人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

魂のゆくえ

「タクシー・ドライバー」の脚本を書いた、ポール・シュレイダーの監督作。
凛として張り詰めた空気感が心地よいです。
構想50年だそうです。今撮らんかったらもう出来ん!

イーサン・ホークが実力を付けるのを待っていたのかも。
円熟味が出てきたけど、熟れすぎていない、青臭い噛みごたえも残ってる、
この役にぴったり。まさに今が旬。

「タクシー・ドライバー」の監督、マーティン・スコセッシも、
「沈黙」という、キリスト教をテーマにした作品を近年作り上げました。
ほぼ、無宗教の私には分かり難い部分もあるのですが、
アメリカ人の苦悩の奥底を描いた、
「どうしても作りたかった映画」なのでしょう。

昔の映画のスクリーンサイズで展開される、
「映っていない所を観客に想像させる」演出。
チャレンジ精神を忘れない、老齢な映画作家の渾身の一作です。
凄いな!



by espana-miro | 2020-01-27 14:36 | 映画 | Comments(0)