人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

2月の料理「フキノトウ」

d0177560_2014671.jpg

私の祖母も母も、朝倉村(旧、越智郡・現、今治市)生まれで、
私の家内(香里)も、同じく朝倉村。
子供の頃から、土筆(つくし)は食べてたけどねー。
フキノトウは、食べた事が無かったんです。
蕗の薹に関しては、初心者の私たち(喜田村・朝倉村)夫婦。
近頃は、たらの芽等と並んで、地元の道の駅とか、スーパーでも見かけるようになりました。

以前、山形県出身の、フランス料理のシェフの料理講習会で、
アク抜きせずに、パパッと、リゾットに加えた時に、びっくり。
オリジナルな料理は、その人の「過去の経験」から生まれるのですね。

地物の魚を、天ぷらにします。
ワサビマヨネーズのポテトサラダを添えました

赤いのは、紅心大根のおろし+ビネガー。鮮やかな赤色になります。(右はケーパー)
天ぷら&大根おろし。料理の基本ですよね。

キヌア(アンデス産の穀物)をボイルして、マンジョルカ粉(ブラジル産キャッサバ芋)のソテーに
今治で、寒い中、芽を出した「ふきのとう」を加えました。←茹でて2日水にさらします。

ゴーヤ(苦瓜)も最初は苦手だったけど、だんだんと慣れて美味しく感じるようになった。
フキノトウ(蕗の薹)も?

ゴーヤ嫌いのあなた!にも、是非召し上がって頂きたい料理です。
by espana-miro | 2014-02-10 20:36 | 料理 | Comments(0)