人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

シターラ

d0177560_142281.jpg
東京にお住まいの、
食べる事が大好きな御夫婦に
連れて行ってもらった、
青山にある、北インド料理店です。

ひよこ豆を薄く煎餅状態にした物に
自家製チャツネを付けて頂きます。
右から、コリアンダー&ミント
    トマト
    パパイヤ
    茄子等の野菜
d0177560_1523874.jpg


空豆を潰して、自家製のチーズ、ズパイスで
風味を付け、サヤに戻して焼いた料理。
スパイシーですが、辛くはありません。
(サヤは食べません)
季節の素材を生かした料理で、
最初から驚かされました。
d0177560_1584178.jpg






このあたりは、フランスのシャンパンと、
幸せな結婚生活。



コロッケみたいですけど、
中はグリンピースで、
周りに豆を付けて揚げてるそうです。
サクッ!サク。傑作。


d0177560_251061.jpg





カリフラワーを、ヨーグルトやスパイスに
漬け込んで焼いた料理。
ベジタリアンになりたいぐらいに
美味しい。
メニューの半分は、野菜料理です。

もう一品頂いたのに、写真を撮り忘れて。。
一度煮た仔羊をペーストにして、
「お焼き」状態にした宮廷料理でした。
歯が悪くなった王様の為に考えた
伝統料理だそうです。


d0177560_294173.jpg

左から
 あみがさ茸(モリュー!)のカレー
  ヨーロッパの高級キノコの華麗です。
  中にインドのチーズ(カッテージチーズ?)を詰めてます。
  往年のポール・ボキューズさんの料理のように、
  パイ生地(ナン生地)で覆われて焼かれていました。
  香りがカレーに染みわたり、ああー旨味全開!
  経営者さんが、あみがさ茸を長野で採って来るのだそうです。
  ちなみに、東京・青山の近くの某所でも、このキノコが採れるそうで。。。
  。。。ほんまでっか!?

 トマト味の仔羊のカレー
  これが一番カレーに近い味。(←?)
  仔羊の煮込まれ具合が絶妙です。

 白い仔羊のカレー
  白いカレーだと、タイ料理のココナッツミルクを
  使ったものを想像しますが、
  このカレーは全く辛みが無くて、ホワイトシチューのイメージです。
  いろんなナッツ類を使ってるのだそうです。
  とてもソフトで繊細な味わいが、私達には、かえって刺激的でした。

  
d0177560_23792.jpg
ビリヤニ、炊き込み御飯です。
バスマティと言うインドのお米を使ってるそうです。
タイのジャスミンライスよりも、小粒でしょうか。
パラリとした食感で美味しいです。
手前のが、ライタ(だったと思う)キュウリとヨーグルトで出来ていて
御飯と一緒に頂きます。













d0177560_254339.jpg
右が、人参を甘く煮たデザート。
左が、ライスプディング。
お米はピューレ状態ですが、食感を残しています。

スペインにも有るライスプディングを頂いて、
アジアの料理とヨーロッパの料理が、
自分の中で、ひとつの道に繋がったように感じました。
今まで持っていた、インド料理のイメージは、
アジア的でもヨーロッパ的でもない
「カレーの国」だったのです。
なんだか、目からウロコの経験でした。
d0177560_362329.jpg

フランスのシャンパンや、赤ワインがインド料理に合うのですねー。
初めての経験です。
ワインコレクターの御主人が持ち込まれたワインのセレクトが
ピッタリあったのですね。
フランスワインに詳しく無い私達ですが、ワインも美味しく頂きました。

お腹いっぱい、沢山頂いたのに、
胃に、もたれない食後感が特徴的だとも思いました。
インドの伝統的な、薬膳料理の側面を見たようで、新鮮な驚きを感じました。
ごちそうさまでした。
皆さんに、お勧めしたいレストランです。



  
  
by espana-miro | 2012-06-15 03:25 | 食べある紀 | Comments(0)