たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

2018年 03月 02日 ( 2 )

エル ELLE

イザベル・ユペールの映画は、ここんとこ、ずっと追っかけてます。
まさに、今が旬です。

え?こうなるの?なんで?的な展開です。
ラストシーンが、女の友情の場面で。
「女の人って、こうなん?」と家内(香里)に尋ねたら、
「いやそれは〇〇●✖︎やけんよ」(ネタバレになるので伏字で)
うーーん。

私の脳みそでは理解できない、人物描写です。
「普通は」
被害にあった女性は、こう考えるとか、
男はこう、かんがELLEとか。
親子は、こんな感情を持つとか。。。
これは、フランス人だから?とか。
いつの間にか、私も刷り込まれてるのかも知れません。
本当は人間の感情って、歪に出来てるんですよね。
今までの映画では描かれなかった部分を表しているのだとすれば、
この映画、傑作!なのでしょう。
もう一回言いますけど、私、わかりません。

分からないけど、自分の中の歪んだ変態な部分が揺さぶられた感が、ありで。
少し時間を置いて、もう一回観ましょう。


[PR]
by espana-miro | 2018-03-02 15:25 | 映画 | Trackback | Comments(0)

3月の料理「春トマト・新じゃが・うど」

d0177560_07531586.jpg
d0177560_07532395.jpg
春先に温室で育ったトマトが、
一番美味しいとの説があります。
昼間に太陽を浴びて、
夜はぐっと冷え込むのが、
原産地のアンデスの環境に近い。
そんな案です。

鯛のマリネを添えました。
新玉ねぎ・カブ・ナンプラーのドれッシング・
マルタ島の黒オリーブペーストも乗っけてます。

新ジャガイモに、エソのすり身のソテーを合わせました。
南仏プロヴァンスのミックスハーブを加えています。
鱠を買ってきて捌いて擂り身にするのは、とても大変ですが、
近くの魚屋さんが擂り身にして売ってくれるので、
助かります。
マヨネーズ・蜂蜜・アンチョビーで作ったソースを乗っけます。

独活と、紅八朔・キヌアを、
酢・塩・オリーブオイルのドレッシングで和えてます。
表面を炙った平貝・イカを添えました。


[PR]
by espana-miro | 2018-03-02 08:25 | 料理 | Trackback | Comments(0)