人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

今月のBGM「英国ジャズ」


Norma Winstoneさん。知らなかったけど、英国ジャズ界の重鎮的存在だそうです。
うちのBGMは、基本ブラジルで、あとはジャズヴォーカル・ワールド系ですかね。
24年前の開店当初は、ジプシーキングスや、
スペインのポップグループ「メカーノ」もかけてましたけどね。

なんでスペイン料理店なのにブラジル音楽?とか、
エラフィッツジェラルド?スペイン料理店で?とか。
もう、全然言われないのですね。(声なき声は聞こえまへんから)

この英国ジャズ。重鎮的と評される位の人ですから、ジャズよね?
ジャズ界って、フランス料理界と似てませんか?




アメリカ・ニューオーリンズで黒人音楽として生まれたジャズ。
世界中で認められて、それぞれの国で独自に進化する。
黒人の魂の叫びは無くなっても、そのスタイルがジャズ。一つのジャンルになる。

「フランス料理」この言葉は、二つの意味を併せ持つ。
農業国フランスの豊かな食材を使い、フランスの伝統的な料理法で作られた
フランスに今も脈々と存在する、偉大で骨太な料理。
そして、もう一つは、創作料理としての「フランス料理」

ジャズも、フランス料理も結局はスタイルなので、幅が大きくあるんですね。
なら、スペイン料理は?

「自由に作って、楽しくて美味しい」が、創作スペイン料理のスタイルになれば良いな。と思ってたけど。
難しいな。
「自由」がスタイルになると、それは「自由」ではなくなる。

英語の表現で「ガウディーみたいな」と言うと、
奇妙で奇天烈で派手!って言う意味があると聞いた事がある。

創作スペイン料理のスタイルは確立されるのでしょうか?
by espana-miro | 2014-05-09 23:10 | BGM | Comments(0)