人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

2015年 02月 06日 ( 1 )

私の、息子


母と娘を描いた映画「愛する人」は素晴らしい傑作映画でしたけど、
「母親&娘」なので、男(息子であり父でもある私)には、
ふーん?そうなんだ。。。と、少し距離を感じました。

今作は「母と息子」です。もう身につまされます!
「母親に愛されてる」実感なんて、当事者は持てないですよね。
逆に、ウザい!とか。。
年を重ねてやっと分かるけど。。。天国のお母さん、ごめんなさい。。

私の脳味噌では理解しがたい映画が多くて苦手な「ベルリン金熊賞」ですが、
この映画は分かりやすかったです。
ラストシーンのカメラワークの美しさが、特に印象的です。
by espana-miro | 2015-02-06 15:51 | 映画 | Trackback | Comments(0)