人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

2016年 10月 14日 ( 1 )

アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち

素晴らしい映画です。
予告編は重い印象ですけど、本編ではテンポ良く物語が進んで、
退屈する時間がありません。

違う話ですが。
黒柳徹子さんが、日本のテレビ創生期の時代を語り、
「どうでもいいって思ってる人はいなかったわね」
「みんな真剣に一生懸命やってました」と語っていました。
今は、かなり違うと言う意味なのでしょう。

この映画で描かれる当時のテレビ界では、
キューバ危機や、ロシアの宇宙開発のニュースが、同時に起こり。視聴率競争(か?)も。
今は、タレントの不倫も、政治家の汚職も、原発問題も、ピコ太郎も、競争してます。
やっぱ。あの時代。テレビ創生期の人たちは真剣だったのですね。

「人間であることを拒否したアイヒマンは、人間の大切な質を放棄しました。それは思考する能力です。
 その結果、モラルまで判断不能となりました。
 思考ができなくなると、平凡な人間が残虐行為に走るのです。」
         映画/ハンナ・アーレント から。

「めざましテレビ」の星占いで(テレビ愛媛・フジテレビ系列)
    運勢は最悪の12位やけど、厚揚げの料理食べたらええよ。
     と言われて。
 セブンスターで、賞味期限・明日までを、買うてきた私。

  やばい。思考停止状態や。



by espana-miro | 2016-10-14 21:37 | 映画 | Comments(0)