「ラム酒ケーキ」も一緒に頂きました。

ひとくち頂いて「これ、ピンガ!?」
ブラジルのサトウキビ製の蒸留酒です。
d0177560_22461544.jpg

ブラジルの伯父さん直伝のレシピで、カクテル「カイピリーニャ」をつくりました。

グラスにライムのスライスを敷き(レモンでもOK)
砂糖を加え、ぶしゅぶしゅ潰します。
氷を加え、ラム(ピンガ)を注ぐ。香里(家内)も大好きなカクテルです。

酔っぱらったら甘いものが欲しくなる私。(あなたも?)
長崎カステラを、丸々一本「まるかぶり」した経験があります。

もちろん、恵方に向かって。006.gif

危険なプレゼントやな。。。。058.gif
[PR]
by espana-miro | 2014-09-14 23:01 | お土産 | Trackback | Comments(0)

パリのお土産を頂きました

d0177560_1611480.jpg

フランス製のリプトンの、ルシアンアールグレイ、生姜風味です。
マダガスカルの「野生」!?の胡椒、枝付きです。
アフリカ産パール塩。真珠形の塩?!
ルイユ。ブイヤベースに添えたい!
カメルーン産の黒胡椒。
d0177560_16255453.jpg

マダガスカルの、枝付き野生胡椒です。ティースプーンに乗せて撮影。
森の中にある20メートルの木に登って手摘みするそうです。
噛んだら、少し柔らかくて、山椒の実?丁字っぽい?いや、やっぱり胡椒です。
独特の風味がまさに野性的です。
どんな使い方が良いですかねー
d0177560_16323931.jpg

アフリカの、塩湖に出来るパール塩。
口に入れると、優しい塩味が。
この形を生かす使い方は、どうすれば?

[PR]
by espana-miro | 2014-07-17 16:46 | お土産 | Trackback | Comments(0)

甘酒を頂きました

d0177560_15503997.jpg

「甘酒」って夏の季語だそうですね。
栄養がたっぷりで、夏の疲れた体に効く飲み物。

グラスに注いだら、米粒がドボドボ。あ?米麹か。
混ざってないのかと思い、瓶に戻して良く振って。。。。また注ぐ。
同じでした。いやいや、麹がたっぷり使われてるのですね。天然素材だけで、この甘み!

甘酒のイメージを一新する美味しさです。
充分甘いのに、この後味の爽やかさ。
食事の終わりのデザートにもなりそうです。
ワインをたっぷり頂いてからの、デザートワイン代わりにもなりますね。

とても美味しくて本格的な甘酒です。
(初めて知ったんですけど、甘酒ってアルコールが含まれてないんですね。
  昼間っからもいける!)
[PR]
by espana-miro | 2014-07-17 16:08 | お土産 | Trackback | Comments(0)

父の日、父母からのプレゼント

d0177560_19562575.jpg自宅の台所が、
ゴミ臭かったので、床下収納庫を調べたら
ガラス瓶に得体の知れない茶色い液体が。
「全部捨てとくね」と香里(家内)

唯一、ちゃんと密封されてる瓶に「梅酒」と書いている。
1956年は、私も生まれてないので、
昭和56年なのですね。お母様。
大丈夫そうだったので、また床下にしまいました。

d0177560_19534018.jpg

父母が、海外旅行してた頃ですから、
40年程前でしょうか。今は空港の免税品店も、街場の量販店も
値段は変わりませんが、当時は特別に日本の酒屋さん価格が高かった。

「洋酒は古くなると値打ちが上がる」と思い込んでいた父が、大事に置いていたのです。
ワインと違って、コニャックやアルマニャックは瓶内で熟成する訳では無いので、
「古酒」も、ただの古い瓶の酒。
実際に調べてみたら、コンビニで買うブランデーと同じ値段でした!

さすがに、コルクが痛み気味でしたが、
中身は全然大丈夫でした!美味しいです。!!

お父さん。お母さん。ありがとう。
[PR]
by espana-miro | 2014-06-16 20:30 | お土産 | Trackback | Comments(0)