人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

2013年 10月 11日 ( 1 )

10月の料理「セビーチェ」

ペルーの料理で、生の魚介をレモン汁等で和えた「セビーチェ」
バルセロナで、只今流行中の料理です。
マリネじゃないの?と思われるかもしれませんが、
「マリネ」とは、漬け込むと言う意味なので違うんです。
食べる直前に、さっと混ぜるだけなのです。

最近知ったのですけど、ペルーには色んなバリエーションがあって、
火を入れて温かいセビーチェとか、野菜だけのセビーチェとか、
鶏肉のセビーチェもあるそうです。

刺身用の魚介の宝庫、今治で料理を作ってるので、
自分なりの「セビーチェ風」料理を考えてみました。
d0177560_2119455.jpg

真ん中から
「イカのセビーチェ」
 今は、モンゴウイカが沢山捕れてますねー
 
 今治産の、カボスが安く売られていたので、レモンの代わりに使いました。
 カボス汁・塩・バスク産エスペレット(唐辛子)・砂糖・水・コリアンダー(種のパウダー)
 
 あらかじめ塩胡椒したイカにかけます。赤い玉ねぎ・パセリも添えます。

左のグラス
 「白身魚のセビーチェ」
  鯛・スズキが多いですが、太刀魚(たちうお)の刺身、黒鯛(チヌ)の刺身、イサキの刺身とか
  普通に今治のスーパーで売ってるので、その日の刺身用の魚を使います。

 イカで使った「味付けカボス汁」に、マヨネーズを加えました。
 赤い玉ねぎ・パセリ
 トマトのシャーベットも添えています。

右の器
 「鯖のセビーチェ」
  サバは、火を通してから冷ましています。
  赤い玉ねぎ・パセリ
  「味付けカボス汁」に、柚子胡椒を加えています。
  

基本的なセビーチェの作り方です。
パセリのような緑の葉っぱは、コリアンダー(香菜)です。
緑の細い唐辛子を使ってます。「ハバネロ」と言ってます。うっっへ^辛そうです!
私は、ニンニクを使いませんでしたが、本当は使うのですね。

白身の魚は、今治の方が新鮮なのが手に入ると思います。
by espana-miro | 2013-10-11 21:51 | 料理 | Comments(0)