人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

ケシ畑の小さな秘密


すみません、日本語入りの予告編は無いようです。
でも、レンタルDVDには、もちろん日本語字幕が付いてますので安心して。
ストーリーを書くのが苦手。
なので他のサイトからの引用です。

『ケシ畑の小さな秘密』 Jardin de Amapolas
(2012年/コロンビア)


内戦状態が続くコロンビアで、農夫エミリオと9歳の息子シモンはゲリラの襲撃を逃れ山へ避難する。いとこのウィルソンを頼って行った村では仕事もなく、非合法栽培のケシ畑で働くしかない。シモンは隣家の女の子ルイサと仲良しになる。ルイサが、可愛がっていた迷い犬を飼い主に引き取られ悲しんでいると、飼い主が出かけている日中だけ犬を盗み出してルイサを喜ばせる。だが、二人が遊ぶのは地雷の埋まった森の中、ケシ畑には空から散布される農薬の雪が降り注ぐ山の暮らし。
ある日、父の後をつけてケシ畑に迷いこんだシモンは、一帯を仕切る麻薬カルテルのボスに見つかってしまう…。




ココからが私。016.gif
すごい良い映画ですよ!
制作者の「この映画を観て欲しい!」そして「コロンビアの事を知って欲しい」
メッセージを、びしびしに感じます。

なかなか、日本の一般メディア(?)では、世界の事を知る事が難しくて。
もう、ネット情報に頼るしか無いですかね。

あと。残された貴重なメディアは、意外にも「映画」では無いか?と思っています。
南米コロンビアの「小説」を、誰かに勧められたら。。読みます?
同じように「民族音楽」を勧められたら。。聞きますか?

これはきっと私だけの感覚かも知れませんが、
「映画なら観ます」

世界中に何人かは居るんじゃないかな?そんな人達。

「日本の子供達は、日本に生まれただけで恵まれている」
ユニセフ親善大使、アグネス・チャン氏の言葉です。


コロンビア出身のアーチストで知ってるのは「シャキーラ」
人々が貧困から抜け出すには、教育が一番重要と、
稼いだお金から、かなりの額を本国コロンビアの学校設立の為に寄付してるのだそうです。
by espana-miro | 2013-09-22 22:51 | 映画 | Comments(0)