人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

6月の料理「夏野菜のパステル」

d0177560_22101379.jpg焼き茄子を作り、皮を剥きます。
人参のピューレと共にミキサーに入れ
ミルク・卵を加え混ぜます。
生クリームも入れます。

他の夏野菜は、ズッキーニ・赤ピーマン・
黄ピーマン・ゴーヤ・コーン
それぞれ加熱しておきます。

先のピューレと共に、型に入れて、湯煎して
オーブンへ。
「パステル」は「ケーキ」(かな?)という意味で
プリンカップに入れれば「フラン」(かな?)
d0177560_2218429.jpg

ミロコースの肉料理
仔羊のアルボンディガス(肉団子)
たまに、2階の客室が忙しそうだと、私がテーブルに運んだり。
「私が置いた方向の逆に置くのは何故?」と香里(家内)
「どっちでもええんよー」と私。
、、、キューブ・リアリズム、、、「顔・仕立て」
「小」或は「氷」をモチーフにした「ネオ・書道」か?
d0177560_22273270.jpg

おすすめコースの7皿目
5000円のコースで7皿も出すなよ!
そんな、ご意見が聞こえてきそうですが
「もう後戻りは出来ない」のです。
今月は
最後の皿をチーズと野菜の皿にしてみました。
デザートの前にチーズ料理。って、オシャレっぽくないですか?



バルセロナから一時間位、列車で南下した町のレストランでの事。
そこで最初の皿に「パステル」を選びました。
これが優しい味で、「これ美味しい!」と、色々と質問をしてると
「あなた、コックさん?」と奥さんに言われ
調理場に案内されて、御主人(シェフ)と色々話しました。
あとは息子さんが手伝ってる、三人の小さな店でした。

「ソフリト」の話とか「クレマ・カタラナ」の話とか、、
「あなたが働いてるレストランはコンロ(オーブン)はガス?」
この質問を今も覚えています。

聞けば、そのリゾート地の大きなホテルで長年コックをしてて
今、念願かなって、自分で店を持ったのだそうです。
「あのホテルの調理場は、石炭なんよー」
「相当しんどかったけど、今はこの店、ガスやけん」「楽ちんやー」

コークスと言うのでしょうか?
石炭のオーブンの存在が過去にあったとは、知っていましたが。

この話。そんなに大昔の話ではないのですよ。
ほんの、25年位前の話です。

あの時のパステルよりは、複雑かも知れませんが、
作る度に、思い出します。
Commented by キャデラック at 2011-06-04 02:14 x
ベルリンの壁崩壊直前…に見えました。(笑)
Commented by espana-miro at 2011-06-05 20:55
我ら仔羊に自由を!
「直前?」って?今日のランチタイム、忙しかったので「崩壊後」を
表現しました。
by espana-miro | 2011-06-02 22:37 | 料理 | Comments(2)