たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

「まほろ駅前・多田便利軒」の、瑛太さん


アイ・シネマ今治で、只今上映中です。
原作と映画とのギャップ!それを楽しませて頂きました。
「原作よりも濃い」そんな印象です。

中年男・二人が瑛太・松田優作の息子(?ごめん、オヤジ的表現で)
まだまだ「樽熟成が足りない」そんな疑問を感じつつ観始めて、、、、
片岡礼子さん(自称コロンビア人娼婦)松尾スズキさん(そのヒモ)の、
登場あたりから、この映画が独自の世界を。

主演の二人の男優が、スクリーンにポンと放たれて、
周りの個性派俳優からの光を受け止め、自らも輝き出す。
岸部一徳さんの登場が、この映画に「コク」と「余韻」を加えて。

とても昔の話ですが、その昔に、旧来の映画俳優的な演技から、
「新感覚世代」と呼ばれる俳優群が出現し、
桃井かおり・秋吉久美子・萩原健一・下條アトム・森本レオ、
水谷豊、後は?そうだ「松田優作」
あの頃から、時代が求める俳優像が変わったように思います。

そして21世紀になって、それも変わった。
瑛太さん。不器用ですけど、ほんとの大事な部分が解ってる感じです。
(それが何かは?私は解りませんが)
21世紀の新感覚俳優さんは、青井優さんと、瑛太さん。

[PR]
トラックバックURL : https://espanamiro.exblog.jp/tb/13836710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 感想 at 2011-06-23 17:03 x
昨日のレディースデイに「まほろ駅前~」見てきました。
主人公を演じる二人は、たしかにまだ若いから
熟成が足りない感はまあ否めないですよね。
でも私は二人の間に漂う空気感は好きです。

岸部さんの存在感は(何に出てても)ありすぎる。
作品によって微妙に違うところがすごいな。

火曜日の朝10時40分から見られた映画。
そうですか・・・。
私もどちらにしようか迷ったのですが。
まあそういう事もありますよ。
蓋を開けてみないとわからないのが「映画」なのかもしれませんね。
Commented by espana-miro at 2011-06-23 21:55
私が原作を読んで想像してた「どっぷり中年」とは違って
綺麗な「若中年」
二人の間に漂う空気感は「どっぷり中年」では
表現出来なかったのかも。
繊細に、人間の内面を描いた、こんな映画が好きです。
もう一度観たくなります。
特に、瑛太さんの、独白シーンは日本の映画史に残る、
名場面!

Commented at 2012-04-01 17:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by espana-miro | 2011-06-20 23:37 | 映画 | Trackback | Comments(3)