たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 254 )

オルグイユさんでディナー

d0177560_23075010.jpeg
d0177560_23081594.jpeg
d0177560_23084617.jpeg
d0177560_23091280.jpeg
d0177560_23094296.jpeg
d0177560_23102815.jpeg
d0177560_23110837.jpeg
d0177560_23113651.jpeg
南青山の「オルグイユ」さんでディナー。
フランス料理の基本に沿ったしっかりとした料理です。
随所に工夫が施されますが、それがギラギラしてなくて、アピール度は控えめです。

「解る人」だけに向けたターゲットを絞った姿勢ですが、
決して高飛車ではありません。

「昇り調子」
今ならまだ予約が取りやすいかも。
私の勝手な推測ですが。

帰りに数秒会話しただけの印象ですが
人柄が料理に出ています。
チャーミングなシェフとソムリエさんの二人三脚。

シャンパンとのペアリングで注文しました。
d0177560_23542655.jpeg
d0177560_23544503.jpeg
d0177560_23550716.jpeg
d0177560_23552776.jpeg
d0177560_23555251.jpeg




[PR]
by espana-miro | 2016-06-01 23:05 | Trackback | Comments(0)

ラデュレで朝食を

「2月5日・曇り後雨・時々晴れ後曇り」

ティファニーでは朝食を道端で食べますけど、こちらでは店に招き入れてくれました。

30年前にこの店の前を通りかかり、お茶でも。。。と。、、、
あまりにもハイソな、マダム達に恐れをなして退散しました。

あれから30年。。。
娘のリクエストです。ほんじゃ、上流水でも飲みましょうか。

d0177560_226262.jpg

d0177560_2262220.jpg

フレンチトースト・プレーン
外がカリカリで、砂糖が軽く焦げたキャラメルのような香りがします。
中はしっとり。シャンティー(ホイップクリーム)が添えられています。
d0177560_229950.jpg

フランボワーズ(木苺)、木苺のコンフィチュールが添えられています。
「薔薇のシャンティーもお持ちしますか」と尋ねられます。

おんなじ値段なら、そりゃ持ってきてもらうわいね。!
庶民には考えられない質問です。
d0177560_2334033.jpg

紅茶は「ラデュレブレンド」だったかな?
d0177560_2343515.jpg

30年前のバックパッカーが、娘とここで朝食を摂ってるなんて。
人生って、不思議なものですね。
d0177560_2371386.jpg


この店に限らず、パリの人々は皆、親切でした。
私の事を、まるで紳士のように扱ってくれました。

「フランス人は性格が悪くて、特にパリの人は意地悪だ」と、言い続けてました。
すんまへん。あやまります。
30年経つと、世代交代。意地悪だった人々は、もうこの世にはいないのですね。きっと。
d0177560_245421.jpg

[PR]
by espana-miro | 2016-02-10 02:48 | Trackback | Comments(0)

9月の料理「秋の季語」

d0177560_19333993.jpg
右は、スイカとトマト・オリーブオイルをミキサーにかけた、
「ガスパチョ」です。
東京のカタルーニャ料理店「カサ・マイヤさん」で、以前頂いて。

「これ、あったね」「ああ、作ってた」と思い出して。

スイカって、夏が来る前が美味しいと聞いてたので(今治の、割烹・瀬戸の玉井さんから)
出すのは、来年かな?と思ってたら、
テレビ朝日の、気象予報士さんが「スイカは秋の季語です、知ってました?」

じゃー、9月の料理で出してもええやんか。

Suica忘れて あきの空 ICチップ埋め込んでと そっと手を見る 

一句捻っときました。
(最近、東京によく行くので)

左は難波割烹のレジェンド「上野修三さん」の御本からの「パクリ」
「蛸の酒縮」(たこのさけちり)日本酒で、さっと煮るんですよね。
梅肉のドレッシング(ソース)をかけます。
茹でたポテトを添えたのは、スペイン料理育ち(?)の私のオリジナルですが。

オリーブオイルをかけるのも、上野修三さんからの指南です。
この後、料理名は、さすが日本料理!「佐良妥」(サラダ)と続きます。
お苦しく、ございませんか?

先ほど「一句捻った」私が言うことではありませんね。すんまへん。

[PR]
by espana-miro | 2015-09-16 20:34 | Trackback | Comments(0)

5月の料理「三品盛り」

d0177560_15043465.jpg
左から
 筍を味醂と塩で煮て、ブルーチーズ・生クリーム・蜂蜜で作ったクリームで和えます。
 木の芽を乗っけてます。ブルーチーズのピリッとした味と相性が良いと思います。
 もちろん筍&木の芽は最強のコンビ。茗荷・カイワレ大根のみじん切りも加えています。
真ん中
 アボカド&メキシカンサルサに、地魚のマリネを合わせています。マリネと言っても昆布塩で味付けしただけです。刺身かな。
 マルタ島産の黒オリーブペーストを添えました。
右側
 ワラビ・蕗は、塩と味醂で煮ます。生の独活も加えて、ムセリナ(アリオリみたいな)を乗せてバーナーで焼き色を付けます。
スペイン産の生ハムを添えました。

筍やワラビ・木の芽は、朝倉の母(義母)が取ってきてくれるので助かります。
筍は、今日から「ハチク」に変わりました。

[PR]
by espana-miro | 2015-05-12 15:19 | Trackback | Comments(0)

明けましておめでとうございます

d0177560_13543252.jpg
d0177560_13545016.jpg
d0177560_13550503.jpg
明日、2日より営業します。
本年もよろしくお願いいたします。

[PR]
by espana-miro | 2015-01-01 13:53 | Trackback | Comments(0)

昔、住んでた町

d0177560_13445068.jpg


アルバイトしてた文房具屋さんへ。
35年の時間と空間をワープ。
バリィさんのゴーフルを手土産にして。
[PR]
by espana-miro | 2012-02-05 13:44 | Trackback | Comments(0)

焼き豚卵飯のルーツ?

d0177560_15332969.jpg


野菜たっぷりが嬉しい。
[PR]
by espana-miro | 2012-02-04 15:33 | Trackback | Comments(0)

なん、中華。台湾料理

d0177560_13421811.jpg

[PR]
by espana-miro | 2012-02-04 13:42 | Trackback | Comments(0)

横浜美術館

d0177560_1337558.jpg


ルーブル&オルセーみたいな。
松井冬子展は、香里(家内)の希望で。
一人旅じゃないんですよ。
[PR]
by espana-miro | 2012-02-04 13:37 | Trackback | Comments(0)

ヨコハバ

d0177560_13113062.jpg


ヨコハバ、タテハバ。。
よく食べ、よく飲み。。肥った。
[PR]
by espana-miro | 2012-02-04 13:11 | Trackback | Comments(0)