たまにはレシピも公開中

espanamiro.exblog.jp

ありがとう、トニ・エルドマン

おもしろいです!

ギリギリで頑張ってる娘を心配する父親。
その心情をコメディーに。
反対に真面目な娘は、あくまでもシリアス演技です。
そのギャップが可笑しくて。

人間味があって、ホロリとさせられるシーンも用意されてます。
ああ、観てよかったなと思える、おすすめ映画です。

お世話になった人達のために、
ホイットニーの名曲を歌うシーン。
DVDには、もちろん訳詞が付いています。
こんな歌詞だったんだなと、感動しました。




[PR]
# by espana-miro | 2018-01-11 08:08 | 映画 | Trackback | Comments(0)

光をくれた人


変態チックな役柄が似合う個性派、
マイケル・ファスベンダー。大好きです。
今回は「普通の人」の役です。

やはり噛みごたえがありますね。
他の役者さん達も、プリプリ新鮮な魅力を発揮。
オーセンティックな昔の物語に「今」の感覚を漂わせます。
エッジが効いてます。

この監督の「ブルー・バレンタイン」は、好きではなかったのですが、
独特の映画表現に魅了されました。
次回作も是非観たいと思っています。


[PR]
# by espana-miro | 2018-01-11 05:54 | 映画 | Trackback | Comments(0)

1月の料理「カブとカリフラワー2・サラダ編」

d0177560_14595428.jpg
スープで、カブとカリフラワーの相性が良いのを知ったので、
Part2は、サラダ・前菜に。

カブは千切りにして塩をし、しばらく置いてから水気を絞ります。
オリーブオイル・酢で味付けします。
生のカンパチに、昆布塩で味付けし、
マルタ島産の黒オリーブペーストを乗っけます。
マスタードシード・ピクルス・ケーパーも。

カリフラワーは、水・塩で水気がなくなるまで煮て、冷ましたもの。
オリーブオイルを加えてます。
スペイン産のカラスミ・フランス産のチーズ「ミモレット」
カリフラワーの兄弟のブロッコリーを揚げたもの、
ブロッコリーの娘のスプラウトも、乗せました。
d0177560_15432696.jpg


[PR]
# by espana-miro | 2018-01-10 15:44 | 料理 | Trackback | Comments(0)

1月の料理「カブとカリフラワー」

d0177560_20264108.jpg
カブは、水・ミルク・塩で煮て、濾します。
カリフラワーは、水・塩で水分がなくなるまで煮ます。
その二つを合わせます。
パルメザンチーズも溶かしています。

実は、一ヶ月程前に、ランチセット(平日限定1620円)のスープが足りなくなって、
毎年作ってる「カブ・塩・水だけ」のスープを作ったら、
その時のカブに力がなくて、牛乳を加えたり、カリフラワーを加えたり。。。

これが『?!』美味しいやんか!
という訳なのです。

ピンチがチャンス!
(昭和の、ことわざです)

来月は、水・塩・カブのスープをやりたいと、思っています。


[PR]
# by espana-miro | 2018-01-09 20:45 | 料理 | Trackback | Comments(0)

明けまして、おめでとうございます。

d0177560_17480455.jpeg
d0177560_17490589.jpeg
d0177560_17520504.jpeg
d0177560_17532168.jpeg
d0177560_17551569.jpeg
本年も、よろしくお願いします。

[PR]
# by espana-miro | 2018-01-01 17:32 | 草花 | Trackback | Comments(2)

1月の休業日のお知らせ

d0177560_09065654.jpg

[PR]
# by espana-miro | 2017-12-28 09:08 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

2018年1月の料理です

d0177560_07520389.jpg
ランチコースのデザートが、間違っています。
正しくは、ミロコース・おすすめディナーコースと同じで、
「パンナコッタ」
「チョコレートと、フイアンティーヌのムース」です。


d0177560_07522029.jpg
d0177560_07523220.jpg



[PR]
# by espana-miro | 2017-12-28 07:54 | 料理 | Trackback | Comments(0)

クリスマスが、終わって

クリスマスディナーは、毎年、ほぼ同じお客様がきてくれます。
ありがとうございます。
毎年ですが、バタバタしてて、お料理をお出しするのが、遅くなったり。。
申し訳ないです。

d0177560_22214169.jpg
食べ終わったデザートの皿に、お客様からメッセージが。

レストランの雰囲気はお客様が作るもの

そんな言葉を思い出しました。

こちらこそ、ありがとうございます。
また頑張れます。

[PR]
# by espana-miro | 2017-12-25 22:28 | ヨモダ | Trackback | Comments(0)

メリークリスマス

d0177560_00511424.jpg

[PR]
# by espana-miro | 2017-12-23 00:52 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

ハートストーン

思春期。
親父になると「甘酸っぱい思い出」とかと、美化しがちだけど。

映画が始まって物語がゆっくりと進むので、多少は退屈する時間を我慢してください。
後半は、一気にボルテージがアップ!です。

北欧のオシャレな生活?それって都会だけの話なのかな?
そんな風にも思いました。

よくよく思い出すと、思春期なんて、
苦くて、塩っぱい思い出ばかり。甘くも酸っぱくもない。
あの頃の息苦しさを描いてくれて、ありがとう。
世界中の「元ティーンエイジャー」に観てもらいたい。
どんよりと曇った115.png、素晴らしい作品です。


[PR]
# by espana-miro | 2017-12-19 22:14 | 映画 | Trackback | Comments(0)

12月の料理「仔牛&鯖」

d0177560_22075318.jpg
仔牛のカツレツの上に、鯖が乗っかっています。
こんな光景、私は見たことがありません。
仔牛のカツレツの上に、アンチョビー・ゆで卵が乗ってるのは、
フランスの調理師学校の時に、授業で習いました。
ウイーン風カツレツです。
郷土料理としての、本場ウイーンでは、
シンプルに薄く叩き伸ばした仔牛にパン粉をつけて
揚げ焼きにした物だそうですが、
「フランス料理」に取り入れられて、オリーブ・ゆで卵・パセリ・ケーパー等を
トッピングするようになったのだそうです。

茹でた仔牛の上に、ツナ(マグロ)が乗っかってる光景はありますよね。
イタリア料理で。
初めてその存在を知った時は、びっくりで。
世界には、不思議な料理があるんだなーと、思ったものです。

なので私は、仔牛のカツレツの上に、鯖のエスカべッチェ(南蛮漬け)

こんな私です。スンマヘン。
d0177560_22081217.jpg



[PR]
# by espana-miro | 2017-12-15 22:32 | 料理 | Trackback | Comments(0)

12月の料理「クスクスサラダ」

d0177560_16572442.jpg
クスクスを使ったサラダは「タブレ」と呼ばれますが、
私がもう何年も作り続けてるのは、寿司味です。
すし酢味に近い合せ酢で仕上げます。

宇和海産のブリは、柚子胡椒でマリネ。
半ナマ状態でソテーし冷ましたイカ。
塩味でソテーした穴子の冷製。

蓮根・牛蒡・長芋・椎茸のソテー
白ごま・カイワレ
ちらし寿司のイメージで合わせてます。

くるみ・カシューナッツ・ブロッコリースプラウト
この辺りの使い方は、
ベジタリアン料理からの発想です。
抗酸化食品で、シェフも主婦もお客様も美肌に!
104.png
寿司味のクスクス・タブレ
好評なのに、誰も作らないのね。
今の所、世界中でウチだけのネオ・sushi料理かも。


[PR]
# by espana-miro | 2017-12-12 17:26 | 料理 | Trackback | Comments(0)