人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

東ベルリンから来た女


タイトルとポスターで、
東ベルリンから自転車で、西ベルリンにやって来た女の人の話かと思ってました。
平和ボケ日本人です。私。
壁が崩壊する9年前の話なので、そんな気楽に行ったり来たりとか出来ないんですよね。

この映画、すごい好きです。劇場で観たかった!


この、人のよさそうな「ぽっちゃり王子」(覚えてますか?この死語)
この俳優の魅力が、この映画に大きく貢献。

医者の彼(ぽっちゃり)は時間外、個人診療をしてるらしく、患者さんから、お金の代わりに野菜をもらいます。
残念ながらその動画はありませんが。
彼が、その野菜で作るのが、ラタトゥイユ(サンファイナ・夏野菜の煮込み)です。
劇中で「らたという」とかってドイツ語?で言ってました。
お医者さんらしく、外国の料理にも精通してるインテリと解釈をしました。
庭に植えてるタイム・セージを摘んで料理に加えるシーンもあります。

このエピソードの後には、
それまで、こわばった顔で、印象が爬虫類系の主人公が、
優しい笑顔を見せるようになります。
野菜料理の力かな?

脱北じゃなくて、脱東。
1980年。まだ最近の話やんか。


by espana-miro | 2013-09-16 21:49 | 映画 | Comments(0)