たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

ジャージー・ボーイズ


さすが!イーストウッド監督。スピーディーな展開で、
人物描写が的確な「映画作りの手本」的な作品。
また一本、監督の傑作が誕生しました。

ポップスのミュージカルも作れるなんて!びっくりです。
ジャズファンである監督は、過去に「バード」という、
ジャズミュージシャンの伝記映画を撮っています。

ジャズシンガーと、ポップシンガーの違いは、
「ジャズ歌手はポップスを歌えるけど、その逆はない」
イーストウッド監督も真にジャズマンなのでしょう。


「ディア・ハンター」の、クリストファー・ウォーケンが年寄りになって、
しかも踊ってる!!感無量ですね〜

この動画にはありませんが、この後のラストシーンで出演者全員が踊りをストップします。
並みの監督ならば、ここはストップモーション。或いは、フェイドアウトにしますが、
映像は、踊り終えた役者が、その姿勢で、小刻みに震えながらポーズを決めてる姿です。
カメラは、役者の呼吸や皮膚に張り付く汗を捉えます。
「ミュージカル」とは、どういうものなのか。監督に教えられました。
[PR]
トラックバックURL : https://espanamiro.exblog.jp/tb/21294981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by uran at 2014-12-01 20:32 x
ご無沙汰してます。
非日常の生活から生還して、やっと映画を見る生活をしています。

いやあ、堪能しました!
この人の、どんな題材でも観客の心に残る作品にしてしまう、
器量の大きさというか、腕前というか・・・。
感服です。

めったに映画パンフを買わない私が、もっと出演者や背景を知りたい!と
買いました。(ついでに買いそびれていた「舞妓はレディ」のパンフも)

私と同じ世代の人には、ボーイズタウンギャングの「君の瞳に~」の方が
馴染み深いのでしょうが、山下達郎さんのFMを長年聴いていたおかげか、
「ザ・フォー・シーズンズ」もフランキー・ヴァリも知っていたので。

個人的にはプロヂューサー役の俳優さんが印象深いです。
クリストファー・ウォーケンはもちろん渋すぎる。
Commented by めめ at 2014-12-03 15:24 x
あ、すみません。
名前を以前コメントした時とは違う名前にしていましたね・・・。
わたくしキャデラックさんの友人の普通のOLのmでございます。

非日常の生活とは、決して豪華欧州旅行などてはなく、
資格試験合格を目指して、仕事と最低限の用事以外の全ての時間を勉強にあて、
半年以上映画を1本も見ないという非人間的な生活だったのです・・・。

本日めでたく正式に合格を確認でき、年末年始は「何を見ようかな~♪」とにまにましています。

来年はまたおいしい料理をいただきに、にぎやかな女性陣で伺いたいです。

Commented by espana-miro at 2014-12-03 23:39
勘違いしたコメントを早速削除いたしました。
ほんとに「ながーいお付き合い」ですのにね。すみません。

頑張ってるんですね!
「ポアン」とした印象のあなたですのに。(すまん)
良い映画情報も待ってます。
末長く、お付き合いを御願いいたします。
Commented by めめ at 2014-12-04 20:24 x
よく「ほわっとしている」と言われます。
そのギャップにきゅんきゅんしてくれる人が現れますように(笑)

ミーハーとシリアスの間を漂いながら映画を見続けます。
こちらこそよろしくお願いします。
ちゃお!


by espana-miro | 2014-11-12 16:07 | 映画 | Trackback | Comments(4)