人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

ポップ・アイ


なぬ?像と旅するロードムービー、てか?
タイでは普通な事なのかな?と思いながら、観始めましたけど、
みんな、驚くんですね、やっぱし。
「これ、あなたの像なの?」って。
だから、
決して、ありえない話では無いようです。

老人の扉を開けた主人公。もうこれだけで感情移入です。
バッド・ジーニアス」にも出演してた俳優さんが主演ですので、
お馴染み感も有りで。ゆったりと、鑑賞できました。

寛容な心。往年のハリウッド映画にも、温かな「ロードムービー」がありました。
現在は、アメリカ製で、こんな映画を作るのは難しいですか?
今こそ「アジア文化圏」の「優しさ」を世界に発信する時なのかも。

# by espana-miro | 2019-06-08 21:53 | 映画 | Trackback | Comments(0)

6月の料理「七折小梅」

d0177560_17212919.jpeg
d0177560_17214032.jpeg
七折小梅は、愛媛・砥部町の名産品です。
お酢と、蜂蜜に漬けます。
写真は、一年前に漬けたものです。

d0177560_17232304.jpeg
NHKの「きょうの料理」で、
この梅漬けの、シロップを使った料理が紹介されていて。
その料理とは全く違うですが、オリジナルで、やってみました。

愛媛産の豚肩ロース肉を蜂蜜でマリネします。
火を通して、野菜類を添えます。

テーブルで、一年前の、梅・蜂蜜・お酢のシロップをかけます。
シロップは、一度沸騰させて、柔らかな酸味にしています。

豚肉を蜂蜜でマリネすると、柔らかくなります。
昔、TBSテレビの朝の番組「はなまるマーケット」で、
岡江久美子さんと、やっくんが紹介していて。
それからの、お付き合いです。

豚肉は甘くなりますが、梅酢との相性が
良くなりますね。

d0177560_17233060.jpeg
おすすめコースでは、ニュージーランド産の仔牛です。
フォアグラのソテーも合わせています。

仔牛に砂糖を振りかけて、バーナーで炙ります。
キャラメル状態です。
この甘みと、フォアグラの「こってり」が梅酢に合うと思います。



# by espana-miro | 2019-06-07 17:41 | 料理 | Trackback | Comments(0)

生きてるだけで、愛

日本映画も結構観てるんですけどねー
なかなか、良いのが無いですねー

この映画も期待しないで、借りてきたんですけど、
これ傑作!です。

役者陣が最高です。菅田将暉はもちろん上手いです。
主演女優さんも役にぴったりで、繊細で壊れ易くて。切ない表現がグッときます。
仲里依紗の危ない演技!素晴らしいです。
「私よりも、症状ひどく無いですか」って言われて、笑ってしまった。

田中哲司は名優なので、いつも素晴らしいけど、
今回特に「優しさ」の奥にある何かを表情・雰囲気だけで醸し出させて。

劇映画・初監督作だそうです。
デビューして、いきなり名監督。
秀逸な脚本に、確かな演技。ハッとする美しさを見せる映像。
音楽もピッタリと寄り添っています。

「バカ女に長々と付き合わされる最低の映画」との感想を持つ人もいるようです。
よくわかります。とても健全に育った人なら、そんな受け止め方になるでしょう。
とても幸せな人なのだと思います。

ヒットもしてないし、評論家受けもイマイチで。
そんな映画ですが、
私たち夫婦にとっては、名作です。
やっぱ二人とも、心に闇を抱えてるっツー事なのですね。

# by espana-miro | 2019-06-03 15:27 | 映画 | Trackback | Comments(0)

近頃の香里(家内)の作品集

d0177560_14412279.jpeg
d0177560_14395556.jpeg
d0177560_14392817.jpeg
d0177560_14392075.jpeg
d0177560_14404166.jpeg
d0177560_14405245.jpeg
d0177560_14401177.jpeg
d0177560_14400530.jpeg
d0177560_14401539.jpeg
d0177560_15035960.jpeg
d0177560_14390825.jpeg


# by espana-miro | 2019-06-02 15:07 | 草花 | Trackback | Comments(0)

6月の料理「ガスパチョ」

d0177560_01323500.jpeg
スペイン料理のガスパチョは、
玉ねぎ・にんにく・パン・胡瓜などが入りますが、
今回は、トマト・パン・塩・バルサミコ少し・オリーブオイルだけです。

メロン・スイカ・マスカルポーネを添えました。
数年前には、トマト・メロンをミキサーにかけたガスパチョを作りましたが、
その発展系ですね。

世界中の料理人がオリジナルのガスパチョを作ってます。
北欧ではフルーツやビーツを使ったり、
北米では、タバスコやハラペーニョを使ったのが人気だそうです。

ブラジル生まれの音楽、ボサノバが、今も世界中で愛されて、
ボサノバの「新曲」がどんどん生まれている。
そんな状況と似てますね。

料理人の持つ、文化的な背景がミキサーにかけられている。
そんな感じですかね。

なぜに長々と関係ないことを書いてるかと言うと、
先日の大阪のフランス料理店の料理をパクったからです。
105.png
とても甘いトマトと、国産のフレッシュチーズの組み合わせです。
d0177560_02063296.jpeg



