人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

ハドソン川の奇跡


映画が始まった途端に、グイグイ物語に引き込まれていきます。
さすが!イーストウッド監督。

大好きな監督の最新作。
以前、予告編を見たときに感じた違和感
「何故に監督はこの実話を題材に選んだのだろうか」
お元気とは言え、もうあと何本もは撮れないはず。。

本編を観て感じたのは、「ヒーローの心の裏側を描きたい」と。
それが、映画全般に貫かれていました。
最後まで、一気に観られる上質な映画です。



ところが、ヒーローの心の葛藤が私には響かないのです。
私が鈍くて嫌味なジジイになったのが原因ですけど。

この映画は、トム・ハンクスだろうか。
トム・ハンクスは名優ですし、私も大好きな俳優さんです。
副操縦士役の俳優さんの方が、ググッと噛み応えがありました。

最上の唐揚げを作ろうと、良い鶏肉を探していたら、(こんな例えで、スンマヘン012.gif
「鴨肉で良いのがありますよ」と言われて。
私だって解ってはいたんですよ。カモは鶏の代わりにはならない。
ましてや唐揚げを作りたいのですから。。。
もしや?
カモを使う事で、今までに無い新しい料理が出来るかも知れないと。
何かの化学反応に期待する老料理人。

イーストウッド監督は、最初から解っていたはず。この役は彼では無い。
誰が適任か。それは少し前の、もう少し若い頃の監督自身です。
「ミリオンダラーベイビー」の頃の、俳優イーストウッドが演じていたならば。。。

いつもチャレンジしてる監督らしく、果敢に挑戦したのです。配役に。
。。。そして途中から大きく方向転換。
スリリングな、感動の実話へと、大きく舵を切ったのでした。
040.gif
Commented by A氏(ミーハー映画ファン) at 2016-10-06 23:55 x
いつまで撮るんだ、クリ監督。(御年86)
この映画を観て、何を目指しているのかわかりました。
ハリー・キャラハンは、映画界の「すきやばし次郎」を
目指しているに違いない。(キッパリ)
本人が否定しても私の目はごまかせないアルよ。

ちなみにジローさんは御年90。(ひょえー)
Commented by espana-miro at 2016-10-07 21:36
高名な映画監督は、すべてのシーンを演出するのでは無く、実際には、いくつかのシーンは、弟子に撮らせて、後からokを出すのだと、聞きました。
寿司カウンターの中から、弟子の仕事に目を光らせる。
「監督業」なら、何歳になっても出来ますね。

登りつめると、生きてるうちに天国を体験できるのです。

タマネギの皮を剥きながら。嫌味な田舎料理人の、つぶやきでした。
by espana-miro | 2016-10-06 18:47 | 映画 | Comments(2)