人気ブログランキング |

たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

家へ帰ろう

コミカルな描写で物語が進んでいきます。
出演者達が魅力的で、軽やかです。

一転、物語の核心に入っていくと、
重厚な語り口に変わり、スピードを上げていきます。

見事なラストシーンを作り上げるために、
完璧に仕立てられたストーリー展開。
みんなに是非観てもらいたい、素晴らしい映画です。


# by espana-miro | 2019-07-16 12:51 | 映画 | Trackback | Comments(0)

7月の料理「胡瓜 4品」その4

d0177560_17270779.jpeg
スライスした胡瓜に塩をし、しばらく置いてから絞ります。
小麦粉を振って揚げます。

先月の鮎のソテーの付け合わせですが、
好評でしたので続投です。
下には、アボカドのフライも忍ばせています。

去年、NHKきょうの料理のテキストの片隅に、
「桜海老と胡瓜のかき揚げ」があって、
へーっ、胡瓜のフライって初めて聞いたなー。と。

去年の作品(?)のリバイバルヒット。好評ロングラン中です。


# by espana-miro | 2019-07-14 17:33 | 料理 | Trackback | Comments(0)

7月の料理「胡瓜 4品」その3

d0177560_23002044.jpeg
ガスパチョを凍らせました。
グラニテ状態です。

トマト・パン・塩・酢・オリーブオイルだけで出来てるので、
一般的に入る、玉ねぎ・ピーマンをトッピング。

この「一皿目」の、テーマが「胡瓜祭り」なので、
胡瓜の塩もみを、多めに乗せます。


# by espana-miro | 2019-07-12 23:05 | 料理 | Trackback | Comments(0)

7月の料理「胡瓜 4品」その2

d0177560_20025722.jpeg
胡瓜を昆布だしと共にミキサーにかけて、濾します。
それを、タイ産の魚醤「ナンプラー」と砂糖で味付けします。
オクラとモロヘイヤをボイルして刻んだものを加え、
さらに胡瓜のみじん切りも加えます。

オクラとモロヘイヤって、ずいぶん和風な。。。
と、思われる方がいらっしゃるかも。
でも、
オクラ・モロヘイヤって、アフリカ出身の新野菜ですよね。
日本で一般的になったのは、ほんの数年前、35年ぐらい前でしょうか?

アフリカン・アジアン料理。111.png

# by espana-miro | 2019-07-10 20:14 | 料理 | Trackback | Comments(0)

7月の料理「胡瓜 4品」その1

d0177560_17202782.jpeg
朝倉の義母が栽培した胡瓜を、大量に持ってきてくれるので、
今月は胡瓜祭り。

d0177560_17261252.jpeg
ヨーグルトサラダです。
インドにもありますし、ギリシャやトルコにもありますね。
もちろん、ブルガリアなどの東欧諸国にも。
胡瓜・ポテト・セロリ・マヨネーズ・和芥子・ヨーグルトで作りました。
ニンニクやタマネギも合いますが、
今回は入れていません。

スペインの「パン・コン・トマテ」を下に敷きました。
パンを焼いて、ニンニク・トマトを擦り付けます。
塩・オリーブオイルを振ります。

サラダにクルトンを入れたイメージと、
バスク風のピンチョス(パンに乗せたタパス)のイメージです。

ふた粒のピンクペッパーが効きます。


# by espana-miro | 2019-07-08 17:37 | 料理 | Trackback | Comments(0)

新聞記者

人間の感情が表現された密度の濃い、素晴らしい傑作映画です。
出演者たちの熱い吐息が観客に伝わり、その温度まで感じてしまうほどです。

2016年に香港映画「十年」が、香港のアカデミー賞に匹敵するような、
最優秀賞を受賞。毎年中国でも中継してるのに、その年は完全に無視。
10年後の香港を描く劇中では、地元産の卵の「地元」が検閲に引っかかったり、
「郷土愛」もダメ。(日本版も製作されてますが、怖くて観られないです)
映画が先にあって、現実が10年後よりも早くやってきたのですね。
あの熱いデモ行進は、映画が現実になる恐怖心から起こっているのでしょう。

この日本映画もメディアからは完全に無視されています。
日本アカデミー賞も当然「そんな映画知らない扱い」するでしょうね。

最近、観たい映画が今治で上映されなくて残念なのですが、
なんとこの映画、愛媛では今治のイオンシネマだけで上映されています。
配給が、イオンエンターテイメントだからです。
今治にイオンが出来て、本当に良かった。

