人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

私が愛した大統領


イギリス人監督・スタッフによる、イギリス映画です。
映画「英国王のスピーチ」の、前編映画としても楽しめます。

この映画の成功の理由はキャスティングの完璧さ。
主演が、ビル・マーレーで無かったら、とんでもなく嫌な主人公になってたはず。
ブロークン・フラワーズ」「ロスト・イン・トランスレーション」等の彼が基本。
(例えば、アンソニー・ホプキンスを主演に持って来たら?)

歴史上の人物を描く時の、その人の描写に愛を感じます。
スクリーンの中に、登場する人たちを、分け隔てなく、一人の「人間」として描いています。
ここが、この映画の最大の魅力ですね。

主人公を大統領役の、ビル・マーレーと言いましたが、
本当は、大統領の愛人が、主役ですよね。彼女の死後に発見された日記・資料から、
この映画が制作されたのです。

その愛人、デイジー役の女優さん。注目です。
真田広之も出演してた「最終目的地」の奥さん役の女優さんです。
by espana-miro | 2014-04-09 15:47 | 映画 | Comments(0)