人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

あの日の声を探して


予告編の印象よりも本編は、もっと余裕のある空気感です。
登場人物一人一人の感情や、心の揺れを丁寧に描いているので、
悲惨で重苦しい場面にも、自然と引き込まれます。

大林宣彦 監督は、この映画に対して
  「戦争を記憶し、伝えるためにこそ、映画は発明された。」と
コメントしています。

ぬくぬくとコタツに当たってDVDを観てる私でも、
「知る事」が大事で、すべて「そこから始まる」のだ思わせる、
高い志を持った傑作映画です。
by espana-miro | 2015-12-11 15:26 | 映画 | Comments(0)