たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

2018年 03月 11日 ( 1 )

パターソン

「詩」とは、こう言うものだったのですね。
自分が生きてきて感じた、内側から発せられる思いを
言葉で表現する。かな?

俳句を始めた人が言ってました。
物の見方が変わった、物事が新鮮に視える。と。

特に事件が起こる物語ではありません。
夜中に、うたた寝しながら観た時は、
え?これで終わり??

2回めにちゃんと観たら、ああ。ジム・ジャームッシュ!

劇中の「このマッチ箱のデザインが好き」に代表される、
一人一人が持ってるセンス・価値観を映画に。

この名監督の作品で一番好きなのが、
誰も話題にしない作品です。今や、なかったこと的な?
描かれていたのは、感受性・センス、だと私は思っています。

この映画は、その続編。(私の勝手な解釈ですが)
ダサい、価値観の奴らを駆逐した前作に対し、
今作では、
普通の人々を題材に、「幸せ」の価値観・センスを映画にしました。

昨年、上京した折に新宿武蔵野館に観に行ったら、
チケット完売でした。
平日の午後4時の回でチケットが売り切れ?
東京の人たちって凄いわ!田舎人間は、しばし呆然でした。

やっとレンタルで鑑賞。手元に置いておきたい作品です。
WOWOWで放映されたら、録画しましょう。

[PR]
by espana-miro | 2018-03-11 19:54 | 映画 | Trackback | Comments(0)