人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

2012年 07月 19日 ( 2 )

季節のごはん「ライスサラダ」

パエジャの付いたコース以外は、パン(自家製)又は御飯が選べます。
なので全てのコース料理に「ライス」が付くのですね。
これは本場スペインの習慣ではなくて、私のオリジナルです。
「スペイン人は、毎日、お米の料理を食べる」そう誤解されたら、いかんなーと
思っていたのですけど、
最近の日本の「モダンスパニッシュ」のレストランでも、コースの最後に
日本の御飯料理、オジヤのルーツ「オジャ」を出す店が(複数)出現して、
BGMのボサノバと共に、
23年前の私のチョイスも、それはそれで良かったのかなと。思ってるオジャジ。ジャ
d0177560_2131649.jpg

数年前からクスクスを寿司味(酢・砂糖・塩)に仕上げていますが、
今回は、なんと「米」にチャレンジ!炊いた御飯を寿司味に!斬新です。016.gif
キュウリ・ゴマ・大葉・青ネギ・カシューナッツ・枝豆・オリーブオイルも混ぜまぜします。
中近東・北アフリカのパスタ「クスクス」(これも寿司味)も、加えます。

スペインのバールで「お米のサラダ」を頂いて、ポソポソ、クリュクリュとした
(3日程、冷蔵庫で寝かした冷や御飯のような)食感の料理に出会い、
いつの日か、自分なりの、ライスサラダを作りたいと思ってました。

焼きそば&御飯を混ぜた「そばめし」が、発想の源です。
食事の最後に重い食感は、今の時代には、NGですね。

写ってるミロの画集は神戸にお住まいの、お客様からパリのお土産で頂いた物です。
いつもありがとうございます。058.gif
by espana-miro | 2012-07-19 22:52 | 料理 | Comments(0)

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

遅ればせながらレンタルで。
観終わって、涙を流してる私に「ブログに、どう書くの?」と香里(家内)

「良い映画なんやけどねー。出て来る人が皆、善人で」
「作り話っぽいっていうか、苦みも深みが無いというか」涙を拭きながら答える。
涙が出る=感動する。では無いのですよね。

涙腺を緩ませる練りに練った脚本・演出&素晴らしい演技です。
特に悪い所の無い映画です。評判もとてもいい。

昔、山田詠美さんが「皆が、いいと言う物に、本当に良いものは無い」と言ってました。
まさに、そんな感じです。

可愛い子役の、真剣な名演技を観ながら。。。

こんな嫌みなオヤジに何故なった?。015.gif
by espana-miro | 2012-07-19 21:33 | 映画 | Comments(0)