たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

2月のデザート「その1」

d0177560_22511746.jpg

近所の本屋さんで。歩いて1分、信号待ちを含めると6分になりますけど。
素敵な製菓本を見つけました。
東京・目白の「エーグル・ドゥース」さん。
最近、東京に行く度に立ち寄っています。

香里(シュフ・パティシエール)が「イチゴのタルト」で悩んでいました。
「タルト生地をサクサクに硬く焼くと」
「お客さんが、外側だけ残すのよね」

それは、もう何年も前のことですけど。。。その時のショックが大きくて、トラウマ状態なのですね。

昨日、お客さん同士の会話を漏れ聞いてしまったのですが。。。
「このお店は、食べることに興味がない人は来ない店なのよ」と。

そうです。もう、タルトレットの外側の生地だけ残すお客様など、皆無なのです。

ですが。

硬いタルトをナイフで切るときに、カチャカチャと音が立ってしまうのは、不親切かな?

d0177560_22534578.jpg

デザート担当の、シュフ・パティシエール、香里(家内)渾身の作品です。

料理が時代で変化するように、製菓も変化して当然なのですね。
もう何年も作り続けてる「黒胡椒のアイス」とのマリアージュ。

最近、東京・有楽町のグランメゾン「アピシウス」さんで、頂いた
「胡椒のアイスクリーム」
まったりとしたコクがあって、本格的なフランス菓子の風格を感じました。

うちの「黒胡椒アイス」は、卵を使っていない「ミルク・シャーベット」です。
コクはないですね。でも、デザートの組み合わせによっては、
「すっと引く食後感」が心地よいかな?と思ってるところです。
[PR]
トラックバックURL : https://espanamiro.exblog.jp/tb/21518651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by espana-miro | 2015-01-30 23:35 | デザート | Trackback | Comments(0)