人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

7月の料理「ポルトガル発 ペルシャ経由 マジョルカ島着」

d0177560_21223137.jpg


ペルシャ料理(イラン)の本を見てたら「白身魚のオレンジサフランソース」という料理がありました。

バター・小麦粉を炒めて、オレンジジュースを少しずつ加えソースにします。
ジュースを牛乳に変えたら、ホワイトソースですね。
サフランも加えます。面白いと思い、作ってみました。

料理本を、よく見たら「Mahi Ba Porteghal」(マヒ バ ポルトガル)
元々は、ポルトガル料理だったのでしょうか?
これは、確かな情報ではないです、もしかしたら、
白身魚をポルトガルと呼ぶのかも知れませんし。
陶器がチャイナと呼ばれ、漆器がジャパンと呼ばれる例もありますしね。
(でも白身魚をポルトガルと呼ぶか?確率低し)





そんな心配は、まあ、どうでもよろしい。
問題は、このまま店で出すと、ウチが「本格的なペルシャ料理店」になってしまう。
これが大問題。

魚を鶏に変更しました。家禽類とオレンジの組み合わせは、スペイン料理にありますし。
でも、また問題が発生!
一般的なイメージでは、この組み合わせはフランス料理ですよね。
今度は「マガイモンの仏料理店」になってしまう危険性があり。で

スペイン産アーモンド(マルコナ)のピューレを加えました。
カタルーニャの料理の要素を取り入れたのです。
作りながら、春先にアーモンドの花が、まるで桜のように咲く、マジョルカ島をイメージしました。

海老も添えました。海老・鶏・オレンジ・サフラン。私の中ではとてもスペイン的な組み合わせです。

海老が、桜井港で揚がった「より海老」
地物の小エビの中から、大きい海老を「よる」(選ぶ)という意味です。

私は、今治「富田」で生まれ育ちましたけど、
保育園時代に「桜井」で生活した経験があります。

結局。ここ今治に帰って来た「料理」かも。
d0177560_23203981.jpg


d0177560_23205489.jpg

桜じゃないよ、アーモンドだよ。
Commented by キャデラック at 2012-07-17 03:45 x
先日は温かいおもてなしありがとうございました! お店で撮った写真、ブログにアップしました♪

ところで、ポルトガル=オレンジ(類)だったような気がします。 遥か昔の記憶なんで定かじゃないですが…。 (てことは「mahi」が白身魚を指す?)

気になってググッてみたんですが情報ナシ。((+_+))
Commented by espana-miro at 2012-07-17 21:59
そうか!オレンジの事だったのか。うん、そんな気がしますね。
いつもブログでのご紹介、ありがとうございます。
by espana-miro | 2012-07-13 21:58 | 料理 | Comments(2)