人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

2018年 09月 19日 ( 2 )

9月の料理「ヨーグルト・胡瓜のフライ・魚」

d0177560_18035247.jpg
d0177560_18024948.jpg
NHK・今日の料理のテキストに、
キュウリを塩もみして絞り、かき揚げにする料理が載っていて、
早速パクりました。

キュウリに何を合わせる?
インドや中近東に、ヨーグルトと胡瓜のサラダがあるので、
ヨーグルトソースを作りました。
木苺のピューレ・マヨネーズ・塩・砂糖。

新大久保のトルコサンドイッチの屋台で食べた、
ファラフェル(エジプト豆のピューレのフライ)にヨーグルトを思い出し、
ファラフェルも添えています。

魚のソテーと、揚げて甘みが増した胡瓜とヨーグルト。
バランスよく収まったかな?



by espana-miro | 2018-09-19 18:45 | 料理 | Trackback | Comments(0)

9月の料理「仔羊のタルタルを焼く」

d0177560_18023712.jpg
お客様のブログから、写真を拝借しました。
仔羊は小さく切ってハンバーグ状態に。
夏野菜の煮込み(ラタトゥイユ・サンファイナ)ゆで卵・アンチョビー・ケーパー
卵黄・はちみつ・マスタードで作ったマヨネーズを添えています。

2016年にパリに行った時のレバノン料理が元ネタです。
d0177560_18213577.jpeg
生の仔羊のタルタルです。
メニューには普通に「牛肉のタルタル」もあったのですが、

仔羊?生で食べるの!と。
迷わずに注文。人生初の「生仔羊肉」
かなりニンニクが効いてました。
オリーブオイルが表面に浮かんでいます。
温度は、調理場の温かいところに、15分以上放置したような生温かさ。

他のレバノン料理はどれも大変美味でしたのに、
これだけは、完食できませんでした。
うーん、ごめんなさい。

「これを焼いてください」とは言えないので、
今月の料理で、焼いたタルタルステーキを考案。
羊肉は食感が残る大きさに刻みます。
生の赤タマネギは塩もみして洗い、みじん切りにして、
生のまま肉に混ぜます。タルタルステーキですので。
ニンニクを使うと嫌な思い出が蘇るのでカット。
卵・ケーパー・アンチョビーも、タルタルステーキからの発想です。
d0177560_18170678.jpg
おすすめコースでは、フォアグラを添えました。
試食してから、しばらく置き、冷めたものを再び食べてみたら、
ヨーロッパ風味のテリーヌのような味でした。


by espana-miro | 2018-09-19 18:35 | 料理 | Trackback | Comments(0)