人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

お正月のBGM

d0177560_21413736.jpg

赤組は、クラシック枠から、マリア・カラスさん。
    そして、キャスリーン・バトルさん。
  
白組も同じく、2組、
 ビル・エヴァンストリオ&ジョン・コルトレーンカルテット。

クラシック&ジャズ。相性の良い組み合わせで、セレクトしました。




私、この歌が好き。って言うか、コレしか知らん。ツーか。


ジャズ界の巨匠も、マリア・カラスさんとの対決には、
下を向くしか無いのか?
顔をあげて!(愚かなる我が心)


キャスリーンさんです。
当時、彼女は「テング」になって失脚したとの情報が
お客様から入ってきています。
当時の日本のCM。金(かね)かけてましたねー。
ニッカで、これやで!サントリーは、もっとすごかったろ?

むかーし。ロンドンの街を、プラプラ歩いてたら「ロニー・スコッツ」の看板を見つけて。
ここが、かの有名なジャズクラブか!と
とりあえず、列に並んでみた。
長身のカッコいい黒人マネージャー(黒服)が、
「あなた、ひとり?」と、
ステージに一番近いテーブルに案内してくれた。

「韓国と日本は来年サッカーのワールドカップをやるだろ?
 こいつを仲間に入れてやってくれ」と。先客の韓国人グループと、相席にされた。
そうです。当時の古い話です。

相席で無言。これも失礼、と。韓国からと知ってるけど、
英語で「うえあー・あーゆーふろむ?」と聞いてみる。
すると、フロム・トウキョウ、、、

へ?なんすか?一瞬思いが巡る。
この人達、東京に住んでる韓国人なのか?

でも私は、勘がいいので、韓国人に見えたのは私だ!とすぐに理解した。
日本人に見える彼らは、12時前に眠くなって帰った。
ステージで東洋人のおばさんが、マイクやらのセッティングをしていた。
眠くなって帰った「エリート・リーマンの解説」では、
その日本人女性は、ドラムをやってる人の奥さんだそうです。

後ろを向いてドラムを叩いてる、エルビン・ジョーンズさんです。


by espana-miro | 2011-01-02 21:53 | Comments(0)