人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

2013年 08月 18日 ( 1 )

8月の料理「美人?」

d0177560_21553556.jpgお盆の期間は、多くのお客様に来て頂きまして、
ありがとうございました。040.gif
やっと、明日は休業日です。016.gif

11品盛り合わせたタパス。
お客様に「お祭りみたいで楽しい」と言って頂き嬉しかったです。



d0177560_2203565.jpg
甘長唐辛子を揚げて塩をふり、ロメスコを添えました。
トマト・ニンニク・タマネギ・アーモンド
赤ピーマン等をオーブンで焼き、
オリーブオイル・塩・酢と共にミキサーにかけた、カタルーニャのペーストです。

元ネタは、スペインのバールの定番タパス
「パドロンの揚げたの」
d0177560_22124673.jpg

スペインの料理サイトから拝借した写真です。
「パドロン」ピーマンとシシトウの中間位なピメントです。
普通は、素揚げして、塩を振るだけです。
グリルやプランチャ(鉄板焼き)の場合もありますが、
やっぱり、塩を降るだけ。
究極の枝豆の食べ方が「塩を振るだけ」なのと同じ感覚ですね。

スペインには存在しないスペイン料理?
ロメスコは、焼きネギに添えるのが定番。
でも、添えたら更に美味しくなるんじゃ!

リヨンのレストランで研修してた時(22歳でした)
賄いで仔羊のもも肉のローストの冷めたのが出て(パーティー料理の残りです)
それにマヨネーズ系のソースを付けて食べたら、、、

同僚(フランス人・キュイジニエ)が、
「肉にマヨネーズはありえない」
「そのマヨネーズは、魚のテリーヌの為の物だ」と。
             ↑
        (同じくパーティー料理の残り)
れれれ。。?。とほほ。。。

「いや!そんな事は無い!」
そう言ったのは、一番上のシェフ(料理長)でした。
「オノレが旨い!と思う食べ方でええねん」(大阪語翻訳)

フランス料理は、いつの時代も変化してるんだ。と。


d0177560_22415494.jpg
万願寺系ししとう。
地元「JAおちいまばり」の
甘長唐辛子。

「甘とう美人」との、ネーミングです。

 わたし、きれい?
by espana-miro | 2013-08-18 23:25 | 料理 | Comments(0)