人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

6月の料理「セビーチェ・ガスパチョ・ピンチョス」

d0177560_20415074.jpg

左から
 ガスパチョに、地物のエビ(よりエビ)&伊予元気鶏胸肉のピンチョを添えて。
 マヨネーズ&生クリーム&ケチャップで作った「サルサ・ロサ」も乗っけてます。
 ガスパチョは、トマト・玉ねぎ・緑ピーマン・オリーブオイル・シェリー酒酢・バルサミコ・水で作りました。
 パン・ニンニクは省略しました。
 少量ですので、すっきり&ビビッドに仕上げました。
真ん中
 キューリのガスパチョです。胡瓜・新生姜・新玉ねぎ・オリーブオイル・
 ホエイ(自家製カッテージチーズを作った時に残った半透明の液体)で作ります。
 生の鰹を、醤油・酢・砂糖等でマリネした(漬け?)と、アボカドを、ピンチョにして添えます。

 下には、トウモロコシ。地魚の「セビーチェもどき」を添えます。
 なぜに「もどき」かと言うと、柚子胡椒を使ってるからです。
 元祖セビーチェの、ペルー料理では、黄色い唐辛子で作るそうなのですが、
 いろいろと失敗を重ねて、辿り着いたのが、調理場の片隅にあった「柚子胡椒」です。
 地魚は、色々です。サワラが今、お買い得価格なので良く使いますけど、
 タイでも、スズキでも、チヌ(黒鯛)でも、なんでもいいですね。
 欠かせない「赤い玉ねぎ」は、酢漬けにして添えてます。



d0177560_21103619.jpg

先日、東京のペルー料理店「ベポカ」さんで頂いたセビーチェです。
生の白身魚や、イカ、エビなどの、ミックスセビーチェです。
美味しかったです。もっと刺激が強い味かと想像してましたが、「いい塩梅」です。
左に添えてるオレンジ色の物は「さつまいも」で、酸っぱい味とバランスをとっています。

黄色い唐辛子で作られてるので、最初は私なりの「オリジナル」を考えました。
生の黄色いピーマン&ポルトガルの発酵赤ピーマンペースト。
。。。。。。。050.gif002.gif

調理場にある「辛い物」をさがたら「柚子胡椒」を発見。
レモン汁&塩&柚子胡椒で作ったビナグレッタで、提供する直前に「ささっと」和える事にしました。

ペルー料理でも「ささっと和える」のが、現代のスタイルだそうです。
昔は、長時間マリネしていたそうです。
密かに、日系人の影響かな?と思ってます。

そう言えば。この料理を皆んなで頂いてた時に、香里(家内)が、
「この中に入ってる、コーンみたいなのは何?」と発言。

「えっ!だから、それトウモロコシ!」と、全員が突っ込んだ。

後日談があって、
「なんで、あれがトウモロコシやと、思わんかったん?」と、私と娘が尋ねたら、

「ミックスナッツに入っとる、大きいのがあろ?」ですと!

「それ!」ジャイアント・コーンと、私と娘で指摘しておきました。

もう、コーンを下に敷くしかないわいね〜
by espana-miro | 2015-06-02 21:09 | 料理 | Comments(0)