たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

カテゴリ:デザート( 43 )

8月のデザート「ピーチメルバ」「はだかんぼう麦茶」

d0177560_15512949.jpg
木苺のムースに、桃のシロップ煮
白ワインのゼリーと、ホイップした生クリーム+シナモン。
メルバさんが考えた、ピーチメルバのイメージだと、
香里シュフ・パティシエールが言ってます。
d0177560_15514182.jpg
麦茶のプリンです。
東京の有名製菓店「エーグルドゥース」さんの本を参考にしています。
裸麦の麦茶を使うそうで、
「裸麦って何?」と夫婦で悩む。
調べたら愛媛が一番生産量が多いそうで、
「さいさいきて屋」さんに電話したら、
うちに置いてます。だって。

買ってきて驚いた。
毎日家で飲んでる麦茶だった。
あれって裸麦だったのね。
どこかで聞いたような気がしてました。

ミルクシャーベットを添えています。
マルタ島のレモン塩も添えています。
d0177560_16055479.jpg



[PR]
by espana-miro | 2018-08-22 16:08 | デザート | Trackback | Comments(0)

5月のデザート「柑橘・いちご」

d0177560_19142723.jpg
もう今日で終わった、5月のコースですが、
デザートの評判が良くて!

デザートは香里(家内)が作ってます。

紅茶のムースの上に、紅茶のゼリー、
シャンティークリームに、柑橘のコンフィチュール。
メレンゲを低温のオーブンで焼いたものには、
ココナッツが入っています。
柑橘は、紅八朔・河内晩柑・小夏など。
d0177560_19143727.jpg
バニラのムースに、いちごのシャーベット。
この写真は違いますが、
キウイーと、いちごを練乳で和えたソースを。
フイアンティーヌと、
ホワイトチョコレートで作ったクラムも乗っけてます。

5月30日(水曜日)のディナーから、
6月の料理に変わります。
明日は試作の日。頑張ります!




[PR]
by espana-miro | 2018-05-28 19:31 | デザート | Trackback | Comments(0)

4月のデザート「苺・桜」

d0177560_19593840.jpg
4月の料理も残すところ、あと一日。明日(月曜日)までです。

一皿目のデザートは、赤ワインのゼリーに、アングレーズソース。
木苺のソースとシナモン風味の苺。
ピスタチオのパウダーもふりかけています。

私が調理師学校で習ったゼリーは、
硬いのは絶対にダメ!
口に含んだら直ぐに解けるような硬さで。と。。

香里(シュフ・パティシエール)は硬めに仕上げます。
「コーヒーゼリーは?柔らかい方が美味しい?言い切れる?」
そんな風に言われたら。。。

うーむ。この硬さが正解です。
d0177560_20102932.jpg
二皿目のデザートは、抹茶とヨーグルトのムース。
塩漬けの桜が入った、桜の塩アイス。

向こう側のストローが刺さったものは、この写真の提供者さんが
飲まれてるアイスコーヒーです。
本当に、上手やね。
ストローのラインと、抹茶パウダーのラインを同調させてます。


d0177560_20135134.jpg
抹茶のシロップと、チョコレートのソースで、ドット柄。
草間彌生ワールドに少しでも近づきたい!

桜の塩アイスを、もっとクルンクルンな、まん丸に盛り付けたかったな〜

苺一会。桜散る。ですか。





[PR]
by espana-miro | 2017-04-23 20:27 | デザート | Trackback | Comments(0)

10月のデザート(今日で終了しましたけど)

d0177560_20301432.jpg

クリームチーズのムース・ミルクシャーベット・柿の蜂蜜と杏露酒マリネ
少し塩っぱいムースと甘い柿の組み合わせです。
d0177560_20345827.jpg

「モンブラン」
下にスポンジ、赤いソースは木苺です。
サクサクのクッキー生地も挟んでいます。
大昔に、パリのアンジェリーナさんで頂いた本物は、下にメレンゲをパコパコに焼いた物が
敷かれていたので、香里(シュフ・パティシエール)は、上にトッピング。

デザートは全て家内(香里)の作品でございます。
来月のデザートも色々と考えてるみたいです。

私も負けんように、頑張ります。
[PR]
by espana-miro | 2016-10-24 20:45 | デザート | Trackback | Comments(0)

9月のデザート

d0177560_20484015.jpg
すみません。今日で9月の料理は終了です。
水曜日のディナーから、10月の料理になります。

今日で終わった、9月のデザートの一品目。
ピスタチオのムースに、グレープフルーツ・白ワインのゼリー
不思議な組み合わせ?と私は思いましたけど、
香里(家内・シュフパティシエール)の渾身(?)の作品です。
最初に口に含んで.
おお!美味しい!が私の感想です。

d0177560_20485205.jpg
今年は、イチヂク豊作だったのではないですか?
安くて美味しいのが沢山売られてました。
イチヂクのタルトにナッツ。
イチヂクのシャーベット。

10月のデザートでは、地元産の栗・柿を使います。
試作段階でも、なかなかいい感じです。
乞うご期待!