今治の山を切り崩して出来たショッピングセンターで観て、
映画の臨場感が、半端なく凄かったです。




# by espana-miro | 2019-07-08 14:42 | 映画 | Trackback | Comments(0)

7月の休業日のお知らせです

d0177560_22111374.jpg
定休日は設けず、不定休で、営業しています。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。


# by espana-miro | 2019-07-01 22:13 | お知らせ | Trackback | Comments(4)

2019年7月の料理です

d0177560_21544286.jpg
d0177560_21542216.jpg
d0177560_21543012.jpg


# by espana-miro | 2019-07-01 21:55 | 料理 | Trackback | Comments(0)

愛を綴る女

ずいぶん前に、wowowで録画してたのを、昨日観ました。

「重い」かな?と思って後伸ばしにしてたのですが。
素晴らしい作品でした。

もう、世界のトップ女優さん。
彼女の演技で前半は進みます。

後半の展開が、スピードを上げ、たたみかけるように。
でも自然な流れで。
フランス映画の、気品・奥行きを感じられる見事な作品です。

# by espana-miro | 2019-06-30 21:58 | 映画 | Trackback | Comments(0)

6月の料理「絹皮茄子」

d0177560_22350474.jpeg
西条の名産品「絹皮茄子」
ソテーして、鱧(ハモ)のすり身を添えています。

すり身は、愛媛の麦味噌・トマトペースト・ガラムマサラで炒めます。
茄子の上に味噌が乗ってる日本料理からのイメージです。

トマトを煮詰めたソースと、甘長唐辛子のソテー、カラーピーマンのピクルスも添えます。
スペイン・カタルーニャの「エスカリバダ」
焼き野菜のサラダからの発想です。

すり身にガラムマサラを使ってるのは、茄子カレーからのイメージ。
カシューナッツもそんな感じで乗っけました。

ひき肉(魚ですけど)と茄子の組み合わせは、
麻婆茄子からの発想です。

# by espana-miro | 2019-06-28 22:43 | 料理 | Trackback | Comments(0)

四国地方 本日梅雨入り

d0177560_20413875.jpeg
d0177560_20423319.jpeg
d0177560_20423814.jpeg
d0177560_20414728.jpeg
d0177560_20422170.jpeg


d0177560_20420024.jpeg
d0177560_20433127.jpeg
d0177560_20423054.jpeg
d0177560_20415415.jpeg
d0177560_20430071.jpeg






# by espana-miro | 2019-06-27 20:47 | 草花 | Trackback | Comments(0)

6月の料理「5品盛り」

d0177560_14122019.jpeg
今月の二皿目の料理です。
オードブルを5品盛っています。
d0177560_14123246.jpeg
スペインで「ロシア風サラダ」と呼ばれるポテトサラダに、
地物の海老を合わせようと思いました。
下にパイを敷きました。
バスク風のパンの上に乗ったピンチョスのイメージです。
茹でたポテトを小さく切ったもの、
マヨネーズ・ヨーグルト・ワサビ・赤玉ねぎで出来ています。
ポテトサラダと言うより、ポテトソース。柔らかく仕上げました。
d0177560_14123725.jpeg
グリンピースをミルクで煮て、アイスクリーム(ミルクシャーベット)にしました。
玉ねぎも同じように作り、マーブルに盛ります。

d0177560_14124394.jpeg
生の平目の昆布塩マリネと、ニンニク・アンチョビーで和えた
炙ったイカを丸くボールにして、寿司味のクスクスをまぶしました。
d0177560_14124789.jpeg
パータ・フィロをオーブンで焼いて、
鯖のエスカベッチェ(酢漬け)レンズ豆・赤玉ねぎのサラダを乗っけます。
d0177560_14125310.jpeg
オレンジ・人参・レーズン・餅麦のサラダに、
穴子のセモリナ粉フライを合わせました。

先日、大阪のフランス料理店で頂いた、稚鮎のセモリナ粉揚げが
サクサクして美味しかったので、早速パクりました。

サクサク・パクリとお召し上がりください。

# by espana-miro | 2019-06-27 14:32 | 料理 | Trackback | Comments(0)