人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

2013年 06月 02日 ( 1 )

ライク・サムワン・イン・ラブ


怪我をした女の子から電話をもらい、駆けつける。
路上駐車した車から降りて、彼女の居場所に近づこうとするけど
後続車からクラクション。
慌てて車に戻り、一方通行の道を進む、信号で左折、
また左折、
広いスペースに車を止めて、今度は反対から、やっと彼女の元に。
この間の描写がほぼ時間通りです。他のシーンもこんな感じで
丁寧なドキュメンタリータッチ。

ところがラストシーンは打って変わって、省略の極み。
ネタバレになるけど、加瀬亮の芝居が凄いです!
だって映ってないんだもんね。
声だけで、その男の異常さを観客に想像させる!

たぶんこの監督の作品は「桜桃の味」しか観てませんけど、
(この前のコラボ映画でも観てる)
あれ?これで終わり?的なスタイルです。それでも何故か少し渋い後口で。
いい感じの余韻を味わえる映画です。

More
by espana-miro | 2013-06-02 20:42 | 映画 | Comments(0)