人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

2014年 03月 11日 ( 1 )

共喰い


前から観たかったけど、やっとレンタルになりました。

素晴らしい映画です。
ドロドロとした、不快になりがちな題材を
出演者達の魅力で魅せます。
特に、主演の若手俳優のピュアな素材感。
その生かし方が見事です。

父親役の、光石研の屈託の無い笑顔。
田中裕子がラストで、父親に向かって行くシーンは、
「グラン・トリノ」の、イーストウッドを彷彿とさせます。
これ以上は無い、キャスティング。

昭和最後の年が、重要なキーワードとなっています。
根底の主張を、演説口調ではなく、映画的に描いた所も
見事でした。

More
by espana-miro | 2014-03-11 14:00 | 映画 | Comments(0)