人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

4月の料理「箱寿司」

d0177560_2305745.jpg

北アフリカ発祥の、クスクスのサラダ「タブレ」は、フランス料理でも定番ですけど、
あんましね。。言い難いですけどね。フランスで食べて、美味しいと思った事が無い。

お米のサラダ「ライスサラダ」もヨーロッパにありますけど。
スペインのバールで供されるのは。??美味しいと思った事が、やっぱ、ありません。
日本人の米(御飯)に対する思い入れが強すぎるのでしょうね。

世界最高峰のライスサラダと言えば、それは「寿司飯」以外にないでしょう。

なので、クスクスを寿司味に仕上げています。これは何年も作り続けてるオリジナル。
パイレックスのボウルにクスクスを入れ、タプタプの湯を加え置く。
再び、レンジでチンして、寿司酢を加えます。(寿司酢は、母のレシピを使用しています)





今月は、桜の葉の塩漬けを、クスクス寿司に加えています。

ワラビは、アンチョビーバターで和えました。
筍は、マルタ島のオリーブのペーストで風味付け。

セビーチェ(ペルー風の刺身)を、その日の地魚で。
スモークサーモンも乗せます。回転寿司の一番人気が「サーモン」とか。
芹の緑・ゆで卵の卵黄で、華やかに!
瀬戸内のイカナゴのオイル煮が、地元感を?てか。

発想の源は、東京の「かねます」さんの、箱寿司でございます。
トラックバックURL : https://espanamiro.exblog.jp/tb/20541815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by espana-miro | 2014-04-04 23:34 | 料理 | Trackback | Comments(0)