[PR]
by espana-miro | 2016-09-26 20:59 | デザート | Trackback | Comments(0)

フィナンシェを作りました

d0177560_18253340.jpg

シュフ・パティシエール(香里)が、フィナンシェを作りました。
バターたっぷりなリッチな味です。

クッキーと共に包んでみました。
d0177560_18271876.jpg

[PR]
by espana-miro | 2016-03-09 18:32 | デザート | Trackback | Comments(0)

2016年・ 1月のデザート

d0177560_1931133.jpg

ホイップした生クリーム(シャンティー)・オレンジ・くるみ・蜂蜜
南スペイン・マラガの名物デザートです。
それに、オレンジのゼリー、ミルクシャーベットを加えました。
柑橘類は、愛媛産のネーブルや「はるか」や「ポンカン」等を使います。

d0177560_19363237.jpg

ラム酒を使ったムースです。
下に、クラム(クッキーを砕いた)ラム酒漬けのレーズンを敷いています。
苺との相性も良いですね。

シュフ・パティシエール(香里)の、新年の作品です。
[PR]
by espana-miro | 2016-01-22 19:39 | デザート | Trackback | Comments(0)

9月のデザート「ブドウ・イチヂク」

d0177560_22532972.jpg

マスカルポーネのムースに、葡萄のゼリー。さらにブドウをトッピング。
d0177560_22534852.jpg

ローストしたアーモンドが入った、ムースグラッセ。
ムースを凍らせた物ですね。
イチヂクのシャーベットを添えています。
写真では見えませんが、イチヂクのコンポートも敷いています。

「コンポート(砂糖煮)に、お酒加えたいんやけど」
「何がいい?」と、デザート担当の、シュフ・パティシエール(香里=家内)が。

ラム?ブランデー?うーん。。。無花果?難しいなーと、考えてたら。。

これなんかどうやろ?と香里(家内)
d0177560_2254871.jpg

へ?!パチャラン?

瓶の蓋を開けて、クンクン。してる。
これ、イチヂクに合うと思うわ〜。だって。

やってみたら、ほんと!合うんですねー。無花果に。
「パチャラン」は、スペインのリキュールで、プラムに似た果実から出来ています。
以前、バルセロナのバールで、パチャランをロックで注文したら、
「こいつ、何者?」って顔をされたので、それが楽しくて。。へ

でも、このリキュールをデザートに使うなんて。私には、出来ない発想ですね。

先日、製菓のベテラン先生に、お会いする機会があって。
うちの、主婦パティシエールは、素人なんですよ。独学でやってるんです。と話したら。

「素人で始めても、20年以上やってるんだったら」
「もう、プロでしょう」って言われました。

うん。プロになりましたねー
[PR]
by espana-miro | 2015-09-25 23:18 | デザート | Trackback | Comments(0)

6月のデザート

d0177560_21294399.jpg

泡に塗れて見えませんが、下に、コーヒーのゼリー。
更にコーヒーのムースも。

ムースは、エイグルドュースさんのレシピを参考にしています。
凄い柔らかいムースです。
ゼリーの方は、普通の硬さ。って言うか、ムースを引き立てる硬さです。
デザート担当シュフ(香里)腕を上げてますね。
泡は、キャラメルミルク。私(夫)が担当しております。

d0177560_2129513.jpg

クリームチーズのムースと、チョコレートのムースを重ねた、ケーキ。
アメリカンチェリーのコンポート、ブルーベリー、
イチゴのシャーベットを添えています。

写真は、キウイーのシャーベットです。(試作時の写真ですので)
本当は苺だけど、
一期一会な、キウイーです。
[PR]
by espana-miro | 2015-06-07 21:43 | デザート | Trackback | Comments(0)

5月のデザート「マンハール・ブランコ」「チョコ・バナナ」

d0177560_1375728.jpg

アーモンド風味のムースのようなデザートが、スペインで「マンハール・ブランコ」と呼ばれていて
フランスの「ブラン・マンジェ」と同じものだと思っています。
イチゴと、イチゴのピューレを合わせました。
ミルクのアイスクリーム(ミルクシャーベット)には、バーボンウイスキーを加えました。
イチゴのモワッと立ち上る香りと、バーボンの香りが合うと思ったからです。
結果。大成功でした。029.gif

先日、ペルー料理店「ベポカ」さんで、デザートを頂いたら、
「マンハール・ブランコ」として、ミルクを煮詰めたキャラメル状のクリームが出てきました。
アルゼンチンでは「デュルセ・デ・レーチェ」(甘い・デ・牛乳?)と呼ぶそうで、
「スペインと違いますね」と言ったら「スペインでもこれでしたよ」と。

マンハール・ブランコ「食べはーる・白いの」と言う意味だから(?)
いろんな言葉の捉え方ができるのでしょうね。

(1)白いアーモンドと白い牛乳をゼラチンで固めたお菓子、食べはーる?
(2)白い牛乳を煮詰めたペーストのお菓子、食べはーる?

ベポカ」さんは、料理も美味しいし、サービスの人達の料理の説明も楽しめるいいお店です。
おすすめですね。
d0177560_13879.jpg

ココア風味のクレープで、バナナとクリームを巻き、凍らせます。
温かい皿に盛って、表面をバーナーで炙り、客席で温かいチョコレートソースをかけます。
愛媛の柑橘も乗せてます。

新居浜の中国料理店「華月」さんで頂いたクレープを凍らせたデザートを、パクリました。
バナナとチョコレートの組み合わせで、懐かしい味になりました。
[PR]
by espana-miro | 2015-05-24 14:12 | デザート | Trackback | Comments(0)