# by espana-miro | 2019-06-01 02:07 | 料理 | Trackback | Comments(0)

2019年6月の料理です

d0177560_04091575.jpg
d0177560_04093459.jpg
d0177560_04094330.jpg

# by espana-miro | 2019-05-29 04:10 | 料理 | Trackback | Comments(6)

5月の料理「鴨・苺・白味噌」

d0177560_15080878.jpeg
ハンガリー産の鴨胸肉です。
パート・ブリックに包んで焼いた、空豆・キュウリを敷いてます。
ソースは、苺のピューレと白味噌を混ぜたものです。

「え?このソース、たったそれだけ?」と香里(家内)

へー、スンマヘンね。

器は、東京の「備後屋さん」で買った、小鹿田焼です。


# by espana-miro | 2019-05-26 15:15 | 料理 | Trackback | Comments(0)

6月の休業日のお知らせです

d0177560_15052554.jpg
今、決まってる休業日です。
他にも数日休業日を設けます。
決まり次第にお知らせします。


# by espana-miro | 2019-05-26 15:06 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

運び屋


「人生で一番大切なもの」とは何か?

全編にこのテーマが貫かれて、淡々と物語が進みます。
アメリカに限らず、現代人が抱える心の闇も、
こんな主人公なら乗り越えて行ける。そんな気持ちにさせられました。

イオンシネマで上映、今日が最終日。映画館で見る事ができて良かったです。
レンタルになったらまた観たい。いやDVDを購入して何度も繰り返し観たい。
傑作中の傑作!です。

# by espana-miro | 2019-05-23 16:56 | 映画 | Trackback | Comments(0)

5月の料理「グリンピース・筍・スパイス風味」

d0177560_21301426.jpeg
この季節には、グリンピースのスープを毎年作ってますが、
冷製のスープにしました。

手前は、地元産のエソのすり身を、ココナッツミルクで煮て、
オレガノ・クミン・コリアンダーで風味づけしています。
朝倉のお母さんが、取ってくる「筍」も入っています。

昔(って言うか、たったの)25年ほど前に、常連のお客様がいて。
その方、グリンピースが苦手なお客様だったのです。

モワッとする香りがだめ。

ふーん。

それならば、あなた(そのお客さま)が好きな
「カレー」風味にしてみましょうか。
(城東橋の近くにあったカレー屋さんがお気に入りだった)

鶏肉を、カレー風味なスパイスで香り付けして、
串に刺して焼き、スープに添えました。

どう?
☺️

うん。やっぱりあかん

そんな思い出からの料理です。




# by espana-miro | 2019-05-22 21:52 | 料理 | Trackback | Comments(0)

5月の料理「メネストラ?・ドゥグレレ?」

d0177560_22341811.jpeg
右側が「メネストラ」
スペイン料理の野菜の炊き合わせをイメージしています。
ズッキーニ・アスパラ・フキは、昆布・塩・砂糖で煮ています。
スナックえんどう・インゲン・オクラは茹でただけ。

温泉卵・オリーブオイル・塩を混ぜて、フライパンで加熱して、
トロリとしたソースを流しています。
スペイン産の生ハムを添えました。

スペイン料理店の看板を下ろして、数年経ちます。
オタク何料理?と尋ねられる事があって。
自信はないけど、創作西洋料理(?)と、お答えしています。
でも「スペイン料理」では無いと、はっきり言えますね。

左側が「デュグレレ」
フランス料理の「舌平目のデュグレレ」からの発想です。
舌平目に、魚のだし汁や、白ワイン・トマト・エシャロット
マッシュルーム・生クリームで出来たソースを使った料理です。

そのソースを野菜料理として、
マッシュルームを地元産の椎茸に置き換えました。
ワインも使わず、エシャロットも使わず、
エノキ・エリンギのキノコの旨味で代用しています。

今回この記事を書くにあたって、調べてみたら、
マッシュルームを使うのは、アレンジで、
基本的には必ずしも、キノコを使う料理では無いと判明。
私が習った時の(38年前の、辻調理師専門学校・フランス校にて)
その料理のイメージからなのです。

どうするん。

今更。

もうええわい

うちは、フランス料理店では無いと、確実に言えますね。

148.png




# by espana-miro | 2019-05-20 23:21 | 料理 | Trackback | Comments(0)

エッサンシエル さんでランチ

d0177560_19174716.jpeg
d0177560_19182885.jpeg
d0177560_19190218.jpeg
d0177560_19192485.jpeg
d0177560_19200222.jpeg
d0177560_19203126.jpeg
d0177560_19211080.jpeg
d0177560_19213165.jpeg
d0177560_19220413.jpeg
d0177560_19223157.jpeg
d0177560_19225794.jpeg
d0177560_19231937.jpeg
美術館の近くの、モダンフレンチのお店です。
フレッシュな素材感で、美味しさの輪郭がはっきりとしています。
フランスの超有名店で修業されていますが、軽やかな仕上がりが、とても現代的です。
世界料理である「フレンチ」のカテゴリーの中で、
「大阪」に存在する意味。
そして、この場所から発信している料理人の感性に感銘を受けました。

私も頑張ります。110.png
ほんと、良い1日でした。





# by espana-miro | 2019-05-17 19:17 | 食べある紀 | Trackback | Comments(0)